映画:オオカミ少女と黒王子

「オオカミ少女と黒王子」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

オオカミ少女と黒王子の紹介:2016年5月28日公開の日本映画。テレビアニメにもなった八田鮎子の人気コミックを、二階堂ふみ&山崎賢人主演で映画化したラブストーリー。恋愛経験ゼロなのに彼氏との恋話をする嘘つき少女と、彼氏のふりをする代わりに無理難題を強いるドSな人気の男子が繰り広げる恋の騒動を描く。漫画や小説などラブストーリーの映画化に定評のある廣木隆一がメガホンを握る。

あらすじ動画

オオカミ少女と黒王子の主な出演者

篠原エリカ(二階堂ふみ)、佐田恭也(山崎賢人)、神谷望(鈴木伸之)、三田亜由美(門脇麦)、日比谷健(横浜流星)、手塚愛姫(池田エライザ)、立花マリン(玉城ティナ)、日下部憂(吉沢亮)、佐田怜香(菜々緒)

オオカミ少女と黒王子のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ぼっちの高校生活を嫌ったエリカは彼氏持ちのグループに入ってしまい、彼がいると嘘をついてしまう。写真を見せろと言われて町で見かけたイケメンを見せると、それは同じ高校の恭也だった。恭也は「フリをする代わりに俺の犬になれ」とエリカに言う。 ②フリの恋人同士を演じているうちにエリカは恭也を好きになり告白するが、恭也は相手にしない。エリカは女子グループから疎外されるのを承知で真実を告白し、「脱・オオカミ少女」を図った。 ③エリカが本当に離れて行くと知った恭也は、自分の気持ちを知り、エリカに告白。両思いになる。

【起】– オオカミ少女と黒王子のあらすじ1

オオカミ少女と黒王子のシーン1

画像引用元:YouTube / オオカミ少女と黒王子トレーラー映像

篠原エリカは、共学の高校1年生女子です。

高校に入学して最初に入った女子のグループのマリンや愛姫には彼氏がいて、エリカはまだ誰とも付き合ったことがないことが言えません。

つい見栄を張って自分にも彼氏がいると言ってしまいますが、今度は周囲に話を合わせることが大変になりました。

中学時代からの親友・三田亜由美(通称・さんちゃん)は女子高に進学し、現在は違う学校に通っています。

エリカは亜由美に頼んで「彼氏からの電話の振り」をしてもらいますが、彼氏の写真を見せろと言われて困っていました。

その日も「拘束プレイ」について話を振られたエリカは「やってみれば?」と経験済みのような見栄を張ります。

慌てて「ダーリンからの電話」と話を切り上げますが、トイレでマリンと愛姫の会話を聞き、疑われていると気づきました。いまさら本当のことを話しても、クラスのグループはすでに固まってしまっていますし、「ぼっちの高校生活は嫌」なのです。

善後策を亜由美と渋谷のカフェで話している時「めちゃカッコいい」と噂される男子が通りかかり、エリカはスマホ片手に後をつけました。前に回り込んで連写し、亜由美が「あれ、なんだろー」とフォロー(?)を入れて立ち去ります。

イケメンの男子の写真を撮り、「これで彼氏ができた」と満足したエリカですが、それが地獄の高校生活の始まりだとは知りませんでした…。

翌日、早速「叱られるけど」と言いながら彼の写真を見せると、女子友達グループ4人の1人が「8組の佐田恭也じゃん」と言います。まずいと思ったのですが、女子たちは見に行こうと言い出し、エリカは急いで後を追います。

「昨日の盗撮女」と言いかけた恭也の腕を組むように引っ張って行ったエリカは、恭也に「何かワケありなんでしょ。話くらい聞くよ」と優しく言われました。「王子様みたい」と思ったエリカは、詳しい事情を話します。

話を聞いた恭也は「彼氏の振りすればいいんだよね」と言いエリカは感謝しますが「じゃあ3回まわって、お手から『ワン』だな」と言われて戸惑いました。「お前が俺の犬になるなら、こんな茶番付き合ってやるっつったんだよ」とさわやかスマイルから一転、豹変します。「嫌なら別にいいんだけど、オオカミ少女さん」と言われたエリカは、女子にハブられる(仲間外れにされる)のが怖くて従いました。

「いいヒマつぶしになりそう」「せいぜい可愛がってやるよ、ポチ」と言って、恭也はエリカの頭を撫でました。

弟が2人いる亜由美の家でエリカは報告しますが、他に道はないと言われます。

翌日からエリカの犬生活が始まりました。呼ばれると飛んでいき、いうことをきかねばなりません。振った炭酸入りのドリンクを渡されても、文句は言えません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「オオカミ少女と黒王子」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×