映画:かげろう(2003年)

「かげろう(2003年)」のネタバレあらすじと結末

かげろうの紹介:ジル・ペローの小説『灰色の目の少年』を映像化したフランス映画。『溺れゆく女』のアンドレ・テシネが監督・脚本を手掛け、第56回カンヌ国際映画祭に正式出品された。R15+指定。戦争で夫を失ったオディールは2人の子供を連れ、ドイツ軍の攻撃から逃げていた。その途中で17歳の青年イヴァンに出会ったオディールは、彼を警戒しながらも共に避難生活を送ることに。次第に心を許し始めたオディールとイヴァンだったが…。

あらすじ動画

かげろう(2003年)の主な出演者

オディール(エマニュエル・ベアール)、イヴァン(ギャスパー・ウリエル)、フィリップ(グレゴワール・ルプランス=ランゲ)、カティ(クレメンス・メイヤー)

かげろう(2003年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- かげろう(2003年)のあらすじ1

1940年6月。ナチス・ドイツ軍がパリに侵攻し、多くの市民が街を離れました。この戦争で夫を失った教師のオディールは、13歳の息子フィリップと7歳の娘カティと共にパリを飛び出しました。何とか手に入れたガソリンで車を動かし、南仏へ向かうことに。しかし南へ続く道は逃げる人々で長い列をなし、なかなか進みません。夜通し運転をして朝を迎えたころ、オディールら一般市民の列に、ドイツ軍は容赦なく爆撃します。次々と人々が倒れ、オディールの車も炎上しました。間一髪で車外に出たオディールらは、辛うじて生き延びます。この時に取り乱したフィリップを救ってくれた青年と共に、4人は敵機の視覚になる森の中へ必死で逃げ込みました。

青年は自称17歳のイヴァン。両親が爆撃で亡くなり、18日間歩き続けたとのこと。オディールは素性も分からぬイヴァンを警戒しました。会話の成り行きでオディールに蔑まれたイヴァンは、腹を立てて行動を別にしようとします。ところが利発なフィリップは、イヴァンの野性的な行動力が頼りになると見込んでいました。フィリップはイヴァンを追いかけ、父の遺品の時計を彼に差し出し、家族と行動を共にしてほしいと依頼します。イヴァンは申し出を受け入れ、4人は森の中で夜を過ごしました。

翌朝、早速イヴァンは森の奥にある留守の屋敷を見つけます。イヴァンに案内されるがまま森をひた進むと、一行は立派な屋敷に辿り着きました。村の人々は既に逃げて不在で、イヴァンはこの屋敷に避難することを提案します。しかし不法侵入に抵抗のあるオディールは、屋敷の電話を借りるだけだと言い張りました。それでもイヴァンは器用に壁を伝って2階まで登ると、窓を割り侵入に成功します。中に入ったイヴァンは、オディールに逃げられないようにするためか、電話線を切り、うまくその存在を隠す周到さのある人間でした。

【承】- かげろう(2003年)のあらすじ2

他人の家ながら、オディールは久々の休息を得ます。スカートには爆撃時に思わず失禁したシミが残ったままで、それを見たオディールは思わず涙がこみ上げて来るのでした。
4人は残されていた食料を見つけ出し、久しぶりに落ち着いた食卓を囲みます。しかし朝には出発すると言うオディールと、この場に残りたいイヴァンの意見は食い違いました。またワインのラベルが区別出来ないイヴァンを見たオディールは、彼が文盲だと気付きます。小ばかにされたと腹を立てた彼は怒って席を離れました。すっかりイヴァンになついていたフィリップは、彼の安否を案じます。

朝を迎えるとオディールは、子供を連れて家を発ちますが、イヴァンの言う通り、村人はどの家も退去していると判明します。そのうえ森を進んだ先にはドイツ機が旋回しており、オディールはフィリップの説得もあって、あの屋敷に帰ることにしました。
屋敷に戻るとフィリップは、イヴァンが死んだ兵士から盗んだ銃や手榴弾などを見せて貰いました。イヴァンが手に入れた新聞には、パリが攻撃されたとの記事も…。オディールがイヴァンの行動に呆れていると、高熱を出したイヴァンがパタリと倒れます。その間にオディールは、イヴァンの銃などを没収し土に埋めました。翌朝目覚めたイヴァンは、自分が穿いていた赤の下着を洗濯されたことを異様に焦りました。オディールはイヴァンが坊主頭であることなど、彼の略歴に疑問を感じるものの、深く追及はしませんでした。一方執拗に銃の居場所を問うイヴァンに対しては、オディールは頑なに口を閉ざします。

残っていた食料も切れると、イヴァンが川で獲った魚や、盗んで来た家畜などで食いつなぎます。初めは不法滞在に罪悪感があったオディールですが、敵の攻撃もなく静かな生活を手に入れたことで、抵抗感は薄れていきました。相変わらずイヴァンとは意見が合いませんが、彼の器用さと生命力の強さはオディールにとって欠かせなくなっていました。そんなオディールに対し、食料調達以外に自分に興味がないものかと、イヴァンは男としてのプライドを滲ませます。

【転】- かげろう(2003年)のあらすじ3

静かな暮らしを送っているものの、夫を亡くし、戦争の恐怖に苛まれ続けてきたオディールは、毎日のように夢でうなされ、神経が過敏になっていました。一方、自分のことは話したがらないイヴァンは、両親が空爆で死んだと以前に話したのは嘘で、本当は親がいないとフィリップに零します。しかしイヴァンはそれ以上何も語りません。イヴァンを“兄”と慕うフィリップでしたが、母との約束は固く、銃を埋めた場所はイヴァンに教えませんでした。そんなフィリップをイヴァンは「こんな弟は嫌だ」と撥ねつけます。イヴァンの言葉には真意があったのですが、それが分からないフィリップは深く傷つきました。

イヴァンと一緒に過ごしていくうちに、家族と思えるようになったオディールは、彼に心を開きます。イヴァンも珍しく、自身についてオディールに語りました。唯一の友達だったジャン・デルマスという青年が、感化院の脱走後に亡くなったと。戦争の混乱に紛れて脱走する者が結構いるらしいのです。そんな話をしながら、イヴァンは唐突に「妻になってくれ。誰にも知られずに、夫婦みたいに暮らすのさ」とオディールに告白します。動揺を見せたオディールでしたが、決して嫌な気はしませんでした。

オディールはイヴァンに文字の読み書きを教え始めます。オディールはイヴァンの過去を不審に思いながらも、彼と2人きりで過ごす時間は特別なものになっていきました。イヴァンもまた、オディールの名前を綴ろうと左利きの手で必死に励みます。
そんな最中、戦火から逃れた兵士2人が屋敷に辿り着きます。強引に上がり込んだ兵士に、オディールは3人の子供がいると説明しました。イヴァンの荷物の中身や電話線の断線を調べた兵士は、“長男”の行動がおかしいとオディールに指摘。その長男ことイヴァンは、オディールが兵士に暴行され自分も密告されると言って、異常な戒心ぶりで彼らを斧で殺害しようと企みます。止めに入ったフィリップを、イヴァンは力尽くで振り払いました。イヴァンは犯行に至らなかったものの、兵士が出て行くまでは戻らないと言って、屋敷を出て行きました。

【結】- かげろう(2003年)のあらすじ4

イヴァンの見立てとは違って、兵士らはとても理性的でした。夕食後に外で一服していたオディールは、紳士的な振舞いの兵士の1人に、戦時中の誰にも言えなかった胸のうちを零します。オディールに誘われたと感じた兵士ですが、家族がいると申し出て冷静な対応をし、翌朝には出発すると言って寝床に向かいました。残されたオディールは、遠くにイヴァンの姿を発見します。するとオディールこれまで保ってきた理性を失ったかのように、イヴァンの体を求めました。森の暗闇の中でイヴァンは「裸の女は初めてだ」と言って、ライターの灯りでオディールの体をまじまじと眺めます。そしてイヴァンは「この方が慣れている」とオディールとの肛門性交を選び、2人は結ばれました。
終わった後、2人は面映ゆそうに会話をしました。戦争が終わったと兵士から聞いたオディールは、それをイヴァンに告げますが、彼はとっくに知っていました。オディールがパリに戻らぬよう、知らないふりを続けていたのです。

翌日。離れた農場で家畜を盗んでいたイヴァンは、憲兵に捕まります。屋敷まで来た憲兵は、イヴァンが感化院を脱走した青年だとオディールに告げました。イヴァンは屋敷の場所について口を割らなかったものの、彼が拝借していたシャツに屋敷の家主の刺繍が施されていて、オディールらの居場所が判明してしまいます。イヴァンは連行され、オディールと子供は保護されました。

その後難民キャンプで過ごしていたオディールたちは、過酷な環境に精神をすり減らしました。再び憲兵がオディールのもとへ来ると、身元確認が出来ないイヴァンの素性について尋ねます。脱走者の“ジャン・デルマス”に特徴が似ていると憲兵に言われたオディールは、かつてイヴァンが友人だと語っていた名前だと思い出しますが、素知らぬふりをしました。そしてオディールは、イヴァンが昨夜独房で首を吊って自殺したことを聞かされます。オディールはショックで肩が震えました。気落ちしたオディールはぼんやりと周りを見渡すと、土を掘る男に、銃を探すイヴァンの姿を重ねるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

仏映画らしく難解な点もありましたが、登場人物の心の機微はストレートに表現されていました。DVDジャケットのようなラブシーンはたった一度だけなのですが、エマニュエル・ベアールが起用されているだけあって、官能的な雰囲気が終始漂う作品でした。
罪だとしても、戦火を逃れ子供を守るためなら、自分もオディールのようにあの家に居座ったことでしょう。イヴァンが感化院に入所した理由は分かりませんが、生き延びるための彼の一言一句、行動が切なくて胸が痛みました。生命力の強い彼が死を選ぶとは、なんと空しい結末(涙)。
正常な精神状態、普通の暮らしを送れていれば、魅かれ合わなかった2人ではないでしょうか。戦争とはいかに恐ろしく、むごいものか…。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください