「アオハライド」のネタバレあらすじと結末の感想

アオハライドの紹介:2014年公開の日本映画。別冊マーガレット連載中の咲坂伊緒による同名コミックを、本田翼、東出昌大ら人気若手俳優の出演で映画化した、青春ラブストーリー。お互いに思いを抱きつつも一度は離ればなれになってしまった男女が、高校生になってから再会し、思いを再燃させていく姿が、クラスメイトを交えた複雑な恋模様とともに描かれる。

アオハライドの主な出演者

吉岡双葉(本田翼)、吉岡双葉〔中学時代〕(田爪愛里)、馬渕洸(東出昌大)、馬渕洸〔中学時代〕(板垣瑞生)、槙田悠里(藤本泉)、村尾修子(新川優愛)、小湊亜耶(吉沢亮)、田中陽一(小柳友)、菊池冬馬(千葉雄大)、成海唯(高畑充希)、成海唯〔中学時代〕(柴田杏花)、洸と陽一の母親(岡江久美子)

アオハライドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①高校2年の双葉は、中学1年の時にひそかに両思いだった洸と4年振りに再会する。すっかり変化した洸だが、そこには両親の離婚や母の死など複雑な要因があった。 ②双葉は洸の心をほどき、洸もまた双葉に思いを寄せていく。そこへ長崎時代の同級生で洸と似た境遇の唯が現れる。 ③洸は長崎時代の4年間の思い出に決着をつける。唯も洸がずっと好きだったのは双葉だと告げ、双葉と洸は朝陽の中キスをした。

【起】- アオハライドのあらすじ1

吉岡双葉は高校2年の女子生徒です。双葉は恋愛よりも友情派で、女友達との付き合いを大事にしていました。
2年2組になった双葉は、本当はそこそこ可愛いのですが「女子力が低くガサツ」というイメージを売りにしています。女子の友だちを大事にしていました。
同じクラスに槙田悠里という女子生徒がおり、悠里は男子生徒に大人気です。双葉の周囲の女子生徒たちは、男子生徒にモテる悠里を「ブリッコ」と悪く言いますが、双葉は悠里のことを悪く思えません。
しかし女友だちを失いたくないので、中途半端な態度を取って周囲に合わせていました。
同じクラスに転校生が来ました。馬渕洸という冷めた感じの男子生徒です。洸は同じクラスの男子生徒・小湊亜耶と親しくなりました。
廊下で洸と会った双葉は、自分の初恋の男子生徒・「田中君」と似ていると思います。それは中学1年の時の話です。
…中学1年の時、双葉は田中君を好きになりました。雨を避けるために神社に避難した双葉に「急に降ってきたよね」と田中君は言って笑うと、タオルを頭にかけてぐしゃぐしゃっと頭を撫でてくれたのです。それが双葉の初恋でした。
田中君と双葉は、告白こそしないものの両思いな感じで、中1の夏祭りのポスターを双葉が見ていると、田中君は「7時、三角公園の時計のとこ」と言って去ります。
夏祭りの日、双葉は精いっぱいおめかしして浴衣で三角公園に行きますが、田中君は現れませんでした。新学期に田中君が転校したことを、双葉は知ります。
…そんなことを思い出していた双葉は、洸が田中君本人だと知って驚きました。洸の両親が中学1年の夏に離婚し、洸は母方の苗字・馬渕を名乗って長崎に移り住んだのです。
その母が亡くなったため、父方に引き取られ、戻ってきたのでした。
双葉は中学1年の時の田中洸君が好きでした。その頃の洸はよく笑う優しい子で、目が合うと必ず一度そらしてまた視線を合わせる…2人の間にはそんな暗黙の約束までありました。
しかし高校2年になった双葉の前に現れた洸は、ずけずけ物を言うクールで皮肉屋の男子生徒に変わっていました。
どうして変貌してしまったのだろう…考えてぼーっとした双葉は、昼食の購買部で万引き犯扱いされます。お会計は済ませたのに、別のオバサンに「金を払っていない」と言われたのでした。
双葉の女友だちは「認めて金を払ってしまえ」と、穏便に済ませようとしますが、双葉が金を払ったと主張してくれたのは、同じクラスの孤高の女子生徒・村尾修子と洸です。

【承】- アオハライドのあらすじ2

庇ってくれた礼を言う双葉に対し、洸は双葉の交友関係を「友だちごっこ」呼ばわりします。双葉は「友だちごっこでも、独りになるよりはまし」と思いますが、洸の言葉は心に残りました。
昼食時、悠里の悪口を言う女友だちに、双葉は「嫌いなら放っとけばいいのに、放っとけないくらい嫉妬してるのだ」と言ってしまい、女友だちを失います。その程度の軽い付き合いだったのです。
ひとり弁当を中庭で食べる双葉に、洸が「友だちは?」と皮肉を言いますが、双葉は何も言い返しませんでした。
洸が転校して行った後、双葉は今の悠里のように、クラスで女子生徒から村八分にされるいじめに遭っていました。中学時代はずっと独りで、だから高校生活はうまくやろうと思った双葉は、無理して周囲に合わせていたのです。しかしそんな自分が嫌いなのも事実でした。
無理に友だちに合わせていた…と言って泣く双葉を胸に引き寄せた洸は「まだ始めてもいねえじゃん、お前」と慰め、「それから、いい加減田中って呼ぶのやめなよ」とたしなめます。
では…と、双葉は「田中君」呼びから一足飛びに「洸」と呼びました。「いきなり呼び捨てかよ」と言いながら、洸は笑います。
まだ始めてもいない…その言葉は双葉の心に沁みました。1年間のクラスイベントを率いるイベントリーダーに、双葉は立候補します。
双葉が挙手したのを見て悠里も名乗りを上げ、修子も手を挙げます。修子が好きな小湊が洸を巻き込んで立候補し、イベントリーダー5人が決まりました。
4月26日と27日の土日に、イベントリーダーの合宿があります。双葉は独りで頑張ろうと努力して空回りしました。それを見ていた6組の菊池冬馬が、双葉を意識します。
学校行事の意義についてレポートを提出した後、朝陽を眺めた5人は「アオハルだよアオハル(青春のこと)」と小湊が言い、盛り上がると共に結束が高まりました。双葉は他のメンバーと親しくなります。
小湊ルールで「イベントリーダーは週1回集まる」と決まりました。
悠里が「馬渕くん(洸)のこと好き」と双葉に言い、双葉の意思を確認します。
中学時代の洸は好きだっただけで「今はなんとも(思っていない)」と答えた双葉ですが、気づくと目は洸を追っており、当の洸にも「俺のこと好きなの?」と聞かれた双葉は、悠里に後日訂正しました。やっぱり洸のことを好きだと言います。
悠里は双葉の発言を受け入れ、それを見ていた修子が突然「私は田中先生(イベントリーダーの会の担当教諭)が好き」とカミングアウトしました。

【転】- アオハライドのあらすじ3

洸への思いを自覚した双葉は洸のことをもっと知りたいと思い「なんで前の家に戻ってきたのか」と聞きますが、洸は「頼むからこれ以上俺の領域に踏み込んでくるな」と、過去の話を拒否します。以来、リーダー会も洸は来なくなりました。
2学期になるとすぐ修学旅行が始まるので話し合いをせねばならず、洸の家を訪れた双葉は、洸の兄が田中陽一先生だと知ります。
田中先生は双葉に、洸の事情を話しました。離婚で母について長崎に洸が行ったこと、その母が去年末期の肺がんと判明し、母の最期を看取ったのは洸だということ、母の死後「自分だけ楽しい思いをしてはならないのではないか」と思い込むようになったこと…。
洸は両親の離婚後、母のことを自分が支えようと考えました。必死で勉強して医者になって母に楽な生活をと思っていた洸は、受験勉強で忙しくて母の病気に気づけませんでした。
そうやって自分を責める洸に、双葉は「私たちが洸を大事に思う。責める奴がいたら私たちがぶっ飛ばす」と声をかけ、洸は救われた気持ちになって双葉を抱きしめます。
帰り道、夏祭りのポスターを見た洸は「7時、三角公園の時計のとこ」「今度こそ行くか、夏祭り」と双葉を誘いました。
しかし4年前と同じく、その年の夏も洸は祭りに来ませんでした。携帯に着信があり、「外せない用ができた」「今長崎にいる」と告げる洸の後ろで、女子の声が聞こえます。
2学期になり、学校に洸は来ましたがイベントリーダーの仲間によそよそしい態度を取ります。いつもスマホでLINEをいじっており、LINEの相手は女らしいと小湊が言いました。
悠里は双葉に、夏休みに告白して振られたことを告げました。図書館で洸を見つけた双葉は声をかけ、LINEの相手が長崎時代の同級生・成海唯と聞き出します。
唯から電話がかかってきたので洸は席を立ち、双葉は声をかけてきた菊池とハンバーガー店に行きました。
文化祭の日、双葉のクラスは「逆転メイドカフェ」をしました。女子生徒が執事の扮装を、男子生徒がメイドの扮装をします。唯が家出して洸に会いに来ました。
菊池が双葉に「後夜祭のステージを見に来てくれ」とチケットを渡します。ステージを見に行く双葉につられて洸と唯も会場に入り、追いかけて来た小湊が転んで洸に当たって、たまたま洸と双葉はキスしました。それを見た唯とステージ上の菊池はショックを受けます。
双葉は逃げ、追いかけて来た洸に「事故なんだし気にしない」と言いました。「じゃあ事故じゃなきゃいいの?」と洸は言い、教室で双葉にキスします。

【結】- アオハライドのあらすじ4

洸は唯の事情を説明しました。唯も洸と似た境遇を持っています。唯は両親の離婚で父方に引き取られ、洸がドタキャンした夏祭りの夜は、唯の父親の通夜の日でした。「あいつの気持ちが分かるから、相談に乗っている」と洸は言います。
唯が保護されたと兄の田中先生から連絡が入り、洸と双葉は警察に行きました。洸には「母に引き取られて、そっちで暮らすことになった」と洸に言った唯は、本当は家出していました。
新しい家族がいて母に引き取りを拒否された唯は、長崎の親戚の家に預けられていました。親族会議で引き取り先が見つかるまで唯は母が預かることになり、それを知った洸は突っぱねることができなくなります。
翌日から洸は学校を欠席し、唯に付き添いました。唯に「洸を解放してやってほしい」と双葉は言いますが、「やだよ、うちには洸ちゃんしかおらんけん」「正義漢ぶって理由見つけて」と唯にやりこめられます。
洸と会った双葉は「納得するために、ちゃんと振られにきた」と言い告白しました。洸は「俺、吉岡(双葉)とは付き合えない」と答えます。
洸に唯は「洸ちゃんと分かり合えっとは、うちだけやけん」と言い、双葉には菊池が接近しました。菊池に告白された双葉は悩みますが、菊池といれば早く洸のことを忘れられそうな気がするとも考えます。
それを横で見ていた小湊が、洸に「自分の幸せ考えられない奴が、他人の幸せ考えられるかよ」と力説しました。
洸に何もしてやれないと落ち込む小湊に修子がアドバイスし、小湊は修学旅行の計画を変更します。行き先に長崎を加えたのでした。さらにバスでは露骨に双葉と洸を隣の席にします。
洸と双葉が一緒にいるところを見た菊池は、強引に双葉にキスし「俺なら離したりしないから」と言いました。
自由行動の日、悠里が菊池に「双葉を貸してください」と言います。双葉は「長崎の4年間の思い出の地を振り返る旅」に、洸を連れ出しました。
受験勉強の時に母の声がかすれていたことを思い出した洸は「どこで間違えたんだろう」と言いますが、双葉は「一度間違えたらおしまいなのかな。正解ばかりの人なんていない」と答えます。
母との思い出を振り返った洸は、最後に教会に行きました。母がよく来ていた教会です。母が「自分の病気が治るよう」祈りに来ていたのだと思っていた洸は、寄せ書きでいつも自分のことを祈ってくれていたことを知り、泣きます。
…夜、双葉は菊池と会い交際を断りました。その後双葉は唯に呼ばれて洸の通った中学校へ行きます。
美術室の机には「三角公園7時」「ヨシオカフタバ」と彫られていました。彫ったのは洸です。
「洸ちゃんの時計を動かしてあげて」と唯に言われた双葉は「アオハルは間違える、でも、回り道こそがアオハル」と洸のところへ走りました。
メールを受けた小湊、悠里、修子は朝陽を見て、朝陽の見える高台で双葉と洸はキスしました。
(エンド後)バスの中で爆睡の5人。田中先生はそれを見て笑う。

みんなの感想

ライターの感想

…見えなくはない。が、ちょっとキツいな、東出昌大の高校生役。
この制服だとまだましか。この映画の少し後に公開された『寄生獣』でも高校生役を演じた東出昌大だが、寄生獣では正直、高校生役には無理があった。
だってもう20代半ばじゃん(『アオハライド』当時でも!)。しょうがないよね。
展開としては「ああ、もろ少女漫画」な感。
照れくささ満載のラブストーリーと、くさいくらいのアオハル(青春)が混じってる…ということは、成功なのか。
10代の女の子にはオススメかな。20代以上になると…ちょっと内容的に無理があるかも。
(だってありえないシチュエーションのオンパレードだから、突っ込み入れたくなるのだ!)
  • kyotonaito100さんの感想

     私はこの映画に出演している女優が好きで、この「青春恋愛」映画を見ました。
     予想通り、出演女優が可愛かったのと、ストーリーも気に入りました。
     現実の世界でも、男女とも、これくらいの年齢になれば、「恋愛」というものに自覚すると思います。
     今の時代はもっと早いかも知れませんが。
    現実世界の恋愛をそのまま映画にしている感も良かったです。
    また、こういう映画があれば見てみたいです。
     

映画の感想を投稿する

映画「アオハライド」の商品はこちら