「コールド マウンテン」のネタバレあらすじと結末の感想

コールド マウンテンの紹介:2003年制作のアメリカ映画。アカデミー賞監督のアンソニー・ミンゲラが、ニコール・キッドマンとジュード・ロウを主演に迎えて制作した純愛映画。戦争に引き裂かれながらも、一途な愛を貫いた男女の物語を描く。

コールド マウンテンの主な出演者

インマン(ジュード・ロウ)、エイダ・モンロー(ニコール・キッドマン)、ルビー(レネー・ゼルウィガー)、リヴェレッド・モンロー(ドナルド・サザーランド)、ヴィージー(フィリップ・シーモア・ホフマン)、ジュニア(ジョヴァンニ・リビシ)、スタブロッド(ブレンダン・グリーソン)

コールド マウンテンのネタバレあらすじ

【起】- コールド マウンテンのあらすじ1

アメリカ、南北戦争末期の1864年…。
アメリカ連合国(南軍)の兵士として、ノースカロライナ州からヴァージニア州の戦場に送られたインマンは、激しい戦闘に身を置きます。
瀕死の重傷を負って病院にかつぎこまれたインマンは、病院で肉体の回復を待つ間、ただベッドで横になるだけの生活でした。
インマンの脳裏に浮かぶのは、故郷のコールドマウンテンの風景と、3年前の出征前に、ただ一度口づけを交わしただけの間柄の女性・エイダのことです。
エイダからの手紙を看護婦に読んでもらったインマンは、脱走兵は死刑になるのを承知で故郷・コールドマウンテンへ向かう旅に出ます。

【承】- コールド マウンテンのあらすじ2

同じ頃、エイダは貧しい生活を送っていました。手紙を送っても返事が来ないインマンのことをあきらめきれずにいます。
インマンと別れた後、エイダの父・モンロー牧師が他界したことによって、エイダを取り巻く環境は、裕福なものから食べ物に困るレベルにまで落ちていました。エイダは農場を経営する方法を知らなかったのです。
エイダの隣人・サリーは、エイダのことを心配して、流れ者の女性・ルビーをエイダの農場に送りました。
ルビーはエイダに生きる術を教えていき、エイダは少しずつたくましい女性になります。

【転】- コールド マウンテンのあらすじ3

その頃、コールドマウンテンに向かうインマンは、徒歩での移動なので困難を極めていました。
インマンは道中、ヴィージー牧師と知り合いになります。ヴィージー牧師は、黒人の奴隷女性を妊娠させてしまい、追放されていました。
2人は気立てのよさそうな農夫・ジュニアと出会いましたが、ジュニアに裏切られて義勇軍に売り飛ばされます。
北軍が通りかかって戦いが始まったのを契機に、インマンは脱走を図りましたが、足が鎖に繋がれているので逃げられませんでした。
他の死体と共に倒れているインマンを、山羊を飼ってあばら屋に暮らす老女・マディが助けます。

【結】- コールド マウンテンのあらすじ4

さらに旅を重ねたインマンは、戦争によって未亡人となった女性・セーラにも助けてもらいます。熱がある赤ん坊を看病しながら、セーラはインマンに合う夫の服を、部屋から見つくろってくれました。
インマンはやっとコールドマウンテンに辿り着き、エイダと再会し結ばれます。
しかしそこへ義勇軍が現れました。インマンは彼らと戦い、亡くなります…。
南北戦争が終わった後、エイダはインマンとの間に生まれた娘と、ルビーの家族ら…ルビーの父、夫・ジョージア、ルビー、ルビーの子…とともに暮らしました。

みんなの感想

  • kurata yokoさんの感想

    ジュード・ロウとニコール・キッドマンの純愛物語、と単純に言い切れない複雑な要素をはらんだ映画です。ベースは恋愛なのですが、汚くて暗くて陰惨な戦争シーンや、戦争の裏で苦労させられる女性達も描かれていて、時間的に甘い場面はごくわずかです。映画を見る前にあらすじを読んだ時は、いくら恋人のためとはいえ、戦地から兵士が脱走するかな?と思っていたのですが、実際に映画を見ると、脱走してしまう主人公の気持ちも、生き延びるために仕方なく逞しくならざるをえない女性たちにも、全て納得させられてしまう見事なストーリー展開でした。映画自体の尺がとても長いですが、長さを感じさせない、重たくて美しい映画です。

映画の感想を投稿する

映画「コールド マウンテン」の商品はこちら