「ウォーク・トゥ・リメンバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

映画「ウォーク・トゥ・リメンバー」の感想

ライターの感想

ラストは涙・涙・涙の名作です。さすがニコラス・スパークス原作の作品、涙なしでは語れません。しかしながら、ストーリー全体を通しても重くなく、フレッシュな高校生の恋愛物として楽しめます。ロマンティックで美しいシーンも沢山あり、物語にグッと引き込まれます。ラストは感動ですが、それだけでなく、どこか爽快でスッとした気分になれます。悪い子たちだったランドンの仲間たちも、最後は2人を温かく見守ってくれ、悪い人が出てこず周りの人たちが皆優しいのが魅力です。優しい気持ちになり、胸が温かくなる作品です。これぞニコラス・スパークス!素敵な作品で、もっと早くに見ておきたかった作品です。本国ではヒットした作品ですが、日本ではあまり…知られていない感じでしょうか…。ジェイミー役のマンディ・ムーアが歌う映画のエンディングテーマ曲「CRY」のPVでは、映画のその後が描かれており、そちらも必見です。
    1 2 3 4 5

    「ウォーク・トゥ・リメンバー」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×