「THEBITE変身する女」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

THE BITE 変身する女の紹介:2015年製作のカナダ映画。結婚を控えた美女が突如恐ろしい化け物に変貌するクリーチャーホラー。結婚を前に、友人のクリスティンとジルの3人で独身最後の旅行でコスタリカに出掛けたケイシー。現地の秘境に向かい泳いでいた彼女は、何かに足を噛まれてしまい…。

予告動画

THEBITE変身する女の主な出演者

ケイシー・モーガン(エルマ・ベゴビック)、ジャレッド(ジョーダン・グレイ)、ジル(アネット・ウォズニアク)、クリスティン(デニス・ユエン)、ケネディ夫人(ローレーン・デンカーズ)、マシスン氏(バリー・ビーンバーグ)

THEBITE変身する女のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①結婚を控えたケイシーは、女友だちのジル、クリスティとともにコスタリカへ旅行へ。秘境の湖で何かに噛まれたケイシーは、帰国後、身体がどんどん変化していく。傷口からは膿がでて、発疹も全身に拡大。 ②イクラのような卵を吐き出し、胃液は強酸。ジルが婚約者のジャレッドを奪うために罠を仕掛けたと知ったケイシーは復讐、卵は孵化して虫になり散った。

【起】- THEBITE変身する女のあらすじ1

恋人との結婚が決まったケイシー・モーガンは、女友だち2人と共に、独身最後の旅行に出かけます。
行き先はコスタリカでした。中央アメリカ南部に位置する小さな国です。

・ケイシー…黒髪の若い女性。ジャレッドという青年との結婚が決まっており、大きな婚約指輪をもらっている。
・クリスティン…黒髪の若い女性。顔の作りはケイシーよりも小ぶり。アジア系の顔立ち。
・ジル…金髪の若い女性。

気が置けない女性同士での旅行を楽しみ、少しは羽目を外し、旅行の日程は瞬く間に過ぎました。
夜はクラブでパーティー三昧です。
宿泊するホテルに虫が出ると、3人は逃げ回りました。

ケイシーの結婚相手・ジャレッドは、ケイシーが住むアパートの家主・ケネディ夫人の息子です。
ケネディ夫人はケイシーとの結婚を、反対していました。ケイシーだからというよりは、若い女性全般を嫌っているようです。ひとり息子を溺愛しているからかもしれません。
ジャレッドは、母であるケネディ夫人のアパート経営を手伝うため、2か月限定でアパートに住んでいました。そこでケイシーと出会い、スピード結婚すると決めたのです。
ケイシーはこのスピード結婚に、二の足を踏んでいました。特に、ケネディ夫人に嫌われていることが、心配の種です。
女友だちのジルとクリスティンは、ケイシーの話を聞いて、急いで結婚をする必要はないのではないかと言いました。

滞在途中、現地の人に聞いて、ケイシーたちは「ラグナ・エストレラ(星の海)」という場所へ行きます。
そこは現地の人も足を踏み入れない、秘境の地でした。地図を書いてもらい、3人は行きます。
辿り着いた先には湖がありました。そこで3人は水遊びをします。
水の中で、ケイシーは何かに噛まれました。右の太ももに小さな噛み傷(「The Bite」=噛む)が残ります。

さらに別の日。
泥酔したケイシーは、翌朝、服も金も取られて海辺に放置されていました。
その時に、婚約指輪も盗まれます。
帰国したケイシーは、婚約指輪をなくしたことを、婚約者のジャレッドに言わねばならないと思いました。どうせなので、結婚自体を延期しようと言うつもりです。

アパートに戻ったケイシーは、風呂に入る時、身体のあちこちに発疹があることに気付きます。
それは5mmほどの円形の内出血でした。
噛まれた太ももの場所は触ると痛く、腫れています。
洗濯しようと思ったケイシーは、洗剤を切らしていることに気付き、家主のケネディ夫人に借りに行きました。そこで猛烈な皮肉を言われます。
ケイシーは、アパートの別の部屋に住んでいる初老男性・マシスン氏の飼い犬・シラノを、散歩に連れていくのが日課でした。
ゴールデン・レトリーバーのシラノも、ケイシーになついており、ケイシーの旅行中はさびしがっていたと、マシスン氏が言います。

【承】- THEBITE変身する女のあらすじ2

部屋にジャレッドが食事に来ました。婚約指輪をなくしたことを言おうと思いつつ、ケイシーは切り出せません。
食事の途中、ケイシーは自分の聴覚が異様に発達していることに気付きました。ジャレッドが咀嚼する音が耳触りに聞こえ、吐き気を催します。
トイレで吐くと、粘液が出てきました。ジャレッドには旅先の食事にあたったと、うそをつきます。

ところでジャレッドとケイシーは清い関係でした。それはジャレッドの母・ケネディ夫人が古い考えの持ち主で、結婚するまで肉体関係は持つべきではないと、主張していたからです。
ケイシーはジャレッドを押し倒し、関係を持ちました。
行為の最中に太ももの発疹から粘液が流れ出し、血が混じった膿が出始めます。
ケイシーはジャレッドに帰ってくれと頼みました。ジャレッドは同じアパートの、別の部屋に戻ります。

風呂に入りながら眠りこんだケイシーは、携帯がバイブ音で床に落ちる音で目覚めました。
なんとケイシーは、水中にもぐり込んだまま、眠りこんでいました。
電話をかけてきたのは、ジルでした。直後にケイシーの部屋を訪問し、結婚のとりやめと婚約指輪の紛失の話をしたのかと、ジルはケイシーに質問します。
ジルに発疹が出たかと聞くと、ジルは病院に行っており、皮膚科で薬を処方してもらっていました。ケイシーは薬を分けてもらいます。
食欲がなく、パンを食べると吐きました。吐いた唾液は黄緑色で、ケイシーの顔色は真っ白です。

(先にネタバレ。謎の生き物に噛まれたことで、ケイシーは変身していく。
それはタイトルから分かっているが、何に変化していくのかは謎のまま。
最終形態を見ると蚊なのかなと思うのだが、自信はなし。また説明も一切なし)

日課であるシラノの散歩に連れ出そうとすると、シラノはケイシーを見ておじけづきました。マシスン氏は、明日また頼むと言います。
マシスン氏が顔色の悪さを指摘しました。ケイシーは顔が真っ白です。
クリスティに電話で体調不良を相談しますが、海外に行った後はたいていみんな疲れが取れないと言われます。
妊娠しているのではないかと言われて、ケイシーは否定しました。ジャレッドとそれまで関係を持っていないからです。
しかし気になったケイシーは、妊娠検査薬を試してみました。結果は陽性と出ます。
顔の頬部分にイボのようなものができ、太ももは黄色い膿がでてきました。

【転】- THEBITE変身する女のあらすじ3

心配になったケイシーは、時間外診察に電話をし、アドバイスを得ます。
病院に行き、処方された薬を塗布していると、吐き気が襲ってきました。黄緑色の粘液状の胃液を吐きます。
その頃から、ケイシーは夜行性になりました。昼間はカーテンを閉め切り、眠ります。

イクラみたいな卵を大量に生む夢を見たケイシーは、自分がバスタブで寝ていたと知りました。
夢のとおり、ベッドには大量のイクラのような卵で覆われています。そればかりか、机の上にも大量にあります。
顔は白く、頬には発疹ができていました。
家主のケネディ夫人が訪問したので、ケイシーは急いで服を着ようとします。その時に、尾骶骨(びていこつ)から突起が出ていると気付きました。
ケネディ夫人が合い鍵を使い、入ってきます。
妊娠検査薬を見て怒ったケネディ夫人は、出ていけと言いました。部屋から異臭が出ているという苦情が寄せられて、部屋を訪問したそうです。
つかみかかられたケイシーは、ケネディ夫人の顔に胃酸を吐きかけました。
胃酸は強酸で、ケネディ夫人の顔が溶けて亡くなります。それを見たケイシーは、怯えました。
ケネディ夫人の遺体をバスタブに隠します。

自分の身体に起きた変化が分からないケイシーは、露見するのを恐れました。外出も控えます。
心配したジャレッドが訪ねてきても開けません。時間をちょうだいと、ドア越しに訴えます。
ジャレッドは婚約者のケイシーがなぜ会ってくれないのか、不安に思いました。部屋で酒を飲みます。

ジルのところへクリスティが来ると、もう止めようといいます。
実はケイシーの結婚を、ジルがやっかんでいたのです。金持ちのジャレッドとスピード結婚を決めたケイシーがうらやましく、ジルは結婚を阻止したいと思っていました。
ケイシーが泥酔した夜に、婚約指輪を盗んだのはジルです。クリスティはそれを知っており、返してあげようと言います。
ジルはジャレッドを自分のものにしたいと思っていました。

その頃、アパートではケイシーがどんどん変身していました。
口から絶えずイクラのような卵を吐き出し、爪が取れました。新たに生えてきたのは、異様に長く尖った爪です。目も白目がちになります。
ケイシーは、部屋にいたゴキブリを食べました。
部屋はクモの巣のようなものが張り巡らされ、全身の皮膚も赤黒くただれています。

【結】- THEBITE変身する女のあらすじ4

そして…尻尾は長い突起のようなものができていました(これはラストシーンのみ出てくる)。

ケイシーを心配して、クリスティが部屋にやってきました。ケイシーの部屋の鍵をこじ開け、入りこみます。
部屋の惨状を見たクリスティは、ケイシーを心配して病院へ連れていこうとしました。
救急車を呼ぶと言ったクリスティは、バスタブにケネディ夫人の遺体を見つけて驚き、携帯電話をバスタブに落としてしまいます。
ケイシーは嫌がって、手のひらから青い粘液を出しました。それがクリスティの口に張りついて取れません。
クリスティも死にました。

ケイシーと関係を持ったジャレッドは、血尿が出ます(感染している)。
駐車場に来ているとジルから連絡をもらい、ジャレッドはジルと会います。
ジルは、酔っ払って他の男性に口説かれているケイシーの動画を見せました。嘘泣きをしながら、そのまま男性とケイシーはベッドインしたと告げます。
ジャレッドはショックを受けました。ジルが慰めながら、迫ります。
ジャレッドはジルと、車内で関係を持ちました。

アパートの外で起きている出来事ですが、それはケイシーの発達した聴覚で聞こえます。
それまでに、ケイシーは動画で真相を知っていました。
自分を泥酔させたのはジルで、しかもケイシーは男に無理矢理、部屋に押し込まれていました。
ケイシーが叫ぶと、ジャレッドとジルは吐きました。ジルは驚いて車で去り、ジャレッドも部屋に戻ります。
ジルは一旦去ったものの、ケイシーの部屋を訪問しました。
ドアをノックして部屋に入り、変わり果てた惨状を見ます。
背後から襲われたジルは気絶し、クモの巣のようなもので拘束されました。
ケイシーが証拠の動画を見せ、ジルに迫ります。ケイシーはジルに、ジャレッドを呼べと言いました。
ジルはジャレッドの名を叫び、ジャレッドも部屋にやってきます。

部屋を見たジャレッドは、ジルを助けようとしました。ケイシーは姿を消します。
しかしジャレッドの背後にケイシーが経っていました。赤黒い全身に、背中には突起がいくつもできています。
ジルの喉を爪で掻き切ったケイシーは、ジャレッドの脇腹を尖った尻尾で刺しました。
ジャレッドは椅子の足でケイシーを刺し、顔を思い切り踏みつけます。ケイシーは死にました。
ジャレッドは自室に戻りますが、救急車を呼ぶまでに力尽きます。

1週間後。
通報を受けた警察、消防がアパートに立ち入り、ケイシーの部屋を見ました。
防護服に身を包んだ医療関係者が入り込み、危険物処理班の要請と、現場の隔離を指示します。
別室にはジャレッドが見つかりました。
しかしジャレッドの腹部から、大量のイクラのような卵と共に、孵化した虫が飛んでいきます。
大量の虫は、そのまま空中へ出ていきました。

コスタリカへ旅行へいこうと、ジョギングしながら若い女性2人が話し合っていました。
女性のひとりが膝下を虫に刺されます。
虫を潰すと、粘液が出ていました。
(虫は大量発生して拡散したので、感染も拡大するおそれあり)

みんなの感想

ライターの感想

けっきょく何になったのかが不明なのだが、気持ち悪さは全編を通して、よーーく味わうことができた。
とにかくねばねば、イクラ(イクラとしか言いようがない)、胃酸は黄緑。赤黒い肌。
途中まで「半魚人か?」と思ってたんだが、違うみたい。むしろ蚊に似た感じ。
低予算なのかもしれないけれども、下手に隠さず、きちんと見せてくれる。
クリスティンとケイシーは可哀想なんだが、ケイシーを裏切っていたジル、嫌味な家主・ケネディ夫人、すぐさまジルと浮気したジャレッドなんかは、やられてざまあみろ…と思わなくもない(笑)。
まあとにかく、気持ち悪さにおいては、非常に優れた一品。

映画の感想を投稿する

映画「THEBITE変身する女」の商品はこちら