映画:あのコのトリコ

「あのコのトリコ」のネタバレあらすじと結末

あのコの、トリコ。の紹介:2018年10月5日公開の日本映画。幼なじみの3人の高校生が恋と夢を追う姿を描き、人気となった白石ユキの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。東京の高校に転校し、芸能活動をする幼なじみの少女と再会した青年が、彼女の付き人となり、人生を切り開いていく姿が描かれる。

あらすじ動画

あのコのトリコの主な出演者

鈴木頼(吉沢亮)、立花雫(新木優子)、東條昴(杉野遥亮)、酒井(水上剣星)、咲(大幡しえり)、(池端レイナ)、(河井佑樹)、(本村健太郎)、山田華(内田理央)、奥井広道(古坂大魔王)、時田可奈江(高島礼子)、近藤啓(岸谷五朗)

あのコのトリコのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①幼少期にオーディションを一緒に受けた頼、雫、昴。頼は雫が好きだったが、長じて頼は芸能活動を辞めていた。雫と昴が夢をかなえようとしていると知り頼も上京、雫のいる高校へ転入。 ②雫の付き人を始めた頼は俳優としても売れるように。昴が雫に告白するが、頼も雫に告白し両思い、頼はハリウッド俳優になるためアメリカに渡った。

【起】- あのコのトリコのあらすじ1

あのコのトリコのシーン1 あの日、あのコの身体を全身で受け止めた瞬間。
あれから僕は、あのコのトリコとなった…。


2018年、春。

それまで田舎で暮らしていた男子高校生・鈴木頼(すずき より)は、一念発起して都会へ引っ越しをし、芸能人の卵が多く通う、堀切学園高等学校に転入します。
これには理由がありました。


〔9年前〕

小学生の鈴木頼は、その頃から内気でした。声も小さく、おどおどした態度です。
頼はハキハキしゃべるのが夢でした。

幼馴染には、立花雫(たちばな しずく)と東條昴(とうじょう すばる)がおり、雫、昴と一緒に、頼はオーディションを受けていました。
雫も昴も俳優になりたいから受けていましたが、頼はプロ意識を持っていません。

ある時、オーディションを受けたあとの3人は、公園で遊んでいました。
雫は頼を励ますために「いつか3人でいっしょに映画に出よう」と言い、ジャングルジムにのぼります。

目の前で雫が落ちそうになった時、頼は必死で駆け寄りました。
雫がジャングルジムから落ちそうになった瞬間、頼は雫に恋をします。
抱きとめたかったのですが、からだの小さい頼は、雫の下敷きになります…。


〔1年前〕

頼はオーディションを受けるのをいつしかやめ、ふつうの男子生徒として暮らしていました。
コンビニに買い物に行った時、頼は雫が表紙を飾る雑誌を見つけ、思わず手に取ります。
その雑誌『SuGirly』の中には、昴も写っていました。
2人とも夢を実現しているのだと知った頼は、矢も楯もたまらず、上京を決意します…。


こうして現在、堀切学園高等学校へ転入した頼は、雫と再会を果たしました。
雫も頼のことを憶えており、「LINE交換しよー」と言い、屈託ない態度を取ります。
雫が憶えていたことが、頼は嬉しくてなりませんでした。

【承】- あのコのトリコのあらすじ2

あのコのトリコのシーン2 その頼に、いきなり電話がかかってきます。
相手は雫が所属する事務所・奥井企画の社長・奥井広道でした。
奥井は頼に、雫の付き人になってくれと言います。
「芸能コースのある高校に転入したんだから、俳優になる気があるんだろ」と言われ、頼は付き人を引き受けました。

その日から頼は、雫の付き人として撮影現場などに同行します。
そんな頼を見初めたのは、近藤監督でした。近藤は映画監督ですが、CMの演出なども手掛けます。

雫に下着のCM撮影の仕事が舞い込みました。雫はCMだと喜びます。


〔CM撮影当日〕

しかし大勢の人の前で下着姿になることに、雫は抵抗を示しました。
「下着じゃなくて水着と一緒」と自分で自分に言い聞かせますが、雫はみんなの前に出られずにいます。
見かねた頼は、レッサーパンダの着ぐるみの頭を使い、励ましました。
雫も勇気をもらい、スタジオに行きます。

スタジオで接する限り、雫は昴に好意を持っているようでした。頼はそれに気づきます。
雫はまだ無名に近い存在ですが、昴はすでに有名になっており、ファンも多くついていました。
今回のCMも、昴が共演者ということで、話題になりそうです。

ところが、雫がもたもたしているあいだに、共演者の昴のスケジュールがおして、仕切り直しになっていました。
雫が降板すると知った頼は、女優になりたいという雫の夢をつぶしたくないので「契約違反だ」と食い下がります。

それを聞いた近藤監督が、頼を代役に立てると言い出しました。
頼は雫のために、引き受けます。

撮影を開始すると、うまくいきました。
頼と雫のコンビは絵になり、巨大なスチール写真となって街を飾ります。
そして雫に、ドラマのオーディションの話がきました。

【転】- あのコのトリコのあらすじ3

あのコのトリコのシーン3 雫はオーディションに落ちてしまいます。
落胆する雫を励まそうと、頼は新江の島水族館に連れていきました。
ふたりはつかのま、楽しい時間を過ごします。

雫に、大きな舞台の仕事が舞い込みます。


〔ロミオとジュリエット 顔合わせ〕

近藤監督が雫を推して、舞台のジュリエット役を雫がつとめることになりました。
相手役のロミオは、いまをときめく昴です。

早速、舞台の稽古が始まりますが、しばらくすると不運が起きました
昴の乗った車が高速道路で玉突き事故に遭い、昴が全治1か月のケガを負ったのです。
今回の舞台はいわば、昴のファンの集客をあてにしていました。
ケガで昴が稽古できなくなり、舞台の話自体が流れそうになります。

それを聞いた頼は、「僕にやらせてください」と代役の名乗りを上げました。
(舞台の稽古のときの代役)
付き人としてずっと雫の練習相手をしていたので、セリフは全部、頼の頭に入っているのです。
近藤監督が承諾し、練習が続きます。


〔ゲネプロ当日〕

最終リハーサルのこの日、頼の目の前で雫が舞台から落ちそうになります。
とっさに駆け寄った頼は、今度は雫をみごとに抱き留めました。しかしこの時、頼は足の骨にヒビを入れます。
9年前の少年時代は、頼はかよわくて雫の下敷きになりましたが、今度は大丈夫でした。
満足する頼の前に、昴が現れます。

昴はケガが治ったことを告げると、「交代だ」と言いました。
頼にかわり、昴が舞台に立ちます。

大好きな昴との舞台なのですが、リハーサルの時、雫は違和感を覚えます。しっくりこないのです。
昴よりも、ずっといっしょに稽古していた頼のほうが、雫にとっては身近な存在でした。

【結】- あのコのトリコのあらすじ4

あのコのトリコのシーン2 昴と共演した舞台は、大成功をおさめます。
頼はこの日、舞台を見に来ていました。
しかし頼が来ているのを知った昴が、頼に聞こえるように雫に告白をします。

それを知った頼は、ショックを受けました。
雫が昴に思いを寄せていたのを知っていたので、静かに場を去ります。

近藤監督から電話をもらった頼は、仕事を受けることにしました。
雫にも、昴と共演する映画の仕事が入ります。


〔近藤組映画 顔合わせ〕

頼は山田華という女優と、ラブストーリーの共演が決まりました。
雫も昴とのラブストーリーの映画で、同じスタジオで撮影します。

同じスタジオにいながら、雫はなんとなく頼に話しかけられません。
雫は近藤監督に呼ばれ、映画のラッシュ映像を見せてもらいました。
華とのラブシーンを演じている頼の姿を見て、雫は嫉妬に近い感覚を味わい、動揺します。

同じ頃。
頼は昴に呼ばれて「雫のことをあきらめろ」と言われます。
売り言葉に買い言葉で、映画の最優秀新人賞を受賞すれば、告白する権利を得られることになりました。


〔3か月後〕

頼が主演した映画『蓮華の咲く頃に』はヒットし、ノミネートされた知らせが入ります。


〔日本シネマ対象 授賞式〕

頼、昴、雫が会場に詰めていました。
受賞したのは昴でした。頼は落胆します。

受賞のスピーチの席で、昴は雫を連れて「この人が僕の好きな人です」と告白します。
マスコミは食いつきました。恋人宣言かとはやしたてます。


落選した頼は、アメリカに渡ってハリウッドのオーディションを受けようと決意します。
近藤監督に電話をし、別れのあいさつをしました。
空港へ向かおうとした頼は、雫と一緒に遊びに行ったときに購入した、レッサーパンダのキーホルダーを見て考えます。


その頃、雫は昴と共に、結婚式の写真撮影に臨んでいました。
休憩のあいだ、雫は近藤監督から、頼がアメリカに渡り、1年間ハリウッドのオーディションを受けると聞きます。

そこへ頼が現れると、雫へ告白をします。
雫も頼に、ジャングルジムから落ちて頼に助けてもらった時から、頼をあてにしていたと言いました。
頼と雫は両思いになります。

頼はプロポ-ズをしますが、雫はまず夢をかなえてくれと言いました。
頼はアメリカへ渡ります。


アメリカに渡った頼がオーディションに向かう姿は、以前のようなおどおどしたものではなく、自信を得た姿でした…。

みんなの感想

ライターの感想

吉沢亮が好きな人にとっては、嬉しい映画かな。ずっと吉沢亮が出ずっぱり。
内容的には…あくまで「少女コミック」なので…はい、ご都合主義がはなはだしいです。
それと判ったうえで見るぶんには、かまわないと思う。
映画の最優秀新人賞を頼がとったら「告白する権利を得る」、とられなかったら「雫は昴のもの」、条件が悪すぎるだろ!
思わず突っ込みたくなった(笑)。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「あのコのトリコ」の商品はこちら