「アンナカレーニナ (2012年)」のネタバレあらすじと結末の感想

アンナ・カレーニナ (2012年)の紹介:イギリス製作による歴史ロマンス。「つぐない」で監督&主演コンビを組んだジョー・ライトとキーラ・ナイトレイがロシアの文豪レフ・トルストイの小説を映画化した。美しい人妻と若き青年の道ならざる恋を舞台劇さながらの演出で華やかに描いた。第85回アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。

予告動画

アンナカレーニナ (2012年)の主な出演者

アンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)、アレクセイ・カレーニン(ジュード・ロウ)、アレクセイ・ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)、リョーヴィン(ドーナル・グリーソン)

アンナカレーニナ (2012年)のネタバレあらすじ

【起】- アンナカレーニナ (2012年)のあらすじ1

舞台は1874年、帝政ロシア。アンナ・カレーニナは政府要人の夫カレーニン、幼い息子セリョージャとともにサンクトペテルブルクで幸せな毎日を送っていました。そんなある日、モスクワに住む兄から一通の手紙が届きました。浮気が妻にばれ、夫婦関係が破綻寸前になっているといいます。アンナは兄夫婦の関係修復のため、単身モスクワへ汽車で向かうことになりました。

モスクワに着くと、アンナは一人の青年将校と出会いました。その直後、整備士が汽車にひかれる事故が起きますが、青年はすぐに整備士の遺族のために資金援助を申し出ました。青年の名前はアレクセイ・ヴロンスキー、奇しくも夫と同じ名を持つその青年の端正な顔立ちと紳士的なふるまいに、アンナは強い印象を受けました。

後にアンナはヴロンスキーが兄嫁の妹キティの恋人であることを知ります。良識を重んじるアンナはヴロンスキーのことを忘れようとしますが、モスクワで行われた舞踏会でヴロンスキーにダンスの相手を求められてしまいます。一度は断るアンナでしたが、ヴロンスキーの熱意に負けダンスを踊ることに。ヴロンスキーもまたアンナに惹かれていたのです。二人のダンスは情熱的なものとなり、舞踏会で一際目を引きました。

アンナはキティに配慮してダンスが終わるとすぐに舞踏会から去り、サンクトペテルブルク行きの汽車に乗り込みました。ところが、その汽車にはヴロンスキーも乗り込んでいました。アンナはヴロンスキーの愛の言葉を拒みますが、そう言いつつもヴロンスキーはアンナの心の中で忘れようもない存在となっていました。それに加えて、ヴロンスキーがサンクトペテルブルクに滞在を続け、アンナがいるところに必ず現れるようになったことがアンナの心をさらに乱していきました。

【承】- アンナカレーニナ (2012年)のあらすじ2

アンナはヴロンスキーのことを避けるようにしていましたが、ある舞踏会の夜、二人はついに言葉を交わしてしまいます。もしもこのまま自分を拒み続けるなら、遠く離れた赴任地に行く…半ば脅すような口調でヴロンスキーはアンナの気持ちを試してきました。アンナは貞淑な妻を演じようとしますが、去り際についに「行かないで」と言ってしまいます。

妻とヴロンスキーとの噂を聞きつけたカレーニンはアンナにそれとなく注意しますが、その忠告はアンナの心に届くことはありませんでした。アンナはヴロンスキーがいる駐屯地近くにある別荘に滞在するようになり、二人は情を交わすようになっていたのです。破滅に続く道とアンナはわかっていましたが、二人の愛はもう止めることができなくなっていました。そして、間もなくアンナは妊娠。ヴロンスキーはアンナとの駆け落ちを真剣に考えるようになります。

そんな中、仕事の合間を縫ってカレーニンが別荘を訪れました。妻の不貞の噂を知り、真相を確かめに来たのです。アンナは何事もないようにふるまいますが、思いがけないところでヴロンスキーとの仲を露呈してしまいます。競馬レースに出場したヴロンスキーが落馬し、その瞬間アンナが「アレクセイ!」と叫び取り乱してしまったのです。もちろん、アンナが呼んだのはその場に同席していた夫の名ではありませんでした。

その帰り道、アンナは夫にヴロンスキーとの仲を告白しました。寛大なカレーニンはいますぐ関係を断てば妻の地位は保証すると話しますが、アンナはヴロンスキーとの仲を諦めるつもりはまったくありませんでした。

しかし、お腹がどんどん大きくなるにつれ、アンナの心は次第に不安定になっていきました。それにとどめをさすかのように、アンナはカレーニンに堕落した女と呼ばれ、幼い息子を取り上げられてしまいます。アンナはヴロンスキーにもきつくあたるようになり、二人の愛から次第に情熱が失われていきました。

【転】- アンナカレーニナ (2012年)のあらすじ3

アンナたちの行動で傷ついていたのはカレーニンだけではありませんでした。ヴロンスキーの恋人キティはアンナの思いがけない略奪に深く傷ついていました。そんなキティに優しい言葉をかけ癒してくれたのが、青年リョーヴィンでした。ヴロンスキーという存在がいたために、リョーヴィンは一度キティへの思いを諦めていました。しかし、傷心を癒すために農村で過ごしていく中で精神的に成長し、再び愛するキティの前に現れたのです。キティはリョーヴィンの一途な思いに心を動かされていきます。

それから間もなく、自宅を離れていたカレーニンの元にアンナから手紙が届きました。産後の調子が悪く、死にそうな思いをしているといいます。カレーニンが自宅に戻ると、ヴロンスキーが横たわるアンナの傍らにいました。隣室にはアーニャと名づけられた幼子もいました。アンナはカレーニンを聖人と呼び、許しを乞うてきました。カレーニンは不思議と妻と浮気相手を許す気が起こり、ヴロンスキーとの別れを条件に再びアンナを妻として受け入れることを決めました。

ところが、体調が回復したアンナはカレーニンとの約束を破り、ヴロンスキーとともに姿を消してしまいます。二人は南の海辺の町でゆっくり過ごした後サンクトペテルブルクに戻りましたが、夫を裏切ったアンナを社交界が受け入れることはありませんでした。何食わぬ顔で劇場にやってきたアンナに人々は明らかな嫌悪感を示したのです。加えて、アンナはヴロンスキーが自分より若い娘と会話しているのを見てしまいます。彼女はソロキン家の令嬢で、ヴロンスキーの母親が息子の妻として迎えいれたいと考えている女性でした。

【結】- アンナカレーニナ (2012年)のあらすじ4

この夜以来、アンナはヴロンスキーの自分への愛に疑いを持つようになり、酒とモルヒネを飲む日々を過ごすようになりました。ある日、ヴロンスキーがアンナと結婚できるよう母親を説得するために実家に行こうとすると、アンナはあの令嬢と会うことが目的と決めつけヴロンスキーをなじりました。ヴロンスキーになだめられ一度は落ち着きを取り戻すアンナでしたが、家の前に停まった馬車にはあの令嬢が乗っており、意地悪い笑顔をアンナに見せてきました。ヴロンスキーは母親の使者だと説明しますが、夫も子どもも社交界での名誉も失い、今まさにヴロンスキーまでも失おうとしている現実にアンナは絶望してしまいます。

ヴロンスキーが出掛けた後、アンナは深紅のドレスに着替え、一人駅へと向かいました。駅のホームの椅子に座り、一人涙を流すアンナ。やがて汽車が近づいてくると、アンナは立ち上がりました。「ああ、神さま、お許しを」。そう言ってアンナは轟音を鳴らしながら走る汽車に飛び込みました。汽車にはねられ、線路上に倒れるアンナ。生気のうせたその顔には、一筋の血がたれていました。

それと同じ頃、リョーヴィンはキティとともに幸せな家庭を築いていました。キティはリョーヴィンの病弱な兄を懸命に看病し、子どもを産んでからはリョーヴィンに安らぎを与えていました。浮気騒動で揺れていたアンナの兄夫婦の家庭にも、平穏が訪れていました。そして、アンナの死から数年後、カレーニンは子どもたちともに花畑を訪れていました。ゆったりと椅子に腰かけながら読書を楽しむカレーニン。そのすぐそばでは、セリョージャが幼いアーニャと遊んでいました。

みんなの感想

ライターの感想

舞台劇仕立てという演出がとても独特な作品です。イギリス人スタッフ、キャストによるロシアが舞台の作品ですが、この演出手法によりロシアらしからぬ不自然さがかなり排除され、物語の悲劇性が際立ちます。また、この演出が最も輝くのは、舞踏会におけるダンスシーンだと思います。主人公たちだけにスポットライトが当たり、華麗な衣装で踊る美男美女の姿には思わず見とれてしまいます。

映画の感想を投稿する

映画「アンナカレーニナ (2012年)」の商品はこちら