「プロヴァンスの贈りもの」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【転】– プロヴァンスの贈りもののあらすじ3

プロヴァンスの贈りもののシーン3

画像引用元:YouTube / プロヴァンスの贈りものトレーラー映像

屋敷にアメリカからやって来たクリスティという若い女性が、訪ねてきます。彼女はヘンリーおじさんの娘だと言い出し、マックスは、もし彼女が相続を主張してきたら厄介だと警戒します。彼女は、ワイン通でアメリカではブドウの収穫のアルバイトした経験もあり、ブドウ園に興味を持ちます。

その頃マックスはファニーを訪ねにカフェに行くと、客が満員状態で大忙し、ファニーたちはパニック状態でした。そんな様子を見たマックスはカフェの手伝いをします。カフェの閉店後、マックスは彼女を誘い、日曜にデートをする約束を取り付けることに成功します。

マックスが部屋の机で小切手にサインしていると、ふとインクの香りで昔を思い出します。それは子供の頃、ヘンリーおじんさんの手伝いで小切手のサインを書いている時のことです。ヘンリーおじさんから筆跡の真似が上手い、代筆の天才だと褒められたことがあります。

ある日、フランシスの妻から自宅の夕食会に招待されます。フランシスの家族とクリスティとマックスでテーブルを囲い、夕食を食べながらワインを飲みます。しかし、マックスはクリスティのことを本当にヘンリーおじさんの子供なのかと疑います。

クリスティは「ただ父親のことを知りたかった」と言い、足早に食事会を後にします。夕食会の後、マックスが屋敷に戻っている途中で、酔ってフラフラになりながら無くした靴を探しているクリスティと出くわします。マックスは仕方なく彼女を背負い、屋敷に連れて帰ります。

クリスティを、子供頃過ごした寝室のベッドに運びます。マックスは部屋を見渡し、眠っているクリスティに「おじさんを愛していたが、伝えなかった…後悔しているよ」とそっと気持ちを吐露します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プロヴァンスの贈りもの」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×