「ジョゼと虎と魚たち」のネタバレあらすじと結末の感想

ラブストーリー

ジョゼと虎と魚たちの紹介:2003年公開の日本映画。田辺聖子の同名短編小説を犬童一心が実写映画化。主演は妻夫木聡と池脇千鶴。主題歌及び劇中歌を担当したのはロックバンドのくるり。

予告動画

ジョゼと虎と魚たちの主な出演者

恒夫(妻夫木聡)、ジョゼ(池脇千鶴)、香苗(上野樹里)、ジョゼの祖母(新屋英子)、幸治(新井浩文)、隆司(藤沢大悟)、ノリコ(江口のりこ)、現場主任(板尾創路)、金井晴樹(藤原一裕)

ジョゼと虎と魚たちのネタバレあらすじ

【起】- ジョゼと虎と魚たちのあらすじ1

平凡な大学生の恒夫は、セックスフレンドのノリコとの軽い付き合いを楽しむなど、奔放な日々を過ごしていました。雀荘でアルバイトをする恒夫は、近所を徘徊する不気味な老婆の話を耳にします。
明け方、恒夫は坂の上から乳母車が猛スピードで走ってくるのに遭遇します。毛布が被された乳母車の中には包丁を握り締めた少女がおり、恒夫は間一髪で難を逃れます。乳母車を押していたのは噂の老婆でした。近所に孫の存在を隠して、明け方に乳母車で散歩させることが日課だったのです。
少女は自分のことを「ジョゼ」と名乗り、原因不明の病で生まれてから一度も自分の足で歩いたことがないと言います。そのまま2人の家に連れて来られた恒夫は、ジョゼが作ったおいしい朝食をごちそうになります。彼女の部屋には料理の作り方のメモや、たくさんの本がありました。
恒夫は大学の同級生の香苗に好意を寄せていました。香苗は高嶺の花のような存在でしたが、福祉関係の就職を希望している彼女との会話のネタに、恒夫はジョゼが家中のあちこちからダイブする話をします。
再び恒夫がジョゼの家を訪れると、彼女は顔に怪我を負っていました。雀荘の客にやられたもので、恒夫は散歩をやめるように言いますが、ジョゼは色々な世界を見たいと主張します。
そんなとき、恒夫は香苗とキスをしますが、そのまま帰られてしまいます。

【承】- ジョゼと虎と魚たちのあらすじ2

恒夫は実家から届いた野菜を持ってジョゼの家に行き、一緒に料理をします。
ジョゼはゴミ捨て場からおばあさんが拾ってきた本を読んでいて、とても物知りでした。なかでもフランソワーズ・サガンの「一年ののち」という作品が大好きなジョゼは(この作品の主人公の名前がジョゼ)、続編を読みたいと言います。恒夫は絶版となっていた「すばらしい雲」を古本屋で見つけ出し、ジョゼにプレゼントします。ジョゼは夢中で本を読みました。
恒夫はジョゼが昼間でも散歩を楽しめるように、乳母車にスケボーを取り付けます。2人で街中を散歩して昼間の世界を楽しみ、ジョゼは自動車工場で働くガラの悪い青年・幸治の元を訪ねました。家に帰ると、恒夫は勝手にジョゼを連れ出したことをおばあさんに怒られます。
後日、恒夫がホームセンターで買い物をしていると、幸治と再会します。幸治とジョゼは同じ施設育ちで、一緒に施設を抜け出した話を聞かされます。
そんな折、恒夫の計らいで国から補助金が下り、ジョゼの家をバリアフリーにリフォームする工事が始まります。工事中、ジョゼは押し入れの中で本を読んでいました。恒夫の手がジョゼの手に触れたとき、リフォームの見学に香苗がやってきます。香苗は恒夫から聞いたダイブの話をして、ジョゼは押し入れの中でうつむきます。
その日の夜、恒夫が再びジョゼを訪ねると、彼女は泣きながら本を投げつけて、帰れと叫びます。さらに、おばあさんがもう二度と来ないようにと恒夫に釘を刺しました。

【転】- ジョゼと虎と魚たちのあらすじ3

数カ月たち、就職活動中の恒夫は、ジョゼの家のリフォームをした会社の見学に行きます。そして工事を担当した現場主任から、ジョゼのおばあさんが急逝したことを聞かされます。
恒夫は面接を抜け出してジョゼの家へと向かいます。ジョゼは恒夫を家に招き入れ、ゴミ出しをしてもらうために、近所の変質者に胸を触らせている話を淡々と語ります。恒夫が口を挟むと、ジョゼは「帰れ」と怒鳴り声を上げます。
渋々恒夫が帰ろうとすると、ジョゼは彼の背中を叩きながら「帰れと言われて帰るようなやつは帰れ」と涙し、「ずっと一緒にいてほしい」と本音を打ち明けます。恒夫はジョゼをそっと抱きしめて、その後2人は結ばれました。
それ以来、恒夫はジョゼと一緒に暮らし始めます。2人は動物園に行って虎を見ます。ジョゼには好きな男の人ができたときに、世の中で一番怖いものを見るという夢があったのです。檻の向こうにいる虎に怯えるジョゼを見て、恒夫は優しく笑います。
近所の小学生に散歩に連れて行ってもらう最中、香苗がジョゼの前に立ちふさがります。香苗はジョゼの足が不自由なことに対して「あなたの武器がうらやましい」と言います。ジョゼはすかさず「そう思うならあんたも足切ったらいい」と返し、香苗はジョゼの頰を引っぱたきます。
ジョゼが手を上げると、香苗は自分の頬を引っぱたけるように腰を屈めます。そしてジョゼが香苗を引っぱたくと、香苗がまたジョゼを引っぱたき返し、その場を後にしました。

【結】- ジョゼと虎と魚たちのあらすじ4

一年後、社会人となった恒夫は、繁華街でキャンペーンガールをする香苗と遭遇します。福祉関係の道を挫折したことを恥じる香苗を、恒夫はなぐさめます。
恒夫の実家の法事を兼ねて、ジョゼと恒夫は小旅行に出かけます。幸治に借りた車に乗り、ジョゼは車の中から見る景色や、生まれて初めて見るカーナビに大はしゃぎします。ジョゼの魚が見たいという夢を叶えるために、2人は水族館を目指しますが、運悪くその日は休館でした。ショックを受けたジョゼは、恒夫の背中の上で駄々をこねて、恒夫はそれに苛立ちます。
恒夫はジョゼと家族を会わせることをためらい、仕事が入ったと言って法事を取りやめます。電話口から弟に「怯んだのか?」と聞かれた恒夫は、障害者であるジョゼと自分との違いに目をそらせなくなっていました。そしてジョゼは行き先を海に変更させ、砂浜でじゃれ合います。
「お魚の館」というラブホテルを目にしたジョゼは、泊まりたいと駄々をこねます。大きな貝殻のベッドの上で肌を合わせて、疲れた恒夫は眠りにつきます。魚が泳ぐ天井を見ながら、ジョゼは自分が今まで深い海の底にいたことを語ります。恒夫がいなくなると、また海の底に逆戻りだと話し、「でもまあ、それもまた良しや」と微笑んで、恒夫にキスをしました。
数カ月後、ジョゼと恒夫に別れが訪れます。ジョゼは荷物をまとめた恒夫に、エロ本をプレゼントします。恒夫は別れの理由を、自分が逃げ出したと語ります。その後恒夫は、待っていた香苗と一緒に歩き出し、途中でこらえきれずに泣き出します。
そして、ジョゼが電動車椅子に乗って買い物に出かけ、台所で食事の支度をする場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

ヒリヒリと胸が痛むような、切ない恋の終わり方が話題となった作品です。ですが、別れた2人がこれからの人生をどんな風に生きていくのかを想像すると、決して悲しくはならなかったので、バットエンドではないと思いました。あれだけ車椅子を嫌がって恒夫にずっとおんぶをしてもらっていたジョゼが、ラストで見せた気高くたくましい姿は、観る人に安心感を与えたのではないでしょうか。一人でも生きていけることを証明できるほどジョゼが成長したのなら、恒夫との出会いは大きな意義があったように感じます。一方の恒夫も、ジョゼとの出会いによって相手と真剣に向き合うことを知り、人間的に飛躍したのではないかと思います。それ故に、香苗という新しい相手がいても、失恋の痛手から立ち直るのに時間を費やすのではないかと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「ジョゼと虎と魚たち」の商品はこちら