映画:ティファニーで朝食を

「ティファニーで朝食を」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ラブストーリー

ティファニーで朝食をの紹介:1961年公開のオードリー・ヘップバーン主演の魅力あふれるラブストーリー。自由奔放な娼婦と駆け出し作家とのロマンスを描いている。アカデミー賞を受賞したヘンリー・マンシーニの主題歌「ムーン・リバー」のメロディと共に、多くの女性の心を捉えて離さない作品。トルーマン・カポーティの小説が原作で、監督はピンク・パンサーシリーズで有名なブレイク・エドワーズ。

あらすじ動画

ティファニーで朝食をの主な出演者

ホリー・ゴライトリー(オードリー・ヘップバーン)、ポール・バージャク(ジョージ・ペパード)、2E(パトリシア・ニール)、ドク・ゴライトリー(バディ・イブセン)、ユニオシ, I.Y.(ミッキー・ルーニー)、O・J・バーマン(マーティン・バルサム)、ホセ・ダ・シルヴァ・ペレイラ(ホセ・ルイス・デ・ヴィラロンガ)、メグ(ドロシー・ホイットニー)、サリー・トマト(アラン・リード)、ティファニーの店員(ジョン・マッギーヴァー)

ティファニーで朝食をのネタバレあらすじ

【起】– ティファニーで朝食をのあらすじ1

娼婦のホリーは、ティファニーの店の前で朝食のデニッシュを食べます。

その後、自宅で眠っていると呼び鈴が鳴ります。耳栓とアイマスクで眠っていたホリーは、飼い猫の知らせで起きます。

アパートの下のドアを開けてあげます。部屋の鍵しかもらってない駆け出し作家のポールが、謝罪をしてきます。上の階に引っ越してきたばかりなのです。ついでに電話も貸して欲しいと言ってきます。

ホリーは家の中に招いて、宝石店のティファニーに夢中であることをポールに話します。澄ましたところが好きで、落ち着けるのだと言います。

ポールが電話していると、木曜日であることが分かります。ホリーは大慌てになります。

木曜日は早起きして、列車でシンシンに行く予定があるのです。面会時間が決まっているのです。

面会相手が誰かとポールが聞くと、サリー・トマトだとホリーは言います。彼は所得税を誤魔化して捕まったマフィアのドンです。

ホリーと関係はなく、7ヶ月前に知り合った時から監獄の中でした。ただ、お金になるから行くのだとホリーは言います。

弁護士から頼まれて、老人のサリーの相手をしたら100ドルもらえるのです。

天気予報をサリーから聞いて、弁護士に報告するのが決まりごとになっていました。

外に出てポールがタクシーを呼びますが、中々止まりません。ホリーが指を使って吹くとタクシーが止まります。ポールが上手だねと褒めます。

タクシーから降りてきたのは、室内装飾家のフェレンソン夫人です。夫人とポールはローマで会ってから久しぶりの再会です。

夫人は彼が可愛くてたまりません。ホリーはタクシーに乗って行きます。

ある日、ホリーが家にいると男がしつこく迫ってきます。窓からこっそり抜け出して、非常階段で上に向かいます。

一つ上の階に住むポールが寝ているのを見かけます。フェレンソン夫人が300ドル置いて帰っていきます。

ホリーが窓から侵入すると、ポールが目を覚まします。酔っ払うと怖い男が下にいるからと言うと、ポールは中に入ることを承諾します。

ホリーはポールの職業を聞きます。彼は作家だと言って、「9つの命」という本を出版したと言います。それは短編で、現在は長編を執筆中だと言います。

ホリーはポールが兄のフレッドに似ていると言います。14で家出したホリーは、貯金をして軍隊にいる兄と一緒にメキシコに行きたいと話します。

もう朝の4時半であることに気づいて、ホリーはポールの腕枕で寝ることにします。

私たちは友人であるとホリーが言うと、ポールはにっこりと笑います。

眠っていたホリーは、フレッドの名前を言いながらうなされます。目を覚まして、ポールにお節介はやめてと言って帰ります。

翌日、ポールが帰ってくると、郵便受けにホリーからの手紙と贈り物が入っていました。

手紙には謝罪と、今夜6時のパーティーへの誘いのメッセージが書いてありました。

フェレンソン夫人から電話があって、今日は夫が早くに帰ってきたからとキャンセルになります。ポールはホリーの家で開かれているパーティーに向かいます。

芸能マネージャーのO.Jが訪問者に声をかけて、酒を案内しています。ホリーは、O.Jにポールを有名にするようにと言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ティファニーで朝食を」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×