映画:THATザットジエンド

「THATザットジエンド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

THAT/ザット ジ・エンドの紹介:2019年製作のアメリカ映画。ネヴァダ州の人知れぬ砂漠「ヒドゥン・デザート」にサーカスの一団がやって来た。しかし、彼らを悪魔の化身とみなした司祭の扇動により、町の住人たちはサーカスの団員を皆殺しにした。それから25年後。フェスに向かうサリーたちがヒドゥン・デザートで休憩をしていると、トイレに向かったデイヴィが一向に戻って来ない。サリーたちがデイヴィを探しに砂漠の奥に進むと、サーカステントが張られたゴーストタウンを発見する…。

あらすじ動画

THATザットジエンドの主な出演者

オースティン(アダム・エルシャー)、サラ(ミカヴリー・アマイア)、サリー(オードリー・ギッブス)、ゴーディ(サム・ラザルス)、ピエロ(デイヴ・クレック)、ジリアン(キャミル・ウォームサー)、デイヴィ(テイラー・ワトソン・スーペル)、コディ(ジェイミー・リマウィ)、チャック(ジェームズ・ジョハノビッチ)

THATザットジエンドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1994年ヒドゥンデザートという小さな町で、サーカスと町民が争いになり皆殺し、ピエロのソスだけが生き残った。ソスは町に留まり、サーカスを開こうとする。 ②25年後、サラやオースティンたち若者が、フェスへ行く途中にヒドゥンデザートへ迷い込む。ソスと戦い、生き残ったのはサラとサリー。

【起】– THATザットジエンドのあらすじ1

THATザットジエンドのシーン1

画像引用元:YouTube / THATザットジエンドトレーラー映像

(映画『THAT』というDVDがありますが、今作品はその作品と関係、繋がりはありませんでした)

〝1994年

ネバダ州の

ヒドゥンデザートという町に

サーカスがやって来た

しかしサーカスの一団は

歓迎されなかった〟

アメリカ・ネバダ州、ヒドゥンデザート。

ヒドゥンデザートは田舎の小さな砂漠の町です。

そこへサーカスがやってきて、興行をするためにテントを張ります。

しかし町の人々は、サーカスの一団の来訪を快く思いませんでした。

町の司祭がサーカスの人たちを「悪魔の化身だ」といったことが発端でした。

司祭の言葉を信じた町の人たちは、町によくないものを入れないようにと考え、サーカスを皆殺しにしようと考えます。

町の娘・グロリアは、サーカスの一団が殺されていくのを見ます。

町の人々は、司祭にそそのかされてサーカスの人たちを襲っていました。

グロリアの父も、町の人たちと一緒になって、サーカスを襲いに行きます。

サーカスの人たちも、黙って殺されてはいません。

抵抗を続け、殺し合いに発展しました。

あちこちで、町の住民とサーカスの一団が、戦います。

こうして気づけば、町には生き残りがほとんどいませんでした。

町は無人化し、そのまま取り残されます。

もともと訪問者が極端に少ない、田舎の小さな町だったので、町に生存者がいないことを知る者がいませんでした。

唯一残ったのは、サーカスの、ソスという少年です…。

〔25年後〕

サリーたち若い男女7~8人が、2台の車に分乗してフェスへ行きます。

途中の砂漠で休憩のために停車した一同は、デイヴィがいつまでも戻ってこないことに、やきもきしていました。

デイヴィのSNSの投稿を見ると、写真を撮ってアップロードしています。

・サラ…黒髪の若い女性。サリーの姉。

・サリー…こげ茶の髪の若い女性。

・オースティン…黒髪の若い男性。デイヴィの兄。

・デイヴィ…ピンクのポロシャツを着た男性。

・ジリアン…若い女性。

・ゴーディ…黒髪の男性。

・チャック…黒髪の男性。

・コディ…ロン毛の少年、少し風変わり。

サラやオースティンたちは、夜にはフェスの会場に着いておくつもりです。

休憩をするために車を停車していましたが、そろそろ出発して早めに会場へ行こうと考えます。

しかしデイヴィが戻ってこないばかりか、トカゲの写真をアップロードしていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「THATザットジエンド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×