映画:ニューイヤーズイブ

「ニューイヤーズイブ」のネタバレあらすじと結末

ラブストーリー

ニューイヤーズ・イブの紹介:2011年にアメリカで製作されたゲイリー・マーシャル監督によるロマンティックディ。2011年の大晦日を迎えたニューヨークを舞台とした群像劇を描いていく。ヒラリー・スワンく、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファーを始め、多くのスター俳優が集結し、様々なエピソードが展開される。

あらすじ動画

ニューイヤーズイブの主な出演者

クレア(ヒラリー・スワンク)、イングリッド(ミシェル・ファイファー)、ポール(ザック・エフロン)、ローラ(キャサリン・ハイグル)、ジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ)、スタン・ハリス(ロバート・デ・ニーロ)、エイミー(ハリー・ベリー)、テス・バーン(ジェシカ・ビール)、ランディ(アシュトン・カッチャー)、エリーズ(リー・ミシェル)、サム(ジョシュ・デュアメル)、キム(サラ・ジェシカ・パーカー)

ニューイヤーズイブのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ニューイヤーズイブのあらすじ1

ニューイヤーズイブのシーン1 物語の舞台は、2011年最後の日を迎えたニューヨーク。タイムズスクエアでは、カウントダウンイベントの準備が進められていました。それはボール・ドロップ、タイムズスクエアの巨大なタイム・ボールを年越しの瞬間に落下させるというもの。この一大イベントを取り仕切るのは、キャリアウーマンのクレア。クレアはこの日のために入念な準備を進めていましたが、当日の昼間から現場では混乱が続いていました。その上、ボール・ドロップに配線不良が見つかり、点灯できないというアクシデントも発生。クレアは伝説の電気技師コミンスキーを呼び、その姿を心配そうに見つめていました。

街が新年のお祝いムードに包まれる中、その雰囲気を毛嫌いする人もいました。コミック画家のランディはアパートの廊下を彩る新年を祝う装飾を全て取り外し、ごみを捨てようとエレベーターに乗りました。エレベーターには今から街に繰り出すエリーズも同乗していましたが、突然エレベーターが止まってしまいました。特に予定の入っていなかったランディはいたって落ち着いていましたが、エリーズは大慌て。しかし、古いアパートのため、救助が来る気配はありません。新年に対する向き合い方が真逆の二人は、最初こそ険悪な雰囲気でしたが、やがて少しずつ会話を楽しみ始めました。エリーズは歌手の夢を追っており、今夜は音楽イベントで人気歌手ジェンセンのコーラスを務めることになっているといいます。二人は互いに対する考えを改め、少しずつ心が惹かれあっていきました。

エリーズが出る予定の音楽イベントの会場では、ジェンセンが準備を進めていました。しかし、このイベント会場でジェンセンは元恋人ローラと再会を果たします。ローラは料理長としてジェンセンのイベントの食事作りを指揮していました。ジェンセンは昔ローラに求婚しましたが、その直後にローラの前から姿を消してしまい、ローラの心を深く傷つけたことがありました。ジェンセンは何度も謝りますが、ローラは聞く耳を持たず、仕事に戻ってしまいました。

年越しが迫る中、ニューヨークに急行する人もいました。大手音楽事務所の副社長を務めるサムは、今夜の会社のイベントでスピーチをすることになっていましたが、もう一つ大事な用事がありました。それは、去年の暮れにバーで出会った女性と再会を果たすことでした。もし来年も愛情を持ってくれるなら、来年の大晦日もまたこのバーで会おう、それが女性と交わした約束でした。サムはその女性に今も惹かれていましたが、一方で恋に臆病になってしまっていました。

【承】- ニューイヤーズイブのあらすじ2

ニューイヤーズイブのシーン2 ニューヨークの病院では、スタンという孤独な老人が寝込んでいました。スタンは余命わずかで、新年を迎えることすら難しいと医師は診断していましたが、看護師のエイミーはそんなスタンに寄り添い続けていました。スタンは家族に大変な苦労をかけた過去を心から悔いており、自らを「ロクデナシ野郎」と呼んでいました。そんなスタンに、エイミーは「ロクデナシだから思い通りの人生を送れたのかも」と語りかけました。

スタンとは対照的に、妊婦のテスは出産のときを迎えようとしていました。夫婦は新年ちょうどに産まれた赤ちゃんに贈られる高額の賞金を狙っていましたが、テスにはそんな余裕はすでに失われていました。

音楽事務所に勤めるイングリッドは年末の繁忙期に突然辞表を提出しました。イングリッドは偶然知り合った配達サービスの青年ポールに一日自分につき合うよう依頼。その報酬に音楽事務所主催イベントのVIPチケットを見せると、ポールは大興奮。すぐにポールはイングリッドを連れて街へと繰り出しました。イングリッドは新年の目標をいくつか掲げていました。ティファニーで朝食を食べたり、バリスタイルのスパを楽しんだりと、ポールはイングリッドの目標をクリアしていきました。大人しく表情の固かったイングリッドは次第に笑顔を浮かべるようになりますが、あるとき、お調子者のポールは繊細なイングリッドを傷つける発言をしてしまいます。軽い気持ちで言ったイタい女という言葉がイングリッドを深く傷つけたのです。イングリッドはポールにチケットを渡し、その場を去ってしまいました。

ポールの姉でシングルマザーのキムも大変な大晦日を迎えていました。キムは元々の予定をキャンセルし、この日を娘ヘイリーと二人で過ごしたいと考え、ボール・ドロップを見たがる娘ヘイリーに外出を許そうとはしませんでした。しかし、なんとしても友達やボーイフレンドと一緒に新年を迎えたいヘイリーは、何も言わずに家から出て行ってしまいます。キムは急いで追いかけますが、すでにヘイリーはタイムズスクエアに向かう電車の中。キムはその後を追い、人混みの中、必死に娘を探しました。

【転】- ニューイヤーズイブのあらすじ3

ニューイヤーズイブのシーン3 コミンスキーが修理をしている間、クレアはボール・ドロップの点灯不良についてテレビ中継で説明することとなり、「これはメッセージではないでしょうか」と切り出しました。新年を祝う前に一度立ち止まって過ぎた年を振り返れ…それが今回のアクシデントが意味することではないかというのです。クレアは続けて、「新しい年はあなたにチャンスをくれます。過ちを許し、もっと努力し、もっと与え、愛するチャンスを」と語り、スピーチを締めました。ジェンセン、イングリッド、スタンなど、ニューヨークで新年を迎えようとしている人々はこのクレアの言葉に聞き入っていました。

新年が近づく中、落ち込むイングリッドの前に再びポールが現れました。ポールはさきほどの発言を謝り、再び新年の目標達成の旅へイングリッドを連れて行きました。そして、目標がすべて達成されると、二人はタイムズスクエアで別れますが、ポールはどこか名残惜しそうな表情を浮かべていました。

その後、コミンスキーはボール・ドロップの修理を終わらせ、なんとかカウントダウンが無事行われる運びとなりました。クレアはこの後の指揮をコミンスキーに任せ、タイムズスクエアを後にしました。クレアが向かったのは、すぐ近くの病院でした。クレアはスタンの病室に向かい、スタンを「パパ」と呼びました。死を覚悟する中、突然娘がやってきたことに驚きながらも喜ぶスタン。エイミーは親子の感動の再会を見届けると、病室を出て行きました。その後、クレアはスタンとともに屋上に昇り、ボール・ドロップを見届けました。それからすぐ、スタンは永遠の眠りにつきました。

その後、クレアは父の死を一人悲しんでいましたが、すぐそこの病室で多くの赤ちゃんがいることに気づきました。かわいらしい赤ちゃんたちの姿に顔を綻ばせるクレア。テスも無事に出産を終え、新たな命の誕生を夫ともに喜んでいました。

一方、別の部屋ではドレスに着替えたエイミーが遠く離れた地にいる軍人の夫とテレビ電話を繋げていました。エイミーは新年になれば夫が帰ってくると信じていましたが、夫は明言を避け、ただエイミーに愛の言葉を伝えました。すぐに召集がかかりテレビ電話は切れてしまいましたが、エイミーはしばらくの間ディスプレイを見つめていました。

【結】- ニューイヤーズイブのあらすじ4

ニューイヤーズイブのシーン2 音楽イベントやタイムズスクエアでのライブをこなした後、ジェンセンは厨房のローラの元に向かいました。ローラは今回の大仕事がジェンセンからの推薦によって実現したことを人づてに聞き、深い感謝の言葉をジェンセンに伝えました。ジェンセンは再びローラへの思いを伝え、ローラのためにツアーを中止したことを報告しました。「どうしても償いたい」というジェンセンの言葉に心打たれるローラ。二人は仲直りし、仲良く年越しパーティに向かいました。

一方、ランディとエリーズはエレベーターが復旧し、やっと外に出ることができました。二人はエレベーターの復旧直前、キスをしようとしていましたが、エリーズは気を取り直してタイムズスクエアに向かいました。ところが、エリーズが会場で準備をしていると、そこにランディが現れました。エリーズがエレベーターに忘れたブレスレットを届けに来たのです。ランディはもう一つの忘れ物と言ってキスをし、舞台に向かうエリーズを見送りました。ランディはそのままタイムズスクエアに残り、ジェンセンの後ろで歌うエリーズのコーラスに聴き入っていました。そして、新年の時を迎えると、エリーズはソロで歌い始めました。本来ならこの場にはジェンセンがいたはずでしたが、ローラの元に行ってしまったため、急遽代打として抜擢されたのです。

ローラの美しい声がタイムズスクエアに響く中、ポールは群衆の中からイングリッドを見つけ出し、突然キスをしました。ずっと年下の青年にキスをされ、驚くイングリッド。ポールは新年を迎える瞬間のキスこそが最後の目標と語り、イングリッドを笑わせました。

一方、キムはやっとヘイリーを見つけ出しました。この群衆で迷子になってしまっていたヘイリーは、母との再会に感激していました。キムは娘に対する態度を改め、ヘイリーが友人との新年パーティに行くことを許しました。そして、キムもまたこの後行く場所を決めていました。

サムはなんとか新年を迎える前にニューヨークに到着し、無事イベントでスピーチを済ませました。しばらくの間イベント会場に留まっていたサムでしたが、迷った末にあの女性との再会を果たすため約束のバーへと走って行きました。しかし、いざその場所に着くと、すでにそのバーは閉店していました。サムはひどく落胆しますが、そこに馬車が現れ、美しくドレスアップしたキムが降りてきました。会いたいと願っていた女性の登場に笑顔を見せるサム。二人は再会を喜ぶキスをすると、馬車に乗り込みました。二人はシャンパンを飲みながら、新年でにぎわうタイムズスクエアを眺めていました。

みんなの感想

ライターの感想

同時並行で複数のエピソードが展開されていきますが、編集がとてもうまく、最後まで飽きさせることのない物語でした。エピソード同士の繋がりの見せ方も絶妙で、何より素晴らしいのは続々と登場する名優たちの演技です。特に主役級を演じたヒラリー・スワンクの中盤でのスピーチは感動的でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ニューイヤーズイブ」の商品はこちら