映画:アデライン100年目の恋

「アデライン100年目の恋」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ラブストーリー

アデライン、100年目の恋の紹介:2015年製作のアメリカのロマンスファンタジーで、ある事故をきっかけに29歳で老化が止まってしまった女性の姿を描いていく。テレビシリーズ「ゴシップガール」で人気を博したブレイク・ライヴリーが秘密を抱え苦悩するヒロインを演じた。

あらすじ動画

アデライン100年目の恋の主な出演者

アデライン・ボウマン(ブレイク・ライヴリー)、エリス・ジョーンズ(ミキール・ハースマン)、ウィリアム・ジョーンズ(ハリソン・フォード)、フレミング(エレン・バースティン)

アデライン100年目の恋のネタバレあらすじ

【起】– アデライン100年目の恋のあらすじ1

ジェニーは整った顔立ちと美しい金髪を持ち、博学で何か国語もの言葉を操るパーフェクトな美女。

しかし、彼女には決して他人に明かせない秘密がありました。

博物館で働くジェニーはニュースフィルムのデジタル化作業をしながら、自分の思い出を振り返っていました ジェニーの本名はアデライン・ボウマン。

1908年に生まれたアデラインは本来であれば100歳を超える老人です。

アデラインはかつて愛する夫と娘とともに幸せな家庭を築いていましたが、ある日突然夫の死という不幸に見舞われてしまいます その後、アデラインは奇妙な出来事を体験します。

ある夜、冬でも温暖なサンフランシスコ・ソノマ郡に大雪が降り、雪道を車が横転、アデラインは極寒の川の中に落とされてしまいます。

無酸素状態となり心臓が停止するアデラインところが、そのアデラインの体に稲妻が落ち、彼女は奇跡的に生還します。

しかし、それ以来彼女の体は加齢を停止させていました。

外見と実年齢の不一致は周りに不審がられ、特異な性質を持つアデラインはやがて国家にすら狙われる存在にその状況に耐えかねたアデラインは、娘と別れ名前を偽る生活を送ることを決断。

その頃には、娘はもはや中年期を迎えていました。

それ以来、アデラインは名前と身分を偽装し続け、写真に写ることも拒否してきました様々な街を転々とし、今はジェニーとしてサンフランシスコに再び暮らすアデラインでしたが、そろそろこの街を離れオレゴンの娘の元へ身を寄せようと考えていました。

そんなある日、ジェニーの前にエリスという青年が現れます。

大晦日パーティーからの帰り道、エリスから猛烈なアプローチを受けるジェニーしかし、もう恋をしないことを決めたジェニーは、エリスにそっけない態度で応対するのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アデライン100年目の恋」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×