映画:SHOOT X ~霊撮ゲーム~

「SHOOT X ~霊撮ゲーム~」のネタバレあらすじと結末

SHOOT X ~霊撮ゲーム~の紹介:2018年に公開された日本のホラー映画です。藤江れいな、桃咲まゆ、古野あきほの3人の女性芸能人が実名で登場するモキュメンタリーホラーとなります。そのため全編通してハンディカメラの映像で物語は進んでいきます。さらに主演女優の3人以外はほとんど名前が出てこず、詳細な説明もあまりないため、どういう役柄かも作中ではほぼ明らかにされていません。ですので役名もなく、数人の名前はよく分からないという状態になっています。

あらすじ動画

SHOOT X ~霊撮ゲーム~の主な出演者

藤江れいな(藤江れいな)、桃咲まゆ(桃咲まゆ)、古野あきほ(古野あきほ)、海江田(松木研也)、金髪男(藤島克成)、パシリ(イグロヒデアキ)、木下(黒岩司)

SHOOT X ~霊撮ゲーム~のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- SHOOT X ~霊撮ゲーム~のあらすじ1

SHOOT X ~霊撮ゲーム~のシーン1 東京近郊のとある廃墟へ集まった9人、彼らは3人一組のグループでそれぞれ別々に廃墟へとやって来た若い男女たちでした。まゆ、れいな、あきほの女性アイドル3人組、オカルト好きの女性3人組、そしてリーダー格の先輩、金髪、パシリのチンピラ風の男性3人組の合計3グループです。

彼らの目的は廃墟で行われる『霊撮ゲーム』に参加することです。そのルールは3人一組で廃墟内をまわって、制限時間内に幽霊をビデオカメラに収めることができれば1千万円の賞金が貰えるというものでした。
お金欲しさに、あるいは必要に迫られ、彼らは廃墟へとやって来たのです。

廃墟の洗面所では1人の中年男性が鏡の前に立っています。その手に握られたアタッシュケース、そう彼こそが『霊撮ゲーム』を主宰した海江田なる人物です。海江田は『霊撮ゲーム』参加者の様子を撮影するため、男女3人組の撮影クルーを用意していました。撮影クルーは3人3組の参加者とは別です。

撮影クルーが参加者の様子を撮るために廃墟を巡回していると、オカルト好き3人組と出会います。ここで3人組の1人からかつてこの廃墟で殺人が行われたことを知らされるのでした。
そんなこととは知らずにやって来た撮影クルーが誰から聞いたのかと問うと、海江田から聞いたということでした。
とそこへ当の海江田がやってきます。そしてこの場所で数体の死体が発見されたことがあると話すのでした。
驚く撮影クルーとオカルト好き3人組を前に、賞金1千万円の入ったアタッシュケースは制限時間まで自分が持ち歩くと宣言する海江田でした。

【承】- SHOOT X ~霊撮ゲーム~のあらすじ2

SHOOT X ~霊撮ゲーム~のシーン2 海江田から死体発見の話を聞いた撮影クルーの1人が、その発見現場の一つとされた廃墟の外に広がる森を見に行くため、1人廃墟から出ていきます。その彼を不安そうに見送る残りの撮影クルーたちでしたが、気を取り直し、『霊撮ゲーム』の撮影に戻ります。

廃墟内ではビデオカメラに霊を収めるため、各参加者たちがそれぞれにうろつきまわっていました。

アイドル3人組の1人れいなは声が聞こえた、誰かに触られたと怖がり、このゲームから降りると言い出します。
しかしそれでは1千万円の賞金が貰えません。今回のゲームをアイドルとして名を売るチャンスだと考えているまゆとれいなは言い争いになりました。
結局まゆに1千万円が貰えるチャンスだ、もう少し頑張ろうと説得されたれいなは渋々その場にとどまるのでした。
ところがその後もビデオカメラのライトが点かなくなるなどの異変が起こり、とうとうれいなは体調の不調を訴え、その場にしゃがみこんでしまいます。

チンピラ風3人組の先輩と金髪男はまったく霊が撮影できないことに業を煮やし、無理やり参加させたパシリに幽霊役をさせることを思いつきます。それで霊の撮影に成功したと賞金をかっさらおうというわけです。ところがそこへ海江田がやって来てやらせ撮影はダメだと注意されてしまうのでした。

その頃、廃墟に残った撮影クルーたちは、森へ行った仲間がいつまで経っても戻ってこないことを不安に思っていました。
そこで仲間を探しに森へ行くことにします。

【転】- SHOOT X ~霊撮ゲーム~のあらすじ3

SHOOT X ~霊撮ゲーム~のシーン3 海江田に注意されたチンピラ風3人組は、このまま霊が撮影できないと賞金が手に入らないと苛立っていました。そこで別の参加者を殺して幽霊に仕立て上げるととんでもないことを思いつきます。

その直後、不運にもチンピラ風3人組の近くを通りかかったアイドル3人組、その1人まゆに背後からパシリが襲い掛かります。そしてそのまま近くの部屋へと連れ去るのでした。
悲鳴をあげ、必死で抵抗するまゆでしたが、「お前を殺さないと俺が殺される」とパシリもまた必死の形相で彼女の首に手を伸ばします。
とそこへ間一髪、まゆを探しにやって来たれいなとあきほが割って入り、どうにかまゆは助かったのでした。

れいなとあきほに見つかり、その場を逃げだしたパシリは、やがて金髪男と合流します。しかし先輩が行方不明になっていました。そこで2人は先輩を探しに行くのですが、面倒になってすぐに探すのを止めてしまいます。元々この3人は決して仲が良いわけではなく、賞金目当てに集まったにすぎなかったからです。

先輩を探すのを止めたヘビースモーカーの金髪男はトイレへとタバコを吸いに行きます。そしてトイレの小窓から外を眺めつつ、一服する金髪男にパシリが突然襲い掛かります。しかしすぐに返り討ちに遭い、逆にぼこぼこに殴られるのでした。

この頃すでに先輩は何者かの手によって殺されています。

【結】- SHOOT X ~霊撮ゲーム~のあらすじ4

SHOOT X ~霊撮ゲーム~のシーン2 アイドル3人組はまゆを襲った男の件を海江田に報告し、警察に突き出したらこのゲームをリタイアしようということで意見が一致していました。そこで海江田を探しに行くことにします。
ところがその道中で、血だらけで椅子に縛り付けられているパシリを見つけるのでした。すぐに自分を襲った男だと気付いたまゆでしたが、ひとまず生死を確認するため近づきます。すると弱しいものの息はあります。自分を怖い目に遭わせた男を助ける義務はないと思いつつも、まゆはパシリを助けるため体を縛ってあるロープを外すのでした。

同じ頃、金髪男は何者かに首を絞められ、トイレ内で殺されていました。

また海江田も何者かにスタンガンで襲われています。その何者かとは顔をマスクで隠した女でした。その女がマスクを取ると、なんとその正体は撮影クルーの1人だったのです。
彼女はイケメンを殺すことに快感を覚える殺人鬼で、今回撮影クルーとして参加したのもそのためでした。

海江田を殺し、ご機嫌で鼻歌を歌う女、ところがその背後から怪しげな両手が伸びてくるではありませんか。次の瞬間には参加者を殺して回った撮影クルーの女も殺されてしまうのです。

やがて廃墟から出てきたアイドル3人組とオカルト好き3人組が出会います。そこに撮影クルーの最後の1人もやってきます。
そして女が死んでいるのを見つけるのでした。その死体の近くには女が残したカメラが落ちています。そのカメラを確認すると、女に襲い掛かる霊が映っていたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

説明不足な映画だなと感じました。全編変わり映えのしない映像ですし、ラストも「だから何?」という感じです。モキュメンタリーにしてももう少し何かイベントを起こしてほしいものだと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「SHOOT X ~霊撮ゲーム~」の商品はこちら