映画:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のネタバレあらすじと結末

ラブストーリー

現在放映中のティルダ・スウィントン・トム・ヒドルストンが主演を勤めるヴァンパイア映画。何世紀にも渡って生き続ける宿命のヴァンパイアの生き様を現代の自己破滅的な人間の多さを嘆いた風刺的映画。

あらすじ動画

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの主な出演者

トム・ヒドルストン(アダム役)、 ティルダ・スウィントン(イヴ役)、 ミア・ワシコウスカ(エヴァ役)、 ジョン・ハート(マーロウ役)

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴのネタバレあらすじ

【起】– オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴのあらすじ1

何世紀にも渡り命が続くヴァンパイアが4名出てくることから始まる。

イヴとアダムは何百年もの間愛し合う夫婦であるが、別々に暮らしている。

イヴはモロッコに、アダムはアンダーグラウンドのミュージシャンとしてデトロイトで生活をしている二人の主食は血液のみなのだが、人を襲う事を避け、各々人伝えに入手している。

アダムは知り合いの医師から血液を購入し、イヴはマーロウという文豪家である老ヴァンパイアから血液を共有して貰っていた。

ある日アダムの住むデトロイトにイヴが訪問するのだが、それと同時期に問題児のイヴの妹、エヴァが二人の前に姿を表わしたのだった

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×