「ブリジットジョーンズの日記」のネタバレあらすじと結末の感想

ブリジットジョーンズの日記紹介:ロンドンに住むブリジットは、煙草、酒好き・太め・彼氏なしの32歳です。今年こそ痩せて素敵な恋人を見つけ、シングルライフを卒業すると決め日記をつけ始めます。憧れの上司といい仲になり、シングルライフ卒業かと思いきや、彼には美人で細めの婚約者が。原作は世界的ベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説。体重を増やし役に挑んだレニーセルウィガーの演技に注目。

ブリジットジョーンズの日記の主な出演者

ブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)、ダニエル・クリーバー(ヒュー・グラント)、マーク・ダーシー(コリン・ファース)

ブリジットジョーンズの日記のネタバレあらすじ

【起】- ブリジットジョーンズの日記のあらすじ1

主人公のブリジット・ジョーンズはロンドンで一人暮らし。出版社に勤めながらシングルライフを満喫・・・とはとても言い難く、いつも飲み歩くのはゲイや同じシングルの女友達です。
今年こそはお酒とたばこを減らし、ダイエットをして素敵な恋人を見つけようと決意し、その日から日々の体重と出来事を日記につけるようになります。そんな独身のブリジットを心配た母親が、ブリジットをクリスマスパーティーに招待します。
そこで独身のバツ一弁護士、マーク・ダーシーを紹介しますが、そのマークは、ママが選んだダサいトナカイのセーターを着てた上に、「お酒を片手にタバコをプカプカふかした女なんか嫌だ」と、自分の文句を言っているのをブリジットは聞いてしまします。
ブリジットのマークに対する印象は最悪。マークを毛嫌いするようになったのでした。

【承】- ブリジットジョーンズの日記のあらすじ2

ブリジットの憧れは、ハンサムで仕事のできる上司、ダニエル・クリーバーです。ある出版イベントで彼といい仲となります。ダニエルから、昔、自分の妻が弁護士のマーク・ダーシーに寝とられたと聞かされ、ブリジットのマークへの嫌悪感がさらに増します。
その一方、ダニエルとベッドを共にし、優しくて素敵な恋人ができたと喜んでいたブリジットでしたが、約束していた仮装パーティーへの参加を、突然ダニエルがドタキャンしたり、なんだか彼の様子がおかしいことに気づきます。
アポなしでダニエルの部屋を訪ねてみると、ダニエルには実はアメリカ人、しかも細めで美人の婚約者がいたのです。傷ついたブリジットは、男に頼らず自立した女性を目指すと一念発起。
ダニエルとの関係を断ち、勤めていた出版社を辞め、放送局へ転職します。

【転】- ブリジットジョーンズの日記のあらすじ3

再びシングルとなったブリジットは、友達から食事に招待されます。食事会の中に一人で参加してるのはブリジットだけです。その食事会にマーク・ダーシーもいました。
こんな食事会をさっさと切り上げ帰ろうとするブリジットを、マークが呼びとめます。そこでマークはブリジットに「ありのままの君が好きだ」と告白します。
なんとマークは、ブリジットのことが気になっていたのです。動揺するブリジットでしたが、マークはブリジットを仕事でも助けます。世間が注目する彼のクライアントの独占インタビューのスクープをブリジットに作ってあげたのです。
このインタビューで、一躍有名となったブリジットでしたが、そんな活躍を知って、ダニエルがよりを戻したいと言いよってきます。

【結】- ブリジットジョーンズの日記のあらすじ4

マークかダニエルの二人の男の間で揺れるブリジットでしたが、結局ブリジットはどちらも選ばずシングルとなりました。また寂しいクリスマスがやってきました。
お節介な母親が、ダーシーの両親主催のパーティーへ誘いましたが、マークに会いたくないブリジットは一度は断ります。しかしブリジットは母親から、マークが友達の妻を寝取ったのではなく、友達のダニエルが、マークの妻を寝取ったのだと聞かされ、誤解していたのだと知ります。
マークへの誤解していたことを謝るブリジットでしたが、そのときマークはすでにニューヨークへ転勤が決まってしまっていました。
「ありのままの君が好きだ」と言ってくれたマークへの気持ちを引きずるブリジットでしたが、数日後、奇跡が起きました。マークがロンドンへ帰ってきてくれたのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ブリジットジョーンズの日記」の商品はこちら