映画:アデルの恋の物語

「アデルの恋の物語」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

アデルの恋の物語の紹介:1975年のフランス映画。フランスの文豪ビクトル・ユーゴーの娘アデルの執念に満ちた狂気的な愛を綴った実話。原作はフランセス・V・ギールの『アデル・ユーゴーの日記』で、壮絶な偏愛のストーリーをヌーヴェル・ヴァーグの巨匠フランソワ・トリュフォーが映像化した。

あらすじ動画

アデルの恋の物語の主な出演者

アデル(イザベル・アジャーニ)、アルバート・ピンソン(ブルース・ロビンソン)、サンダース夫人(シルヴィア・マリオット)、ホイスラー(ジョゼフ・ブラッチリー)、催眠術師(イヴリー・ギトリス)

アデルの恋の物語のネタバレあらすじ

【起】– アデルの恋の物語のあらすじ1

時は1863年、南北戦争が勃発。イギリスは植民地であるカナダのハリファックスに軍隊を送りました。港には密猟者や密航者、スパイなどが絶えず、入国時には厳しい取り調べが行われていました。

ある夜、ヨーロッパから辿り着いた商船の乗客の中に、美しく上品な娘がいました。娘の名はアデル。この地に身寄りもないアデルでしたが、古くひなびたホテルは彼女の趣向には合わず、下宿を営むサンダース家に身を寄せることに。なぜかアデルは下宿先で”ルーリー”と偽名を名乗りました。

翌日アデルは公証人の事務所を訪ねると、第16英軽騎兵連隊のピンソン中尉の捜索を依頼します。彼女の姪がピンソンと結婚の約束をしたのに、彼から音沙汰がないとのこと。姪のためにとアデルは訴えましたが、実は彼女こそがピンソンを追って、たった1人この地までやって来たのです。アデルにとって心操を捧げた男がピンソンでした。

アデルは女連れで町の本屋から出て来るピンソンを見かけると、本屋の主人ホイスラーに彼の噂を聞き出します。彼は借金だらけと専らの噂ですが、アデルにはそんなことはお構いなしでした。彼女は手紙や執筆をするために、この店で大量の紙を購入し上客となります。

サンダース家の主人が第16連隊の歓迎会に出席をすると聞いたアデルは、ピンソン宛の手紙を主人に託します。「この町にいる」とピンソンへの愛を綴ったアデルでしたが、彼から返事は来ませんでした。封筒を見たピンソンは中身も見ずに手紙をポケットにしまい込んだのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アデルの恋の物語」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×