映画:キャロル

「キャロル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

ラブストーリー

キャロルの紹介:2015年製作のアメリカ映画。パトリシア・ハイスミスの原作小説を基にしたラブストーリー。主演はケイト・ブランシェットとルーニー・マーラ。日本公開は2016年。

あらすじ動画

キャロルの主な出演者

キャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)、テレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)、アビー・ゲルハルト(サラ・ポールソン)、ハージ・エアード(カイル・チャンドラー)、リチャード(ジェイク・レイシー)、トミー(コーリー・マイケル・スミス)、ダニー(ジョン・マガロ)、ジュヌヴィエーヴ・キャントレル(キャリー・ブラウンスタイン)

キャロルのネタバレあらすじ

【起】– キャロルのあらすじ1

舞台は1950年代のニューヨーク。

写真家になることを夢見るテレーズは、クリスマスシーズンに百貨店のおもちゃ売り場で働いていました。

ある日、テレーズは豪華な毛皮のコートに身を包んだ美しい女性と目が合います彼女はキャロルという名の人妻で、テレーズは一目で心を奪われてしまいます。

テレーズはショーウィンドーに置き忘れたキャロルの手袋を郵送したのち、彼女にランチに誘われます。

恋人のリチャードと一緒にいるときには感じられない高揚感に、テレーズは身を震わせるのでした さらにキャロルはテレーズを自宅に招き、夫のハージと離婚協議中で、娘の養育権を巡って揉めていることを漏らします。

ハージはキャロルを心から愛しており、離婚は彼女から言い出したものでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キャロル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×