映画:グリーン・カード

「グリーン・カード」のネタバレあらすじと結末

ラブストーリー

グリーン・カードの紹介:1990年制作のアメリカ映画。両者の利害が一致した男女が偽装結婚をする話で、「グリーン・カード」とはアメリカの永住者カードのことである。ゴールデングローブ賞作品賞、主演男優賞受賞。

グリーン・カードの主な出演者

ブロンティ・パリッシュ(アンディ・マクダウェル)、ジョージ・フォレー(ジェラール・ドパルデュー)、ローレン(ビビ・ニューワース)、フィル(グレッグ・イーデルマン)、マック(ロバート・プロスキー)、ゴースキー(イーサン・フィリップス)

グリーン・カードのネタバレあらすじ

【起】– グリーン・カードのあらすじ1

ニューヨークに住むブロンティは、書類上だけの偽装結婚をします。

ブロンティは園芸家で、彼女には憧れの住まいがありました。

ベランダに温室があるグリーンカードアパートに入居したいのですが、入居資格は既婚者(夫婦)であることが条件だったのです一方、相手の男性はフランス生まれで世界中を放浪している自称・作曲家のジョージで、アメリカで長期滞在の永住許可証(グリーン・カード)を希望していました。

既婚者という証が欲しいブロンティとグリーン・カードを得たいジョージ、利害が一致した両者は共通の友人を介して、偽装結婚をします。

結婚証明を手に入れたブロンティーは念願のアパートに入居できました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「グリーン・カード」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×