映画:それでも恋するバルセロナ

「それでも恋するバルセロナ」のネタバレあらすじと結末

ラブストーリー

それでも恋するバルセロナの紹介:2008年制作のアメリカ&スペイン合作映画。1人の男をめぐって3人の女たちが恋愛バトルを繰り広げる、ウディ・アレン監督によるラブ・ストーリー。

あらすじ動画

それでも恋するバルセロナの主な出演者

フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)、ヴィッキー(レベッカ・ホール)、マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)、クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)、ジュディ・ナッシュ(パトリシア・クラークソン)、マーク・ナッシュ(ケヴィン・ダン)、ダグ(クリス・メッシーナ)

それでも恋するバルセロナのネタバレあらすじ

【起】– それでも恋するバルセロナのあらすじ1

ヴィッキーとクリスティーナは学生時代からの親友同士の女性です。2人はアメリカからスペイン・バルセロナにバカンスにやってきました。

親友同士ではありますが、恋愛に保守的で真面目な好青年・ダグと婚約中のヴィッキーに対し、クリスティーナは情熱的な恋愛を求める対照的な性格でした。

ヴィッキーとクリスティーナはバルセロナで観光を楽しみます。

ある夜、画廊のパーティでヴィッキーとクリスティーナは、泥沼離婚したばかりの画家・アントニオと出会いました。クリスティーナはアントニオの噂に興味を持ちます。

アントニオと深夜のレストランで再会したヴィッキーとクリスティーナは、週末旅行に誘われました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「それでも恋するバルセロナ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×