映画:エレニの帰郷

「エレニの帰郷」のネタバレあらすじと結末

ラブストーリー

「ユリシーズの瞳」などで知られるテオ・アンゲロプロスの遺作。二十世紀を背景に、母エレニと、彼女と愛を交わした男二人の動乱の人生を、息子である主人公”A”の観点から描く。

あらすじ動画

エレニの帰郷の主な出演者

A(ウィレム・デフォー)、エレニ(イレーヌ・ジャコブ)、ヤコブ(ブルーノ・ガンツ)、スピロス(ミシェル・ピッコリ)

エレニの帰郷のネタバレあらすじ

【起】– エレニの帰郷のあらすじ1

二十世紀末ローマ。

映画監督”A”は、難解な撮影を続行させるために、両親の人生を振り返っていた。

―…”A”の母エレニは、女子大生時代に秘密警察に逮捕され、テサロニキ収監所に送られてしまう女性囚人と共になんとか脱走できたものの、エレニは恋人のスピロスと離れ離れになってしまった。

その後エレニはウズベキスタンで、イスラエル難民のヤコブと知り合い、行動を共にする。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「エレニの帰郷」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×