映画:かげろう(2003年)

「かげろう(2003年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

かげろうの紹介:ジル・ペローの小説『灰色の目の少年』を映像化したフランス映画。『溺れゆく女』のアンドレ・テシネが監督・脚本を手掛け、第56回カンヌ国際映画祭に正式出品された。R15+指定。戦争で夫を失ったオディールは2人の子供を連れ、ドイツ軍の攻撃から逃げていた。その途中で17歳の青年イヴァンに出会ったオディールは、彼を警戒しながらも共に避難生活を送ることに。次第に心を許し始めたオディールとイヴァンだったが…。

あらすじ動画

かげろう(2003年)の主な出演者

オディール(エマニュエル・ベアール)、イヴァン(ギャスパー・ウリエル)、フィリップ(グレゴワール・ルプランス=ランゲ)、カティ(クレメンス・メイヤー)

かげろう(2003年)のネタバレあらすじ

【起】– かげろう(2003年)のあらすじ1

1940年6月。

ナチス・ドイツ軍がパリに侵攻し、多くの市民が街を離れました。

この戦争で夫を失った教師のオディールは、13歳の息子フィリップと7歳の娘カティと共にパリを飛び出しました何とか手に入れたガソリンで車を動かし、南仏へ向かうことに。

しかし南へ続く道は逃げる人々で長い列をなし、なかなか進みません。

夜通し運転をして朝を迎えたころ、オディールら一般市民の列に、ドイツ軍は容赦なく爆撃します 次々と人々が倒れ、オディールの車も炎上しました。

間一髪で車外に出たオディールらは、辛うじて生き延びます。

この時に取り乱したフィリップを救ってくれた青年と共に、4人は敵機の視覚になる森の中へ必死で逃げ込みました 青年は自称17歳のイヴァン。

両親が爆撃で亡くなり、18日間歩き続けたとのこと。

オディールは素性も分からぬイヴァンを警戒しました会話の成り行きでオディールに蔑まれたイヴァンは、腹を立てて行動を別にしようとします。

ところが利発なフィリップは、イヴァンの野性的な行動力が頼りになると見込んでいました。

フィリップはイヴァンを追いかけ、父の遺品の時計を彼に差し出し、家族と行動を共にしてほしいと依頼しますイヴァンは申し出を受け入れ、4人は森の中で夜を過ごしました。

翌朝、早速イヴァンは森の奥にある留守の屋敷を見つけます。

イヴァンに案内されるがまま森をひた進むと、一行は立派な屋敷に辿り着きました村の人々は既に逃げて不在で、イヴァンはこの屋敷に避難することを提案します。

しかし不法侵入に抵抗のあるオディールは、屋敷の電話を借りるだけだと言い張りました。

それでもイヴァンは器用に壁を伝って2階まで登ると、窓を割り侵入に成功します中に入ったイヴァンは、オディールに逃げられないようにするためか、電話線を切り、うまくその存在を隠す周到さのある人間でした。



次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「かげろう(2003年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×