映画:アントワーヌとコレット

「アントワーヌとコレット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アントワーヌとコレットの紹介:1962年の短編映画。世界5都市での恋愛を描いたオムニバス映画『二十歳の恋』のパリ編で、監督・脚本はフランソワ・トリュフォー。トリュフォーの前作『大人は判ってくれない』の続編にあたる作品で、全5作に渡ってジャン=ピエール・レオが主人公アントワーヌを演じた『アントワーヌ・ドワネルの冒険』シリーズの第2弾。恋愛のイロハもまだ分からない17歳のアントワーヌのほろ苦き恋模様を綴る。

アントワーヌとコレットの主な出演者

アントワーヌ・ドワネル(ジャン=ピエール・レオ)、コレット(マリー=フランス・ピジェ)、ルネ(シルヴィア・マリオット)、コレットの母(ロジー・ヴァルト)、コレットの父(フランソワ・ダルボン)、アルベール(ジャン=フランソワ・アダン)、ナレーション(アンリ・セール)

アントワーヌとコレットのネタバレあらすじ

【起】– アントワーヌとコレットのあらすじ1

※主人公・アントワーヌの過去については、前作『大人は判ってくれない』をご覧ください。

17歳になったアントワーヌは、レコード会社に就職しました。パリ市内にアパルトマンを借り、両親とは離れて自活しています。眠い目を擦りながら毎朝定時に起きては、きっちりとジャケットを羽織って出勤。業務であるレコードの梱包も真面目にこなし、不良だった幼少期とはかけ離れたような暮らしぶりです。その一方で、音楽好きの彼は朝からレコードを聴いてタバコをふかし、パリ市内が一望できる部屋の窓から景色を眺め、1人暮らしを堪能していました。

アントワーヌの小学生時代からの友人ルネとは、今でも交流があります。ある日ルネと共にクラシックコンサートに出掛けたアントワーヌは、前方の席に座っていた色っぽい少女コレットに目を奪われました。アントワーヌは楽団の演奏もそっちのけ。コレットの様子が気になって仕方がありません。何度も視線を送るアントワーヌに、コレットも気付いたような、そうじゃないような…。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

『大人は判ってくれない』のラストシーンが印象的だっただけに、その後のアントワーヌが描かれるとは、なんとうれしや。美しい構図と風情あるパリの街並みがスタイリッシュな一方で、前作同様に生々しいストーリー。うまくいかなかった若き日の自分の恋が重なるようでした。
アントワーヌのシリーズ中、今作まではトリュフォーの自叙伝とも呼べる内容らしいです。後に制作されたトリュフォーのラブストーリーでは、屈折した恋愛観が描かれていることが多く、原因はコレットとの恋なのかな?と思ってしまいました(苦笑)。

映画の感想を投稿する

映画「アントワーヌとコレット」の商品はこちら

IMAGE

アントワーヌとコレット・夜霧の恋人たち〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選2〕 [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
日本ヘラルド映画(PCH)
ジャン=ピエール・レオー(出演),デルフィーヌ・セイリグ(出演),クロード・ジャド(出演),マイケル・ロンズデイル(出演)…

Amazonで見る