映画:プリティ・ブライド

「プリティ・ブライド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ラブストーリー

プリティ・ブライドの紹介:1999年制作のアメリカ映画。ゲーリー・マーシャル監督。「プリティ・ウーマン」で共演したリチャード・ギアとジュリア・ロバーツが再共演した作品ではあるが、本作と「プリティ・ウーマン」との関連性はない。

あらすじ動画

プリティ・ブライドの主な出演者

マギー・カーペンター(ジュリア・ロバーツ)、アイク・グラハム(リチャード・ギア)、ペギー・フレミング(ジョーン・キューザック)、フィッシャー(ヘクター・エリゾンド)、エリー・グラハム(リタ・ウィルソン)、ボブ・ケリー(クリストファー・メローニ)

プリティ・ブライドのネタバレあらすじ

【起】– プリティ・ブライドのあらすじ1

人気コラムニストのアイクは、ある日酒場で不思議な女性の話を耳にします。

それは、何度も男性と婚約をしては、結婚式の当日になると、花婿を置き去りにして逃げるという内容でした。

アイクは面白いと思ってそれを記事にしますところが後日、記事の張本人から抗議文が出版社に寄せられました。

アイクは事実無根の記事を書いたということで、出版社を解雇されてしまいます。

解雇に納得のいかないアイクは、無実を証明しようと実際に彼女を取材することにしました 早速、女性の住む田舎町に向かいます。

自宅の工具店を手伝うその女性はマギーといい、なんと現在、4回目の結婚を控えた婚約中の身でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プリティ・ブライド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×