映画:ZWORLDゼットワールド

「ZWORLDゼットワールド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

Z WORLD ゼット・ワールドの紹介:2012年に制作されたカナダのゾンビ映画です。ゾンビ映画ではありますが、アクションものではありません。どちらかと言えば、人間ドラマの部分が強めです。というよりゾンビは出てきますが、基本的に戦うことはありません。ですのでゾンビアクション映画が好きな人には、あまりオススメできない作品と言えるでしょう。本作の特徴的な部分として挙げられるのが、ラスト辺りの展開です。低予算のゾンビものとしては独自性があります。

あらすじ動画

ZWORLDゼットワールドの主な出演者

ロゼッタ(クリスティーナ・アセト)、セフ(リチャード・サットン)、マッカイ(ロバート・ノーラン)、フェミ博士(デビー・ロコン)

ZWORLDゼットワールドのネタバレあらすじ

【起】– ZWORLDゼットワールドのあらすじ1

ZWORLDゼットワールドのシーン1

画像引用元:YouTube / ZWORLDゼットワールドトレーラー映像

世界規模で感染のあるウイルスが発生し、前例のない数の患者が病院に運ばれています。感染者の体には特有の変化が起き、各国の政府は対応に追われていました。

ロゼッタという女性がママに別れを告げます。彼女の母は病気でした。後のことをパパに任せ、ロゼッタは迎えの車に乗り込みます。

目を覚ましたロゼッタは、友人のクローディアと話をしました。そこに男女がやってきます。

彼らは被験者を捕まえるのが仕事で、ロゼッタたちを目の敵にしていました。ロゼッタはヤコブ病の専門家で、被験者たちを使って実験を続けています。

外に出れば死のリスクがあるため、ロゼッタたちは彼らに手を出すことができません。

ロゼッタとクローディアはその場を離れます。クローディアはラボに向かいました。

地上で感染を免れた男女が集まっていました。リーダー格らしき男セフが、新人のクリスと話をします。リーダー格の男は、ハゲタカ(ギャングのこと)に狙われるかもしれないから気を付けろと警告しました。

セフは仲間と合流し、車で移動を始めます。

クローディアはトルコのフェミ博士が送って来た映像を見ていました。

感染拡大から67日が経過し、ネット接続も不安定になってきています。DMTという物質に反応して、感染者は人を襲っているとフェミ博士は言いました。

そこにロゼッタがやってきます。ロゼッタは研究を焦っており、サンプルを集めるため、無許可で外出することにしました。

ロゼッタはクローディアに「昨日撮ったビデオを博士に送って」と言い残し、サポート役である男の力を借りて地上へと向かいます。

セフたちが目的地に到着します。時を同じくして、ロゼッタも外に出ました。

男女の集団は裸で倒れている女性を見つけます。その瞬間、仲間の1人が男に銃を突き付けられました。裸の女性は囮だったのです。

彼らはハゲタカで、セフたちの物資を狙っていました。そのとき感染者の群れが現れます。

セフたちは応戦しました。ですが仲間は次々とやられていき、セフとマッカイの2人だけが生き残ります。弾は残り少なくなっていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ZWORLDゼットワールド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×