映画:ビフォア・ミッドナイト

「ビフォア・ミッドナイト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

1995年「恋人までの距離」のから始まる三部作目。「恋人までの距離」はベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)の映画。その続編として映画評論家からもあつい支持を集めている作品。

あらすじ動画

ビフォア・ミッドナイトの主な出演者

ジェシー(イーサン・ホーク)、 セリーヌ(ジュリー・デルピー)、 ハンク(シーマス・デイヴィー)、 エラ(ジェニファー・ブロイアー)、 ニナ(シャーロット・ブロイアー)

ビフォア・ミッドナイトのネタバレあらすじ

【起】– ビフォア・ミッドナイトのあらすじ1

恋人たちの距離」から18年。

ウィーンの列車の中で出会いパリで再会したあとのジェシーとセリーヌが登場する。

23歳で出会い41歳になった2人の主人公はギリシャの夏でバカンスをすごしていたジェシーはアメリカに妻子を残したままだが、セリーヌと一緒に住み2人の双子ちゃんまで授かっていた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビフォア・ミッドナイト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×