「THE JUON(呪怨)ディレクターズカット」のネタバレあらすじと結末の感想

THE JUON -呪怨- ディレクターズカットの紹介:2004年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のアメリカ・リメイク作品で、日本版に引き続き清水崇が監督を務めた。呪いの家に関わった米国人の恐怖を、オール日本ロケで描く。続編も作られた。

THE JUON(呪怨)ディレクターズカットの主な出演者

カレン(サラ・ミシェル・ゲラー)、ダグ(ジェイソン・ベア)、ジェニファー(クレア・デュヴァル)、マシュー(ウィリアム・メイポーザー)、ピーター(ビル・プルマン)、中川刑事(石橋凌)、関根洋子(真木よう子)、佐伯俊雄(尾関優哉)、佐伯伽椰子(藤貴子)、佐伯剛雄(松山タカシ)

THE JUON(呪怨)ディレクターズカットのネタバレあらすじ

【起】- THE JUON(呪怨)ディレクターズカットのあらすじ1

〝人が強い怨念を抱いて死んだ時、呪いが生まれる。
呪いは死に場所に蓄積し、そこに触れた者は呪いに取り憑かれる。〟
ケア・センターから派遣された洋子は、ウィリアムズ家の部屋で掃除機をかけながら、勝手に家の電話を使って友人に電話していました。
会話を終えた洋子はふと天井裏に気配を感じ、押し入れを見ます。
気になって押し入れの板を外し、ライターで天井裏を覗いた洋子は、そのまま押し入れから天井裏へひきずられました…。
…交換留学生のカレンは、恋人・ダグと共に日本へやって来ました。日本に来るのはダグの長年の夢でした。
カレンは大学の単位取得のため、交換留学するとすぐにケア・センターでボランティアの仕事をします。
ダグは飲食店でバイトしながら、大学の建築科で勉強していました。2人は同棲しています。
ある日、カレンは上司・アレックスに依頼されて、連絡の取れない洋子の代わりにウィリアムズ家を訪問しました。
電車に乗って移動し、通行人に道をききながらウィリアムズ家に辿り着いたカレンは、ドアチャイムを鳴らしてドアをノックしますが、誰も応答しません。
ドアは開いておりカレンが玄関に入ると、奥の間のすりガラスに爪を立てる手が見えました。慌ててカレンは家に入ります。
それは認知症を患ったこの家の夫妻の母・エマでした。エマのケアをしたカレンは、着替えさせて床に入らせ、部屋の掃除を開始します。
掃除機を持って2階にあがると、2階すぐの部屋で物音がしました。そこの押し入れは目張りがされており、開けると、黒い猫と日本人の少年がいました。
カレンはウィリアムズ家の2階押し入れに少年が監禁されていたと、上司・アレックスに電話で報告します。すぐ来てほしいと頼み、電話を切りました。
居間にあるノートをふとめくったカレンは、そのノートにアメリカ人男性の写真を見つけます。さらに玄関でびりびりに破れた写真をつなぎあわせたものを拾いますが、親子3人が写った写真は、女性の顔の部分だけがありませんでした。
2階から見おろす少年に名前を聞くと「トシオ」という声が返ってきますが、その声は変でした。家の電話が鳴り、スーザンという女性のメッセージが入ります。
エマのいる部屋のすりガラスに人影が映ったのでカレンが行くと、エマは異様なものを見る目を宙に向けていました。
「誰と喋っていたの?」と問いかけたカレンは「彼女がしつこいの」というエマの声を聞き、エマの視線を追うと、部屋の隅から髪の毛が湧きだしていました。
その髪の毛は人の形を取り、黒い髪の毛から白い目が現れました…。
上司・アレックスが家を訪問し、庭から入ると、布団の中で息絶えたエマと放心状態のカレンを発見します。アレックスは警察に通報しました。

【承】- THE JUON(呪怨)ディレクターズカットのあらすじ2

中川刑事と五十嵐刑事は現場検証をし、上司・アレックスに聞き込みします。アレックスはカレンはピンチヒッターで、普段は洋子という女性の担当だが連絡が取れないことを訴えました。
家の表に洋子の自転車があったことも、上司・アレックスは言います。
五十嵐刑事はスーザンの留守番メッセージを再生した後、子機がなくなっているのに気づき、内線を鳴らして探します。
2階奥の部屋の押し入れから子機が発見され、天井裏を覗いた中川刑事と五十嵐刑事は、天井裏にウィリアムズ夫妻の遺体と、誰かのアゴ部分を発見しました…。
…実はこの家では、3年前にある殺人事件が起こっていました。
当時この家には佐伯剛雄と伽椰子の夫妻と、小学生の息子・俊雄が暮らしていました。
しかしある日剛雄は伽椰子と俊雄と飼い猫を殺し、首吊り自殺していました。詳細は不明です。
カレンが目撃した少年は、俊雄でした。
ウィリアムズ家は、佐伯家の後に初めて入居した一家でした。
〝ハッピーホームセレクト〟という不動産屋の紹介で、会計士をする夫・マシュー、妻・ジェニファー、マシューの母・エマとマシューの妹・スーザンが下見に来ています。
実はこの時から異変は起きていました。エマは得体のしれない何かを感じ、スーザンは2階の押し入れで猫の陶器製の小さな置物を見つけ、その押し入れには壁一面に猫のイラストが描かれています。
案内した不動産屋は、風呂場の浴槽に水がたまっているのを抜こうとしますが、栓が鎖に繋がっていません。やむなく腕まくりして水に手を入れると、濁った水から女性の顔が出てきて、吃驚します。
その瞬間にマシューが「ここに決めた」と言ったので、不動産屋も何も言えませんでした…。
住み始めたのはマシューとジェニファー夫妻と、母・エマです。妹・スーザンは外資系の会社に就職しており、別のマンションで暮らしていました。
暮らし始めたものの、軽度の認知症で寝たきりのエマが夜に階下で暴れるので、ジェニファーは睡眠不足に悩まされます。本当は階下で夜ごそごそするのはエマではありませんが、ジェニファーはそう思い込んでいました。
夫の転勤で日本へ来たものの、言語も通じず心細い思いをするジェニファーは、スーパーに買い物に行っても何が何だか分からず(カップラーメンが分からないので、蓋に穴を開けてにおいをかいでみる。その後、食べられるものと判断して3つほど購入する)不安な生活を送っていました。
カップラーメンを作りかけて居間のソファで居眠りしたジェニファーは、物音と猫の鳴き声で目が覚めます。エマの仕業かと思った瞬間、子どもの足跡がジェニファーの目に飛び込んできました。
足跡を辿ると階段2階につながっています。階段の途中には黒猫がいましたが、横から猫を抱き上げる白い手が現れ、ジェニファーは吃驚しました。
2階すぐの部屋に入ったジェニファーは、白い少年・俊雄を見て虚脱状態になります。

【転】- THE JUON(呪怨)ディレクターズカットのあらすじ3

会社から帰宅したマシューは、2階すぐの寝室のベッドの上で、あおむけで目を開いたまま動かない妻・ジェニファーを見て動転します。
デスクライトをジェニファーに近づけると、ジェニファーは「あ゛あ゛あ゛あ゛」と言います。ベッドの向こう側から白い少年・俊雄が覗き、黒い口を開けて「にゃー」と鳴くので、マシューはびびりました。
ジェニファーはその瞬間、上半身を起こした後、ばたっと再び倒れ、絶命しました。マシューは上から白い少年・俊雄に覗きこまれ、意識不明となります。
その後、2人は天井裏で遺体となって発見されたのでした。
…マシューの妹・スーザンは会社からウィリアムズ家に電話した後、オフィスから帰ろうとして何者かの気配を感じます。
後ろの廊下が気になったスーザンは非常階段からおりようとしますが、非常階段の蛍光灯が点滅し始め、さらに下の階から髪を振り乱した白い女・伽椰子がのぼってくるのを見て、慌てて逃げました。
この時、非常階段の扉にカバンのストラップが挟まり、落としてしまいます。
警備員室に駆け込んだスーザンは不審人物がいたと報告し、警備員は見に行きました。監視カメラ映像を見ていたスーザンは、廊下に黒い影が女の姿になるのを見て、恐れて逃げ帰ります。
タクシーで自宅マンションに着いたスーザンはエレベーターに乗ります。窓から各階に白い少年・俊雄がエレベーターを覗いているのですが、これにはスーザンは気づきませんでした。
部屋に入ったスーザンは、兄・マシューからの電話をもらってほっとします。「下にいるんだけど、何号室?」と訊かれたスーザンは「1601号室」と答えてロックを解除しますが、すぐ直後にドアのインターホンが鳴るので、吃驚します。
しかし覗き穴から覗くと兄・マシューの姿があるので、ほっとしたスーザンは扉を開けますが、無人でした。持った受話器から「あ゛あ゛あ゛あ゛」という声がして、スーザンは受話器を放り出して部屋に逃げ込みます。
ベッドに入って震えたスーザンは、自分の手に落としたはずのぬいぐるみのストラップがあるのに気づき、さらに布団の中から白い女性・伽椰子が現れ、ひきずりこまれました…。
…入院したカレンは中川刑事から事情聴取を受けます。俊雄という少年が3年前に事件で亡くなったことを聞かされたカレンは、3年前の事件を調査しました。
佐伯剛雄と伽椰子の事件のほかに、大学教授ピーター・カークの投身自殺の記事を見たカレンは、ウィリアムズ家にあった日記の写真の男性だと気づきます。
ピーターの妻を訪問して遺品を見せてもらったカレンは、ピーターの写真すべてに伽椰子が映り込んでいるのに気づきました。伽椰子はピーターのストーカーでした。

【結】- THE JUON(呪怨)ディレクターズカットのあらすじ4

同じ頃、カレンの上司・アレックスはケア・センターの廊下で白い少年・俊雄を見て、その直後に洋子を見かけます。洋子が歩いた後が血だまりになっているのに気づいたアレックスは声をかけ、洋子が振り向くと、アゴ部分がありませんでした。アレックスは絶叫します。
…3年前、大学教授のピーターは、覚えのない生徒からいつも届く手紙を気にして佐伯家を訪問します。そこで風呂場から腕を突きだしている少年・俊雄を見つけ、居間に連れていきました。
バラバラの写真を見つけたピーターは、2階で伽椰子の日記を見ます。それはピーターへの思いが綴られた偏執的な日記で、ピーターは気持ち悪さを感じました。
羽虫がいるので押し入れを開いたピーターは、天井裏から落ちて来た伽椰子の遺体を見て吃驚し、家に逃げ帰ります。その後、自宅マンションから飛び降りたのでした。
…カレンに事情を聞かれた中川刑事は、佐伯家の事件を調査した当時の刑事の2人が変死し、1人が行方不明になっていることを語ります。
強い怨念を残して死んだ場所には呪いが残ると説明した中川刑事は、ピーターの自殺も伽椰子の呪いに関係があると思っていました。
マシューの妹・スーザンの会社の監視カメラ映像を見た中川刑事は、スーザンにまで伽椰子の呪いが及んでいることを知り、伽椰子の死に場所であるウィリアムズ家を焼き払おうと、灯油を持って家に行きます。
灯油を撒こうとした瞬間に風呂場の水音を聞いた中川刑事は、風呂場で顔をつけている俊雄を見ました。思わず助けに入ると、後ろから剛雄が襲い、中川刑事は倒れます…。
…帰宅したカレンは、恋人・ダグがウィリアムズ家に行ったことを知り、慌てて追いかけました。ダグはカレンがウィリアムズ家に行っているものと思い、迎えに行きます。
追って家に入ったカレンは2階で話す声を聞き、3年前の教授・ピーターの姿を見ます。ピーターが去った後、日記を見て大学時代から結婚後もずっとピーターのことを思い続ける妻・伽椰子の思いを知った剛雄が逆上し、よつんばいで階段を逃げる妻・伽椰子の髪をひっぱってひきずり上げ、伽椰子の首の骨を折るのをカレンは見ます。
さらに剛雄は風呂場で黒猫・マーを壁に投げつけて殺し、俊雄を浴槽に沈めていました。剛雄は後に、2階の部屋で髪の毛に首を吊られて息絶えます。その剛雄の足を揺らして、俊雄が遊んでいました。
…鏡に映る白い女性を見たカレンは、直後にダグを見つけます。ダグはぐったりしており、白い女性・伽椰子が覆いかぶさるようにしていました。
駄目だと思ったカレンは、中川刑事が持ってきた灯油のポリ容器を倒し、ライターで火をつけました…。
…カレンは奇跡的に助かり、家も燃えずに済みました。遺体安置所に五十嵐刑事がいます。
遺体を確認しようとしたカレンは、遺体から髪の毛と白い手が出るのを見て吃驚します。いつのまにかカレンの真後ろに、背中合わせで白い女性・伽椰子が立っていました。
伽椰子は黒い口を開けて向かってきました。

みんなの感想

ライターの感想

『呪怨』のシリーズ、初のハリウッド映画化作品です。
過去の日本での映画『呪怨』シリーズの見どころを、これでもかとてんこもりにしてます。
首を髪の毛で吊られたあのバージョンも、それを俊雄が揺らしてたあのバージョンも、
灯油を持ち込んだあのバージョンも(今回は火をつけたけど、前は未遂だったよね…)、
俊雄くんが先生の横で「ニャー!」も(日本版では俊雄の学校の先生、外国版では伽椰子の大学の先生)
今までの日本版『呪怨』のいいとこどり! みたいな感じです。
伽椰子のストーキング度合いもヒートアップ!
結婚してまで追い続けるそのしつこさ…ピーターの写真にはすべて映り込んでる執念、
日本的な怖さ爆発です。
あ、そういえば、伽椰子大繁殖だけはありませんでしたわ。
  • うんこさんの感想

    まあまあ

  • 鬼形霊さんの感想

    時間返せ映画

映画の感想を投稿する

映画「THE JUON(呪怨)ディレクターズカット」の商品はこちら