映画:×(バツ)ゲーム

「×(バツ)ゲーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

小説を原作とした作品の映画化。最後までハラハラした緊張感に包まれています。12年前のいじめと同じ罰ゲームが始まり、次第にこの仕組まれた罰ゲームの犯人が明らかになる。

あらすじ動画

×(バツ)ゲームの主な出演者

小久保英明(荒木宏文)、明神理香子(菊地あやか)、小泉智絵(仲川遥香)、石松正(三上真史)、新庄剛(千代将太)、吉池哲也(加藤翔)

×(バツ)ゲームのネタバレあらすじ

【起】– ×(バツ)ゲームのあらすじ1

英明の小学校の頃の担任が罰ゲームのくじを引いてビルから飛び降りさせられます。

英明の元に×印の焼き印が押された教師の映像が届いたことから、英明は同級生の石松と一緒に犯人を捜し始める。

そこに彼女の理恵子から不振人物につけられているという連絡が入る

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「×(バツ)ゲーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×