「パーフェクト・レボリューション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【転】– パーフェクト・レボリューションのあらすじ3

パーフェクト・レボリューションのシーン3

画像引用元:YouTube / パーフェクト・レボリューショントレーラー映像

恵理は不用意にそうした発言をするなと注意しますが、ミツは理解できません。クマは若い頃の股関節の施術で放射線を大量に浴びているので、子どもを作ることも難しいかもしれないと話しました。それでもミツは納得していないようでした。恵理は困った顔をします。

退院後、クマは父親の法事へミツを連れて出かけていきます。法事なのですがミツは理解しておらず、いつもと同じ派手な格好でその場に行きました。ミツはクマの母に結婚すると言い出し、母は大喜びします。

法事のあとの親族との食事のときに、親戚はクマに子どもができるのを喜ばしく思っていないと知ります。それを知ったミツは憤りを覚え、その場で暴れてクマを連れて帰ります。

晶子がクマと恵理を呼び、ミツのことについて話します。ミツは人格障害なのだと打ち明けたあと、晶子はミツの生育環境を語ります。ミツには父親がおらず、母親は常に男の愛情を求める人間でした。そんな母のもとで育ったミツも、母親の呪いのように誰かに愛を求めていました。

テレビ局の取材でクマもミツもありのままの姿を見せると、プロデューサーがしぶい顔をします。テレビ局側が求めていたのは「障害者と風俗嬢が苦労しながらも奮闘している美談」で、それに気づいたクマとミツは鼻白みます。

ミツはクマに子どもが欲しいと言いますが、クマは反対しました。中学3年のときに股関節の手術をした際に放射線を浴びたので障害児が生まれる可能性があること、出産・育児をすると働けないことを告げます。ミツはクマと揉めました。恵理と悟の夫妻がそれを制止しますが、ミツは恵理に割れた瓶を突きつけると脅します。それを見た悟が逆上し、ミツにつかみかかりました。

揉めた日の夜、ミツはクマの目の前で手首を切って自殺未遂を図ります。

事情を知って駆け付けた恵理はクマに、クマとミツの恋はつらすぎると止めます。接近禁止令を出してミツを近づかせない方法を取ればと言いますが、クマは自分が障害者に生まれたことには意味があるのではないかと話すと、受け入れることに慣れていると答えました。

病院を出るとテレビ局のスタッフが待ち構えていました。彼らはミツが自殺未遂を図ったことをうまく演出で使えると、口には出しませんが喜んでいるようでした。クマはスタッフに「ミツは死にました」と言います。「あなたたちが取材していたクマとミツはもういません」と言って、取材を断ります。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パーフェクト・レボリューション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×