映画:となりの怪物くん

「となりの怪物くん」のネタバレあらすじと結末

となりの怪物くんの紹介:2018年4月27日公開の日本映画。月刊デザートで連載され、テレビアニメにもなった、ろびこ原作の青春ラブストーリーを菅田将暉&土屋太鳳主演で映画化。問題児で“怪物”の異名をもつ少年・春と、ガリ勉で友達もいなかった少女・雫が出会い、次第に恋心を募らせていく様が描かれる。

あらすじ動画

となりの怪物くんの主な出演者

吉田春〔ハル〕(菅田将暉)、水谷雫(土屋太鳳)、吉田優山(古川雄輝)、山口賢二〔ヤマケン〕(山田裕貴)、夏目あさ子(池田エライザ)、大島千づる(浜辺美波)、佐々原宗平(佐野岳)、吉田泰造(佐野史郎)、三沢満善〔みっちゃん〕(速水もこみち)

となりの怪物くんのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①優等生の雫はとなりの席の不登校児童、ハルの家を訪問したことで、振り回されるように。しかしハルと友だちになったことで、雫も仲間が増えるように。いつしか雫とハルは恋仲になっていた。 ②将来の道について、ハルと雫は口論に。翌日からハルは姿を消す。卒業式の後、ハルが戻ってきて雫と和解、2人は結婚した。

【起】- となりの怪物くんのあらすじ1

となりの怪物くんのシーン1 現在。

西野カナの『Best Friend』という曲が、ラジオから流れます。
バッティングセンターの2階で机に向かっていた若い女性・水谷雫は、曲を聞いて作業の手を止めました。
「あの頃の私は、勉強がすべてだった。でも私の周りは、仲間であふれていた。その真ん中にいたのは、ハルだった」
そう、雫は過去のことを振り返ります…。


何年か前。

陽野市立松楊高等学校に雫が入学した年。
男子生徒の吉田春、通称:ハルは、入学初日に暴力事件を起こして以来、一度も登校していませんでした。
ハルが雫の左隣の席のため、担任の冴子先生にプリント類を届けてくれと頼まれた雫は、先生から聞いた住所へ行きます。
そこはバッティングセンターで、カウンターには後にハルの従兄弟と判明する、三沢満善、通称:みっちゃんがいました。雫はプリントを置いて帰ります。

帰り道、雫を追ってハルが来ると、「てめえ、学校の回しもんか」と声をかけました。
雫は意に介さず、学校の先生に頼まれて、プリントを渡しに来ただけだと答えます。
「プリントってあれか。学校を休んだとき、友だちが持ってくる」と呟いて笑顔を浮かべたハルは、雫に「ハルって呼べよな、友だちなんだし」と言いました。
この日が雫とハルの、出会いの日でした。


翌日、帰宅途中の雫はハルに拉致されます。
友だちならば寄り道して買い食いしようと、半ば強引にイートインでお茶をした雫は、ハルが言われるがまま、3人の男子高校生マーボ、トミオ、ジョージに金を貸すところを目撃しました。
ハル自身は「(3人は)友だちだから」と言いますが、傍目には、3人がハルを利用し、たかっているようにしか見えません。
別れ際、雫は「あんな友だちなら、いないほうがまし」ということばをぶつけ、ハルと喧嘩になりました。
その様子を、クラスメイトの佐々原が目撃します。

佐々原はあとで、雫にハルのことを話しました。
ハルは中学時代、いじめられていた子を助けたのですが、それがきっかけで狂暴な人物とみなされ、学校へ来なくなったのだそうです。

プリントを届けに行った雫は、バッティングセンターでバットを振っているときに、唐突に「入学式のときも、そうだったのだ」と気づきました。
いじめられていた生徒がおり、それをハルが助けに行っていたことを、思い出します。
バッティングセンターに、金をたかる3人の男子生徒がやってきました。
雫は3人に向かい、もっと誠実にハルと付き合ってくれと頼みます。
喧嘩になりそうなところで、ハルが出てきました。
雫はハルに「大丈夫だよ。今にハルの周りには、たくさん人があふれるから」とことばをかけます。


雫がいるから、ハルも学校へ行くと言い出しました。
その通り、ハルは学校へやってきましたが、雫にぴったり密着して行動します。
教室へ入ったハルは、他の生徒から注目されて、動物のように威嚇行動を取りますが、雫にたしなめられてやめました。
休み時間も、ハルは雫にくっついて回り、トイレにまでついて回るので、雫は「うざい」とこぼします。

【承】- となりの怪物くんのあらすじ2

となりの怪物くんのシーン2 優等生の雫に、同級生の女子生徒・夏目あさ子が「勉強を教えてください」と頼みました。
雫はあさ子の言い分を受け流しますが、ハルが「オフ会」という単語に反応し、「勉強は俺が教える」と言います。
あさ子とハルのあいだで、交渉がなされました。雫はかまわず、ひとりで勉強します。

当時、雫にとって勉強は非常に大事なものでした。
「勉強は期待を裏切らない」と、雫は思っています。

期末テスト期間が終わり、成績が貼り出されました。雫は2位でした。
なんと1位は、何も努力していなさそうなハルでした。
雫は、当のハルがニワトリを拾ってきたと差し出すのを見て、毒気を抜かれます。
ニワトリのために、小屋を作ることになりました。


〔Next Sunday〕

ホームセンターへ行った雫とハルは、秀才の男性・山口賢二、通称:ヤマケンくんと、金をたかる3人組に会いました。
3人組は、ハルや雫と仲直りします。
ヤマケンは、ハルと小学時代の同窓生でした。小学時代のハルをいじめると、必ずあとで兄貴が出てきていたと雫に話をします。

そのハルは、「吉田優山(ゆうざん)」という人物からのメールを見ると、家に帰らずにどこかへ泊まると言い出しました。
困った雫は、ハルを自宅へ連れていきます。

雫の家は、ほぼ父子家庭でした。母親もいるにはいますが、一緒には住んでいません。
雫の父・隆司は今までに、6回事業に失敗していました。母親が一家の大黒柱として働いています。
あとで事情を問うハルに、雫は話して聞かせました。
幼いころに、夜市で金魚すくいを母親とする約束をしたのですが、母は仕事で夜市に連れて行ってくれませんでした。
幼心に雫は、「期待して裏切られるのが怖い」と思うようになります。
勉強は、頑張った分だけ結果が返ってくる、だから頑張っているのだと雫はハルに言いました。


当初は風変わりだとして、ハルと雫を遠巻きにしていた同級生も、次第に2人の性格がつかめてくると、距離を縮めてきました。
雫とハルには友人が増えます。
クラスメイトの女子生徒・大島千づるは、ハルにひそかに好意を抱きました。

3か月が経過し、夏休みがやってきます。


〔Summer Vacation〕

雫やハルは、友人たちと楽しい夏休みを過ごしました。
そこへ唐突に、ハルの兄・優山が雫に接触します。
優山がハルの兄だと知り、雫は驚きました。
優山は雫に、ハルの事情を説明します。

ハルは中学へ入学する前に家を追い出されて、現在は従兄弟のところへ身を寄せていました。
雫は驚きますが、納得もします。

ハルが優山を見つけると、雫から無理やりに引きはがしました。
ハルは雫を連れ去りますが、雫はハルに、兄ときちんと話をしろと言います。

【転】- となりの怪物くんのあらすじ3

となりの怪物くんのシーン3 〔School Festival〕

雫たちのクラスは、ゾンビハウスという出し物をすることになりました。
雫と口論になったあさ子は、ハルの従兄弟・みっちゃんに相談しているうちに、みっちゃんに惹かれるようになります。
雫はすぐに自分の非を認め、あさ子と和解しました。


〔Christmas〕

あさ子はみっちゃんにさりげない告白をし、同時に雫にも、みっちゃんのことが好きだと話します。
「過去は過去で、あなたを縛るものはない。恋愛はひとをまーるくする」という、みっちゃんの言葉を、あさ子は雫に教えました。
雫は、ハルを異性として意識し始めていましたが、どうにもならない他人の気持ちに対して、期待するのが怖いと思います。


〔Valentine’s Day & Sizuku’s Birthday〕

千づるはハルを呼び出して、バレンタインのチョコを渡そうとします。
しかしハルが雫の誕生日プレゼントのことしか頭にないことに気づき、千づるは告白をやめました。
ハルの恋を応援し、去ります。

雫は自分の誕生日パーティーを、自分で用意していました。
ケーキも自分で作り、飾りつけも行ないます。

同じ頃、あさ子はみっちゃんに、「あきらめてくれ」と言われていました。あさ子は失恋し、落胆します。

雫の家でパーティーをしていると、ハルがやってきました。やってきたというか、厳密には「こっそり部屋に侵入して、プレゼントを置こうとしているところを見つかった」というのが真相です。
部屋に招かれたハルは、雫にモンブランの万年筆をプレゼントしました。

雫のお祝いに母親が同席していないと気づいたハルは、帰り道、自分の携帯電話を出して、雫に「母親へ電話をかけろ」と言います。
雫は素直に従って、母親に電話しました。
母親から「1時間後にかけなおす」ということばをもらった雫は、きっかけをくれたハルに感謝の気持ちを伝えます。
そのうえで「ハルが好き」と告白しました。ハルも喜びます。

雫はあとで母との電話にて、好きな人ができたと打ち明けました。


〔A New School Year〕

新学年が始まります。
雫とハルの交際は順調でした。

地学の男鹿先生から、ハルが高校卒業後、進学しないと聞いた雫は、ハルにそれを問いただします。
事実でした。ハルは卒業後、マグロ漁船にでも乗って働きたいと答えます。
優秀なハルが大学へ進学しないことを、雫はもったいないと感じますが、ハルはそのように考えていないようでした。

雫はみっちゃんに「マグロ漁船」の件を打ち明け、ハルの家の事情を聞きます。
ハルの両親は離婚しており、ハルは父方へ引き取られていました。その後に家を追い出され、従兄弟のみっちゃん宅へ身を寄せています。

【結】- となりの怪物くんのあらすじ4

となりの怪物くんのシーン2 ハルのところへ兄の優山が来ると、自分の誕生会へきてくれと頼みました。
「これで最後、これ以上、俺の世界を乱すな」とハルは条件をつけ、雫を同席することで招待を受けます。


〔Birthday Party〕

ただの誕生会に行くのだと思っていた雫は、ドレスアップさせられることに戸惑いました。
ハルと出かけた雫は、ハルの父親が大物政治家・吉田泰造だと知ります。
ハルの父は「努力家の優山」ではなく、「天才肌のハル」に自分の後を継がせたいと考えていました。
パーティーの席でマスコミに発表し、ハルは注目されます。
将来を勝手に決められるのがコリゴリのハルは、その場を逃げ去ります。

ハルの兄・優山は、何をやってもすぐできるハルに対し、幼少期からコンプレックスを抱いていました。
兄弟仲はよいほうで、兄である自分がハルをよくかばっていたのですが、父がハルにばかり注目するのを、優山は快く思わなくなります。
優山がハルを追いつめて、家から追い出してしまったのです。

それを聞いた雫は、兄の優山の気持ちに同調しました。
雫はハルに、「手を伸ばせばなんでも手に入るのに」と、ハルを責めます。
雫とハルは口論になり、けんか別れしました。ハルは走って去ります。

ひとり残された雫に、ヤマケンが「きっとあんたは、俺とのほうが合ってると思う」と告げました。

雫はそれでも、翌日になれば仲直りができると考えていました。
ところが…翌日から、ハルの姿は消えてしまったのです。


〔A New School Year〕

高校3年生になっても、ハルはいないままです。
突然ハルが消えてしまい、手がかりも得られないまま茫然自失となっている雫に、ヤマケンがさりげなく寄り添いました。
雫も少しずつ日常を取り戻し、勉強を始めます。

センター試験も終わり、ヤマケンは第一志望の大学に合格しました。
雫はそれを聞いて祝福のことばをかけます。


〔Graduation Ceremony〕

卒業式の答辞は、雫が行ないました。
式のあと、雫は再びハルの私物を先生から託されます。
階段でそれを落とした雫は、ハルの私物を見て、そこに自分とハルの思い出が詰まっていることに気づきました。

門のところで待っていたヤマケンが、雫に告白をします。
雫は「私、いつもあなたに助けられていたと思う。あなたといると、いつもの自分でいられる。それにひきかえ、ハルはいっつも疲れる。でも楽しい。考えるだけで楽しい。ごめんなさい」と断りました。
ヤマケンは答えを聞いて「後悔すんなよ」と笑います。

バッティングセンターへ行った雫は、初めてホームランを打てました。
そこへハルがふらりと帰ってきます。
ハルは、父親の知人がいる、メキシコ湾の研究所へ行き、働いていたのでした。
ハルの姿を見て、雫はその腕に飛び込みます。


(エンドロール)
淡々と飾りつけを行なった雫は、友人たちを迎えました。

〔Wedding Party〕

雫とハルの、今日は結婚パーティーです。
仲間が集まっての、内輪だけのものでした。
仲間はみんな、2人を祝福します。

(エンド後)
パーティーで誰かがクラッカーを鳴らし、歓声があがります。

みんなの感想

ライターの感想

ある意味、非常に王道のラブストーリー。
それに加えて、青春要素も濃厚。
主演2人の演技も安定しており、見ていて楽しい作品に仕上がっている。
仲間たちのキャラクターも上手に描き分けられていて、好印象だった。
現実的かといわれると頭を抱えるが、もっと非現実的な映画はほかにもあるし。
ハルのキャラクターが上手に演出されていて、それを見ているだけで満足。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「となりの怪物くん」の商品はこちら