映画:ういらぶ

「ういらぶ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ういらぶ。の紹介:2018年11月9日公開の日本映画。人気コミックをKing&Princeの平野紫耀&桜井日奈子主演で映画化した青春ラブストーリー。好きすぎて、あと一歩が踏み出せない幼なじみの男女と、彼らを見守る親友2人の前に恋のライバルが現れたことから、4人の友情に変化が訪れる…。

あらすじ動画

ういらぶの主な出演者

和泉凛(平野紫耀)、春名優羽(桜井日奈子)、坂下暦(玉城ティナ)、藤蛍太(磯村勇斗)、佐伯実花(桜田ひより)、佐伯和真(伊藤健太郎)

ういらぶのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①幼馴染で同じマンションの同じ階に住む凛は、優羽が好きすぎて暴走。暦と蛍太はそれを見守っている。和真というライバルが出現、優羽に積極的にアタックする。 ②迷走した後、凛と優羽は互いに告白し、両思いに。暦は和真と、蛍太は和真の妹・実花といい感じ。ハッピーエンド。

【起】– ういらぶのあらすじ1

ういらぶのシーン1

画像引用元:YouTube / ういらぶトレーラー映像

春名優羽、和泉凛、藤蛍太、坂下暦の4人は、同じマンションの同じ階に住む幼馴染です。

4人とも美男美女として、地元では超有名人でした。4人の仲はよく、いつも一緒に行動しています。

和泉凛…優羽が大好きで、こじらせすぎている。優羽への態度は一見冷たく、好意は全く伝わらない。

春名優羽…凛に叱られてばかりいるので、自己肯定感が極度に低い。駄目な存在の自分に凛が仕方なく付き合っているのだと思っている。白文鳥を飼っていて、「文乃助さん」と呼んでいる。

藤蛍太…凛の気持ちは百も承知。凛の横柄な態度を改めるよう助言するが、聞き入れられない。

坂下暦…優羽をかわいがっている。凛の気持ちも知っており、優羽にやさしくしろと言うが、聞き入れられない。

いつも優羽をゴミ扱いする凛を見て、蛍太は嘆きます。

優羽が「病んでるレベルのヘタレになっている」と蛍太が指摘すると、凛はそれで自分のものになるならば、好都合だと考えました。現在のまま、冷たくしようと考えます。

理科の実験で、ペアを誰と組むか決めねばならなくなりました。

優羽は凛にどうするのか聞きますが、凛は「お前以外」と憎まれ口を叩くだけです。

いつまでも凛の足を引っ張ってばかりだと駄目だと考えた優羽は、部屋でまず笑う練習をしました。

それを凛はガン見します。

ペアが見つからない優羽に、クラスの男子2人が話しかけました。

それを遮った凛は、「仕方がないからペアを組んでやる」と言い、優羽とペアを組みます。

これは、以前から比べると「少しの進歩」でした。

以前だったら「そもそも優羽から凛に、ペアの打診をしない」「クラスの男子が話しかけた段階で、凛は嫉妬して一波乱」なのだそうです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ういらぶ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×