映画:かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦

「かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

かぐや様は告らせたい~ 天才たちの恋愛頭脳戦~の紹介:2019年9月6日公開の日本映画。累計発行部数700万部を突破した赤坂アカの人気コミックを原作に、平野紫耀&橋本環奈共演で実写化。エリートが集う名門私立・秀知院学園。互いに惹かれ合う生徒会会長・白銀御行と副会長の四宮かぐやは、先に相手に告白させようと“恋愛頭脳戦”を繰り広げる。監督は、『ニセコイ』の河合勇人。

あらすじ動画

かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦の主な出演者

白銀御行(平野紫耀)、四宮かぐや(橋本環奈)、石上優(佐野勇斗)、柏木渚(池間夏海)、藤原千花(浅川梨奈)、早坂愛(堀田真由)、翼(ゆうたろう)、白銀の父(高嶋政宏)、田沼正造(佐藤二朗)

かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①生徒会会長の白銀御行と副会長の四宮かぐやは両想い。しかし意地っ張りのふたりは、相手に告白させようと考える。結果、付き合えずにいたずらに時間だけが経過。 ②生徒会の任期が過ぎ再選の際、かぐやと御行が対立。壇上で互いに思いを打ち明けたがうやむやになり、まだ意地をはり合う。

【起】– かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦のあらすじ1

かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦のシーン1

画像引用元:YouTube / かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦トレーラー映像

私立秀知院学園は、将来を嘱望されるエリートたちが集まる学校です。

その学園の生徒会長は、白銀御行(しろがね みゆき)という男子生徒です。

副会長は四宮グループの令嬢である、四宮(しのみや)かぐやでした。

御行とかぐやは美男美女で、優秀であるために、学園内の他の生徒たちから「付き合っているのではないか」という噂を立てられています。

御行もかぐやも、互いのことを好きでした。

しかし…好きになる、なられるというのが明確なパワーバランスの序列で、恋愛は戦(いくさ)、告白したほうが負けだ…と思っている御行とかぐやは、「相手が望めば、付き合ってやらなくもない」と思っていました。

生徒会に就任してから、1年が経過します…。

1年経過しても、御行とかぐやの関係は変わっていませんでした。

好きなのに交際していないふたりは、いつしか「付き合ってやってもいい」から、「如何に相手に告白させるか」という思考へ、シフトしています。

生徒会にはふたりのほかに、愛犬ペスをこよなく愛する女子・藤原千花と、リア充を嫌う男子・石上優がいます。

千花と優は、御行とかぐやが互いに水面下で、告白に関してしのぎを削っていることを知りません。

千花が映画『ラブリフレイン』のチケットを2枚、持ってきました。

千花は見に行くことができないので、かぐやと御行に渡します。

相手を映画に誘ってしまうと、自分が相手を好きだと思われる…そう考えてしまうふたりは、「いかに相手から誘わせるか」と考えます。

ババ抜きをして、勝ったほうが好きなことをお願いできると決め、御行とかぐやは勝負をしました。

かぐやは、御行に勝たせて誘わせようと「涙のリクエスト作戦」を考えます。

作戦通り、御行が勝ちますが、御行は自分の分のチケットだけ手にとり、かぐやを誘いませんでした。

かぐやは口惜しいので、メイドの早坂愛に頼み、御行の行動を探ってもらいます。

愛はじめ使用人が、かぐやの全面的なバックアップをしました。

「いかにして偶然を装い、映画館で御行とかぐやをばったり会わせるか」綿密に計画が練られます。

映画鑑賞の当日、愛たちの苦労のかいあって、かぐやは御行と会います。

御行も、かぐやと並んで映画を見るつもりでした。

しかし、かぐやは映画館のルールを知りませんでした。

館内が座席指定だとか、ひとりずつ応対すると別々の席になるとか、を知らず、結果的に御行とかぐやは離れて座りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×