映画:ニューヨークの恋人

「ニューヨークの恋人」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

ニューヨークの恋人の紹介:2001年公開。タイムスリップによって出会った男女2人の恋愛を描いた作品。1876年、レオポルド公爵は家系の財政難から結婚するように叔父に言われる。そんな時パーティーに参加していた挙動不審の男性を追いかけて、レオポルドは橋から落下してしまう。現代のニューヨークにタイムスリップしたレオポルドは、キャリアウーマンのケイトと出会う。レオポルドのおかしな行動に戸惑うケイトだったが、二人は次第に惹かれあっていく。

あらすじ動画

ニューヨークの恋人の主な出演者

ケイト・マッケイ(メグ・ライアン)、レオポルド公爵(ヒュー・ジャックマン)、スチュアート・ベッサー(リーヴ・シュレイバー)、チャーリー・マッケイ(ブレッキン・メイヤー)、ダーシー(ナターシャ・リオン)、J.J(ブラッドリー・ウィットフォード)、オーティス(フィリップ・ボスコ)

ニューヨークの恋人のネタバレあらすじ

【起】– ニューヨークの恋人のあらすじ1

1876年、レオポルド公爵は家系の財政難で、叔父から結婚するように言われます。愛する女性と結婚したいレオポルドは反抗します。

結婚を決めるパーティーが開かれて、レオポルドは女性達とダンスをします。そこでレオポルドは少し前に見た挙動不審な男性を見かけます。

男性を追いかけていくと、建設途中のブルックリン橋に登っていきます。そして高い場所から落ちかけて、レオポルドは助けようとします。しかし、二人とも下に落下してしまいます。

レオポルドが目を覚ますと、不審な男性のスチュアートの家でした。ここは現代で、レオポルドはタイムスリップしてやって来てしまったのです。

スチュアートはレオポルドを過去に帰さなければなりませんでした。なぜなら彼はエレベーターの発明家だったのです。彼が現代にやってきた事から、全てのエレベーターが故障します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ニューヨークの恋人」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×