「ひるなかの流星」のネタバレあらすじと結末の感想

ひるなかの流星の紹介:2017年3月24日公開の日本映画。女子高生の初恋の行方を描き、同世代から絶大な人気を誇る、やまもり三香の人気コミックを永野芽郁ら注目の若手キャストの共演で映画化したラブストーリー。まだ恋を知らない女子高生と担任教師、クラスメイトとの三角関係がつづられる。

予告動画

ひるなかの流星の主な出演者

与謝野すずめ(永野芽郁)、獅子尾五月(三浦翔平)、馬村大輝(白濱亜嵐)、猫田ゆゆか(山本舞香)、犬飼学(小野寺晃良)、猿丸小鉄(室井響)、鶴谷モニカ(小山莉奈)、亀吉奈々(大幡しえり)、与謝野聡子(西田尚美)、熊本諭吉(佐藤隆太)

ひるなかの流星のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①田舎から東京へ転校したすずめは、叔父・諭吉の店で出会った男・獅子尾が担任だと知り驚く。すずめは獅子尾に惹かれ、獅子尾もすずめに惹かれるが、諭吉が教師と生徒という立場であることを指摘し、獅子尾はすずめを拒否。 ②すずめが初めて友人となった馬村がすずめに告白、すずめは馬村と付き合い始めた。あきらめきれない獅子尾はすずめに告白するが、すずめはかけがえのない存在になっていた馬村を選択。

【起】- ひるなかの流星のあらすじ1

2016年。
高校2年生の女子生徒・与謝野すずめは、父がバングラデッシュに転勤になり、両親ともに海外へ赴任するために、叔父・熊本諭吉のところへ預けられることになりました。
叔父の諭吉は東京都武蔵野市にある吉祥寺でカフェを営んでおり、すずめは田舎から東京へ降り立ちます。
東京は…すずめにとっては、異次元でした。誰もがおしゃれに見え、しかも都会すぎて道が分かりません。
迷子になったすずめは、空を仰ぎました。真昼なのに、流星が見えます。
そういえば小学生の時に、1度だけ熱を出して学校から帰る時、昼間に流星を見たことがあると思い出したすずめは、あの星はなんだったのだろうと考えながら、立ちくらみを起こします…。

意識を取り戻したすずめは、叔父・諭吉の家に到着していて驚きました。
すずめがたまたま倒れた時に助けてくれた若い男性が、獅子尾皐月と言い、諭吉の大学時代の後輩だったのです。すずめが地図を持っていたため、諭吉の家を訪ねていたのだと知り、運んでくれたのでした。
叔父の諭吉は、すずめの好物の寿司を用意してくれていました。
すずめという名は本名かと聞いた獅子尾は、「じゃあ、ちゅんちゅんだな」とあだなをつけます。
初対面の獅子尾のことを、すずめは「軽い男」と思いました。

獅子尾との再会は思った以上に早く訪れます。
獅子尾はすずめの学校の先生で、しかも担任の社会科教師でした。前日、全く聞いていなかったので、すずめは驚きます。
田舎暮らしのすずめにとって、都会の学校でいちから友達を作るのは難しいことでした。
隣の席は馬村大輝という男子生徒で、授業中に教科書を見せてくれますが、すずめと距離を取りたがります。
すでに出来上がったグループの中に入るのを難しく思ったすずめは、昼食を屋上で取りました。それを見た獅子尾は「もっと気楽にいけ。素直に言え」とアドバイスします。
すずめはその日の放課後、馬村に教科書を見せてくれた礼を言い、去ろうとした馬村の腕を咄嗟に握りました。
馬村が赤面したのを見て女子に免疫がないと見抜いたすずめは、黙っておくかわりに「友達になって」と頼みます。
なぜ自分なのかと聞き返した馬村に「だって席が隣だから。簡単な挨拶くらいはしたい」というすずめの言葉に、馬村は脱力しました。
翌日から馬村は、すずめにだけは受け答えをしてくれます。

それを見て動いたのは、馬村の男友達・犬飼学と猿丸小鉄でした。馬村が女子と話すのを見るのは初めてで、食いついてきます。
同じく女子生徒の猫田ゆゆか、鶴谷モニカ、亀吉奈々らも、すずめに話しかけてきました。
すずめ、馬村、犬飼、猿丸、ゆゆか、モニカ、奈々の7人で、9月の移動教室のグループ分けが決まります。すずめは急に友達が増えたので、嬉しく思いました。
しかしゆゆかは、すずめ経由で好きな馬村と接触したいだけだったのです。

移動教室の時、同じグループに所属しながらも、馬村がすずめとしか話さないのを見たゆゆかは、すずめに意地悪をします。

【承】- ひるなかの流星のあらすじ2

キャンプファイヤーのために薪小屋に行けという嘘の情報を流し、すずめを山中に追いやりました。
雨が降り始めたのに山奥へ入るすずめを見て、馬村がついていきます。雨が降り出し、2人は山中にあった小屋へ避難しました。
雨宿りの間に話をして、すずめは馬村の母が幼い頃に家を出て、父と弟しかいないために女性に免疫がないのだと知ります。
「話してくれてうれしい」と無邪気に答えるすずめを見て、馬村は好意を持ちました。
直後、雨にぬれたすずめは熱を出し、ぐったりします。
馬村とすずめがいないのを知って、獅子尾がやってきました。ぐったりしているすずめを見て、獅子尾が思わず「しっかりしろ、ちゅんちゅん」と話しかけたのを見て、馬村は獅子尾とすずめが知り合いだと気付きます。
獅子尾がすずめを運び、目が覚めるまで付き添いました。大丈夫になってから部屋にホタルを放し、出ていきます。

移動教室の後、すずめはゆゆかに意地悪したかと質問しました。意地悪だったゆゆかは、すずめと友だちにならない宣言をします。
地元の友だちの悪口を言われて怒ったすずめは、ゆゆかとつかみ合いの喧嘩になりました。
ゆゆかが馬村を好きなことを、すずめは知ります。
喧嘩の現場を馬村に見られそうになったすずめは、ゆゆかをかばいました。
「嫌な奴だけど嫌いじゃない」と、すずめはゆゆかに言って去ります。
ゆゆかも、馬村とすずめの仲に嫉妬していただけでした。つかみ合いの喧嘩をした後は、なんだかんだと言いながらすずめにおせっかいを焼き始め、やがて2人は親友になります。
すずめにメイクを伝授したゆゆかですが、すずめはメイクした顔を恥ずかしく思います。
忘れ物をした獅子尾が来たのですずめはカーテンに隠れ、すずめの顔を見て獅子尾は見惚れました。靴箱で会った馬村も、すずめに恋します。

休みの日に叔父・諭吉の店に来た獅子尾とすずめは、買い出しに行きます。
福引をしたすずめは、水族館のチケットが当たらなかったことを残念がりました。
すずめの田舎の近くには海がなく、小学校の時に初めて海を見て感激し、寿司を食べてさらに感激したそうです。
「一緒にいて楽しい」と獅子尾に言うと、獅子尾もすずめに同じ言葉を返しました。
すずめは、獅子尾に恋をしていると自覚します。
すずめの思いはすぐにゆゆか、馬村に知れました。嫉妬した馬村はすずめのほっぺにキスをし、ゆゆかは恋の悩み相談をします。
自分のために恋の相談に乗ってくれるゆゆかのことを嬉しく思いながら、馬村にほっぺにキスされたすずめは、そのことをゆゆかに告げられませんでした。うしろめたい気持ちになります。

クリスマス。
叔父の店を貸し切って、すずめたちはパーティーを開きますが、獅子尾は仕事が忙しくて会えません。

【転】- ひるなかの流星のあらすじ3

実はその日がすずめの誕生日でした。獅子尾に会って告白し、クリスマスプレゼントを渡したいと思っていたのですが、仕事が忙しいと断られ、すずめは落胆します。
馬村がマフラーを巻いて、「おめでとう」と言ってくれました。すずめは先日のキスの話を聞きますが、馬村は「意味なんかねえよ」と答えます。すずめが獅子尾を好きなことを知っているので、素直に答えられなかったのです。
その後、獅子尾が仕事を切り上げ、諭吉の店に会いにきました。
すずめが寿司の柄のネクタイをプレゼントすると、獅子尾は水族館のチケットをくれ、翌日に行こうと約束します。

しかし…すずめと獅子尾が会っているところを、叔父の諭吉が目撃しました。
諭吉は獅子尾を呼びとめて、「自分が何をしようとしているか分かっているのか」と説教します。
すずめは獅子尾のことが好きです。
獅子尾もすずめに好意を寄せていましたが、諭吉の言葉で我に返りました。教師という節度を守らねばと思います。
翌日は終業式で、その後に2人で水族館に行くつもりでした。
すずめは獅子尾に告白しますが、獅子尾は「こういうのやめよう」と、水族館行きもキャンセルします。
目を見て言ってくれというすずめに、獅子尾は「好きじゃなかった」と答えました。
振られたすずめを抱きしめた馬村は、「俺のこと好きになればいいのに」と言います。
その現場をゆゆかに見られたすずめは、こんなにみんな傷つくなら、恋なんかしなくちゃよかったと思いました。

母から年末は帰国するというメールをもらったすずめは、田舎に戻ります。
正月が明けてからも、だらだらと実家にい続けたすずめは、新学期もさぼりました。
携帯も電源を切っており、馬村とゆゆかは心配して実家に押しかけます。
母は2人が来るのを知っており、晩ご飯を多めに用意していました。
夜、2人はすずめの家に泊まります。
ゆゆかはすずめに「あんたが何も言わなかったことに怒っている」と、相談してくれなかったことを指摘しました。すずめは「ゆゆかが大事だから言えなかった」と答えますが、ゆゆかは「大事だからこそ言うべき」と言います。
ゆゆかは馬村に告白して、振られていました。
すずめもその後、馬村にきちんと断ります。
馬村は「でも(学校に)帰ってこいよ」と言い、すずめは学校に戻りました。
今度泣く時は、誰かのためか、嬉しい時にと決め、獅子尾への気持ちはすぐには消えないものの、それを抱いたまま前へ進もうと決めます。

…2017年。
春になり、すずめたちは高校3年生になりました。クラス担任も、獅子尾ではなくなります。
入学してきた1年生の間で、馬村がもて始めました。教室まで見に来る女子生徒がいるために、誰かと付き合っている振りをすることになり、すずめがその役を担います。
手を繋いで帰宅するというのを1週間続けると、あっという間に1年生は寄って来なくなりました。

【結】- ひるなかの流星のあらすじ4

そのお礼を兼ねて、馬村はすずめを水族館に誘います。すずめは複雑な気持ちを抱えつつ、出かけました。
改めて馬村に「まだ好きだ」と告白されたすずめは、答えはいつでもいいと言われます。
翌日、早朝に家を訪問したすずめは、馬村に正直な気持ちを告白します。まだ獅子尾のことが好きかもしれないけれども、全力で馬村のほうを向く努力をすると言い、付き合ってくださいと答えました。
ふたりは付き合い始めます。

5月にクラスリレーが行なわれました。すずめは馬村に刺しゅう入りの鉢巻きを作りますが、獅子尾に見られて動転します。
獅子尾も一度はすずめへの思いを自制しましたが、すずめが馬村と親しくなっていくのを見て、心を動かされていました。
裁縫箱を落としたすずめを、獅子尾は思わず抱きしめます。抱きしめられ、すずめは動揺しました。

クラス対抗リレーで、アンカーを務める馬村と、青森先生の代わりに急遽、獅子尾が走ることになります。
応援しているすずめは、どちらを応援しているのか分からなくなりました。混乱します。
そんなすずめを見て、馬村はまだすずめが獅子尾に思いを残していることに、気付きます。
馬村はくじけそうになりますが、すずめに言われて受験のための合宿講習に参加しました。

打ち上げのために叔父・諭吉の店を借りてもいいかと打診されたすずめは、叔父に電話をかけ、獅子尾が事故に遭ったと聞きます。
馬村はそれを見て、獅子尾のところへ行けと肩を押しました。「自分の気持ちから逃げるなよ」と言われたすずめは、合宿を抜けて病院へ走ります。
その様子を、ゆゆかが見ていました。バカだと言うゆゆかに対して、馬村は「誰かの代わりに(すずめのそばに)いてやりたかった」と言います。
獅子尾は自転車とぶつかっただけで、軽傷でした。すずめが駆け付けたのを見て、獅子尾は「好きじゃなかったなんて言ってごめん。好きだよ」と言います。
獅子尾は叔父の諭吉に、すずめへの思いが変わっていないことを告げに店に来て、自転車にぶつかられたのでした。

すずめは獅子尾のことが「好きだった」と言います。確かに初恋だったと言ったうえで、「私がいま大切にしたいと思う人は、先生じゃない」と答えました。
獅子尾を前にしても、すずめが思うのは馬村のことでした。それに気付いたすずめは、合宿に戻ります。
馬村に「東京に帰ってちゃんと話してきた」と言ったすずめは、獅子尾と会っても馬村のことばかり考えていたと言います。
「私が馬村を幸せにするから」とすずめが言い、馬村はすずめにキスしました。
突然のことで戸惑うすずめに、改めて馬村はキスをします。
それを隠れて見ていたゆゆかは「あー、ムカつく」と言いながらも、すずめと馬村が両思いになったことを喜んでいました。
獅子尾は諭吉に、フラれたと報告します。
すずめは以前、昼間にも流星を見たことがあると思っていましたが、よく考えれば昼間にも見えないだけで星は存在するのだと気付きました。「見えないだけで、そばにあるもの」…それが馬村だと気付いたのです。

みんなの感想

ライターの感想

原作の漫画は未読。なので映画ワールドでしか語れなくて申し訳ない。
…いや正直、ラストですずめが馬村を選ぶとは思わなかった!! え、なんで!?
唐突な選択過ぎたように思えてならない。そのへんが上手に演出できてなかったよ~。
原作を知っていれば多少理解できるのかもしれないんだけど、特に馬村のよさも発揮されることもなく
(地味にならば、馬村のよさは出ていたとは思うが)
そのままラストまで突入したので、「うっそー」と声に出して言ってしまったよ。
もうちょっと馬村とすずめの付き合いを掘り下げてほしかった~。じゃないと共感できん~。

映画の感想を投稿する

映画「ひるなかの流星」の商品はこちら