「ハッピー・フライト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

「ハッピー・フライト」は2003年のアメリカ制作のラブコメディー映画です。主演は「恋に落ちたシェイクスピア」のグウィネス・パルトロー、他にもマーク・ラファロ、マイク・マイヤーズなど豪華なキャストが出演しています。アメリカの田舎町に住むドナはいつか町を出ることを夢見ていました。ある日ドナは、一緒に町を出る約束をしていた彼氏に振られてしまいます。ショックを受け、ひどく落ち込んだドナはテレビに出ていたテキサスの田舎娘から国際性の花形スチュワーデスに登りつめた、有名なサリー・ウェストンに触発され、ドナは国際線のスチュワーデスを目指すために奮闘します。

あらすじ動画

ハッピー・フライトの主な出演者

ドナ・ジェンセン(グウィネス・パルトロー)、クリスティーン(クリスティナ・アップルゲイト)、テッド(マーク・ラファロ)、サリー・ウェストン(キャンディス・バーゲン)、シェリー(ケリー・プレストン)、スティーブ(ロブ・ロウ)、ジョン・ホイットニー教官(マイク・マイヤーズ)

ハッピー・フライトのネタバレあらすじ

【起】– ハッピー・フライトのあらすじ1

ハッピー・フライトのシーン1

画像引用元:YouTube / ハッピー・フライトトレーラー映像

ネバダ州の小さな町シルバー・スプリングスに生まれたドナ・ジェンセン。ドナは幼い時から、この小さな町から出ることを夢見ていました。

しかし、その夢は中々叶いません。高校生の時にアメフトをしていた彼氏トミーと出会い、付き合います。彼は卒業後、町のディスカウントストアの副店長になり、ドナはその店の鞄コーナーの販売員として働いていまいた。

そんな中トミーに転勤話が持ち上がり、彼と一緒に街を出られるチャンスがやって来ます。喜ぶドナですが、町を出る直前、誕生日の日にフラれてしまいます。トミーから他の女と街を出ると告げられ、しかも「君は田舎娘だ。ここが似合っている」と言われてしまいます。

ドナはショックを受け、販売員を止めます。そしてある日、バーのテレビでテキサスの田舎娘から世界一のスチュワーデスになったサリー・ウェストンを見ます。彼女の言葉に胸を打たれたドナは、早速サリーの自叙伝を買い、読み込みます。

そして、ドナはすぐに行動に出ます。街を出て小さな航空会社に就職することにします。出発としては悪くないと思っていましたが、その航空会社は飛行機は5機しかなく、短い距離のフライトのみの超極小の航空会社。乗客はギャンブラーか酔っ払いばかり、しかも制服は胸元が開いた超ミニの露出が多い、とてもスチュワーデスとは思えない服。

それでも初出勤の日、ドナは緊張していました。先輩のシェリーが仕事を教えてくれますが、飛行機に乗ること自体が初めてのドナ。

最初のフライトは散々なものでした。よろけて飲み物を乗客にぶち巻き、少しの揺れでパニックに陥るドナ。初フライトが終わり落ち込んでいると、一緒に搭乗していたパイロットが「君は絶対に良いスチュワーデスになれるよ」と慰めの声を掛けてくれます。その後、すぐにドナは仕事に慣れていき、完璧に仕事を熟せるようになり後輩もできます。

ある休日、ドナは仕事仲間のシェリーとクリスティとで湖に遊びに行きます。そこで、ボートで観光客の案内をしているテッドと出会います。テッドは弁護士を目指しており、大学に通い有名な事務所に就職も決まっていましたが、ふと決められたレールを走るのに嫌気が刺し、卒業間際で大学を中退してしまっていたのでした。

2人は意気投合し、デートの約束をします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハッピー・フライト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×