「ピアニスト(2001年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

映画「ピアニスト(2001年)」の感想

ライターの感想

主人公・エリカ役の女優さんがとても美人です。ワルターのセリフに「知的」とありますが、まさしくそう。 映画の冒頭からエリカの母親の「毒親」ぶりがすさまじいです。よく逃げ出さずに従っているなと思うくらい。 切なくもあり哀しくもあり、それを見ているからワルターへ要求する「異常な要求」も仕方ないのかも…と思ってしまいます。 ラストシーンも度肝を抜かれてしまいます。補足すると左胸を刺しましたが、心臓よりも上、肩との中間あたりの位置です。 死にはしないと思います。エリカが母親から解放されたかなと予感させるラストです。そうであってほしいですよ。
    1 2 3 4 5

    「ピアニスト(2001年)」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×