映画:チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

「チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

映画「チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の感想

ライターの感想

原作も大人気漫画、そしてドラマ化も絶賛させて映画化も待ち望まれていた「チェリまほ」でした。とにかく安達役の赤楚さんも、黒沢役の町田さんも見目麗しいので、2人が笑ったり、はしゃいだり、照れたり、逆に真剣な表情で見つめあっていると「尊い」という言葉が出てきます。しかしBLというテーマながらも、今回は少しシリアスなジェンダーの問題(同性同士の結婚、同棲)という問題にきちんと向き合って、最後も結婚したからとか、手を繋いだから、ハッピーエンド、はいはい、おしまい。という訳ではなくて、認められる世界になればいいという想いが静かに伝わってよかったと思います。 いやあ、しかし、本当にイケメンさんは見てて何か満たされますね、美しかったです。やはり…尊い…!!
    1 2 3 4 5

    「チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×