「カプチーノはお熱いうちに」のネタバレあらすじと結末の感想

ラブストーリー

カプチーノはお熱いうちにの紹介:2013年制作のイタリア映画。南イタリアを舞台に、運命の出会いを果たした恋人たちの13年の波乱の日々を描いている。原題はALLACCIATE LE CINTURE。フェルザン・オズペテクが監督を務め、カシア・スムートニアックとフランチェスコ・アルカ主演で贈る作品。

予告動画

カプチーノはお熱いうちにの主な出演者

エレナ(カシア・スムートニアック)、アントニオ(フランチェスコ・アルカ)、ファビオ(フィリッポ・シッキターノ)、シルヴィア(カロリーナ・クレシェンティーニ)、ジョルジョ(フランチェスコ・シャンナ)、アンナ(カルラ・シニョーリス)、カルメラ(エレナ・ソフィア・リッチ)、エグレ(パオラ・ミナッチョーニ)、マリクラ(ルイーザ・ラニエリ)、ディアーナ(ジュリア・ミケリーニ)

カプチーノはお熱いうちにのネタバレあらすじ

【起】- カプチーノはお熱いうちにのあらすじ1

土砂降りの雨の中、エレナはバスを待っています。屋根のあるバス停の中は人でいっぱいです。移民の人たちがやってきて、お婆ちゃんが足を踏まれたと怒ります。
エレナが差別発言は止めるように言うと、お婆ちゃんはヒートアップします。ぎゅうぎゅう詰めの中で、アントニオが出てきて移民は嫌いだと言ってきます。エレナは彼に激怒して、アントニオは歩いて帰っていきます。
カフェ「タランチュラ」で働くエレナは、人手不足で忙しく働いています。小言を叩いていると、客が多くくれば給料が上がるのよと上司に言われます。
親友のファビオが遅刻してきて、早く着替えてとエレナは言います。仕事が終わって、自宅でエレナは2年付き合っているジョルジョとイチャついていました。カルメラ叔母さんがいて驚きます。ジョルジョは帰っていきます。
アントニオはシルヴィアの彼氏で、どこがいいのとエレナはシルヴィアに聞きます。体の相性が最高なのだとシルヴィアは言います。アントニオはカフェで働くエレナを酒を飲みながら、じっと見つめます。
ファビオは大学から近い空き店舗を見つけて、エレナに紹介します。市が経営者を募集しているので、ジョルジョを保証人にして店を開くことを考えます。
エレナが仕事の準備をしていると、アントニオは自分とエレナが正反対だねと声をかけてきます。エレナは手が放せないので、アントニオがいるすぐ近くの文字を読んでと頼みます。
アントニオが上手く読めずにいると、識字障害なのとエレナは怒りながら聞きます。アントニオはそうだと答えて出ていきます。エレナは手を止めて、彼の後ろ姿を見つめます。
カフェのテラスで、アントニオはうたた寝をしています。彼をじっと見つめてしまうエレナでした。その様子をシルヴィアは見ていて微笑みます。
ある日、上司からあの人にビールをとエレナは言われます。頼んだ人物はアントニオでした。彼はビールを飲んだ後、店を出て行きます。
エレナは薬局に行くと飛び出して彼を追いかけます。そしてアントニオのバイクの後ろに乗ります。
アントニオの職場の整備工場に到着して、二人は見つめ合います。エレナはアントニオの服のジッパーを降ろします。アントニオの同僚が帰ってきてジッパーを戻します。

【承】- カプチーノはお熱いうちにのあらすじ2

ある日、エレナはアントニオと人のいない海へ行きます。車が飛び出してきて、アントニオは激怒して注意をします。その後、二人きりで泳いで体を重ねます。お互いに恋人から携帯に電話がかかってきて笑います。
この時、ファビオとジョルジョ、シルヴィアが空き店舗を見に来ていました。どのような店にするか考えていて、ジョルジョはシルヴィアと二人きりになります。アントニオとエレナがバイクに乗って空き店舗を訪れます。エレナが扉を開けて目が点になります。
店がオープンして、13年間ありがとうと書かれたパーティーが開かれています。働き詰めのエレナは今こそ事業拡大とファビオに相談します。ファビオは仕事に没頭したくないと現状維持を支持します。
仕事が終わって、エレナは預けていた息子と娘を迎えに行きます。帰ってくると、旦那のアントニオがリビングを散らかしていてベッドで甘えてきます。
アントニオのバイクも、車のローンも腕時計、プールの支払いもエレナが払っていました。整備工場に行く以外、暇なんでしょとエレナは怒ってきます。今日のお出かけは中止と子供達は服を脱ぎます。
エレナが乳がんの検診を受けると、医師からレントゲンを見せてもらいながら説明をされます。一人座ってエレナは泣き崩れます。
エレナはアントニオや叔母さん、母、ファビオに乳がんの結果を知らせます。医師の説明から、どれも陽性だったことを皆に話します。初期だから完治するのではと聞き返されます。
エレナは完治することはできず、今日から化学療法をすることになったと言います。今まで通りにはいかないと言うと、アントニオは家具を投げてバイクに乗って出ていきます。
エレナの母は面倒をみると言って、娘にもし逝かれたらと考えると辛い様子です。天涯孤独な叔母が変わってあげられたらと言います。
母と叔母、ファビオが付き添う中、エレナは病院に行って治療を行います。ファビオが車で送ってくれますが、彼が吐き始めてしまいます。エレナは代わりに副作用をうけてくれたのと言います。
エレナはアントニオの不倫相手の働く美容院に行って、彼女からアントニオの居場所を聞きます。アントニオは朝に別れを告げて出ていったと言います。エレナも騒ぐつもりはないと言って、不倫相手の美容師は無料でカツラを作るわよと言います。エレナは赤色の髪で頼むと言って去ります。

【転】- カプチーノはお熱いうちにのあらすじ3

夜になって、アントニオが自宅に帰ってきます。エレナは子供達が寝たことを伝えて、野菜スープならあると言います。アントニオは温めずに食べると言って、俯きながらエレナと会話をします。
エレナは翌日出勤して、市長が来たので注文を受けに行きます。しかし気分が悪くなって倒れます。ファビオが慌てて駆けつけます。
病院に運ばれたエレナは眠っていて、母と叔母が慌てて喋ります。アントニオとファビオが黙ってエレナを見守ります。
アントニオはファビオと店で二人で飲みます。ファビオは幼いころ、美少年の男の子に恋をしたと言います。
二人きりでズボンを降ろしてるのを父に見つかって、大声でオカマがいるぞと叫ばれてショックを受けた昔話をします。
父に禁じられて、それから彼とは会えなくなったとファビオは言います。しばらくして彼は海の事故で亡くなりました。
そして彼のお姉さんと親友になったのです。アントニオはエレナ?と聞き返すと、ファビオは頷きます。
病院のベッドで横たわっているエレナの前に医師たちが治療について話します。その中にカフェに度々勉強しにきていたディアーナがいるのをエレナは見つけます。
エレナが声をかけると、ディアーナもエレナを覚えていました。二人はカプチーノの言葉で笑顔になります。
アントニオの不倫相手の美容師がショートヘアのカツラを用意してくれて、エレナはそれを被って仕事をします。
エレナの娘は母の写真を撮ります。カツラがとても似合うと娘は言います。なぜ写真ばかり撮るのかとエレナが聞くと、娘は思い出になるからと言います。
アントニオがエレナの具合が悪くなって、エレナの母に連絡をします。子供達を頼んで、アントニオはエレナを病院に連れていきます。
エレナが目を覚ますと、いつものお隣さんのエグレがいました。彼女はアントニオがゲイの友達だと思っていて、エレナが彼は夫でファビオがゲイなのよと言います。

【結】- カプチーノはお熱いうちにのあらすじ4

エグレはアントニオを狙っていて、お尻にかみついてやるんだからと言っていました。なんで黙ってたのよとエグレは微笑みながら話します。
それからエグレは隣で眠り、アントニオはエレナと話しをします。エレナは皆は不釣り合いだと言うけれど、私は出会った頃からありのままのアントニオを愛していたと言います。
二人は病院のベッドで愛し合います。隣のエグレは実は起きていて、翌日ニヤニヤとエレナに話しかけてきます。
その晩、物音がしてエレナは目を覚まします。隣のエグレのベッドを見に行くと、看護師が片付けていました。
ディアーナがエレナに無念であり、何も言えないとエレナに伝えてきます。
エレナは病院から抜け出して自宅に帰ります。そこで見たのは、不倫相手と再婚するアントニオの想像の姿です。
子供の名前はエレナとつけられています。病院からの電話でアントニオが歩いてきてエレナを見つけます。エレナが名前は止めて欲しいと言うとアントニオは彼女を抱きしめます。
病院にエレナを送りに行きますが、到着寸前でアントニオは引き返します。そして思い出の海にエレナを連れてきます。
エレナは笑顔を取り戻して車に乗ります。するとバイクが飛び出してきます。そのバイクに乗っていたのは過去のアントニオとエレナでした。
過去に戻って、アントニオはエレナにビールを頼みます。彼氏がいることをエレナが言うと、それでもアントニオは夢中なのだと話します。
アントニオは赤い袋を彼女に渡して開けて欲しいと頼みます。エレナが開けると結婚指輪が入っていました。
2回会っただけで結婚指輪なんて気がおかしいのとエレナは言います。アントニオはだからこそと言って、結婚指輪をエレナにはめます。
アントニオはご馳走様と言って帰ります。ファビオと母、叔母がアントニオのことを問い詰めてきます。
ファビオがシルヴィアに電話をして、エレナは彼女と話があると食事をしに行きます。エレナが秘密は良くないと言いながら、アントニオのことを話そうかもどかしい様子になります。
するとシルヴィアが我慢できないと言い出して、ジョルジョとの関係を話し始めます。シルヴィアにとって、アントニオはジョルジョを忘れる遊び相手でした。アントニオなんて馬鹿を相手にするわけがないと泣いて打ち明けます。
エレナは強い酒を飲みに立って、ファビオのところに行きます。すると二人は笑いだして、シルヴィアはキョトンとします。そしてエレナ、シルヴィア、ファビオは大笑いをします。
アントニオとエレナが二人きりで砂浜にいる映像が映し出されます。エンディング曲が流れます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画では南イタリアの美しい街レッチェが映し出されます。エレナたちのカフェ、テラスの様子がお洒落で、アントニオとエレナの行った透き通る海はとても綺麗です。海で車が飛び出してきた演出を、過去と現在とで掛け合わせているのは見事です。
音楽も抜群の作品であり、ピアノの旋律が美しいことこの上ないです。エンディングの曲も今作の雰囲気とマッチしていて、どこか青春を思い出させる曲です。
面白かった場面もある映画です。エレナの母と叔母がショートヘアーにするとそっくりで面白かったです。エグレのアントニオとファビオを間違えている台詞も楽しかったです。彼女が亡くなった時はとても悲しくなります。
最後まで見終わって、ゆっくりとした流れの中にドラマが凝縮されている作品だと感じました。映像美と内容に満足できる映画として満点です。

映画の感想を投稿する

映画「カプチーノはお熱いうちに」の商品はこちら