映画:ベニスに死す

「ベニスに死す」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ラブストーリー

【ベニスに死すの紹介】ルキノ・ヴィスコンティの映画。同性愛物の映画ではあるが、決して昨今の激しいからみ等は無く、該当者同士との会話もさほど無い、美しさとは?性別を超えると考えさせられる作品である。タジオ役のビョレン・アンドルセンの美しさにもきちんと目を見張って観て欲しい映画です。

あらすじ動画

ベニスに死すの主な出演者

作曲家バッハ(ダーク・ボカード)、 タジオ(ビョレン・アンドルセン)、 タジオの母(シルバーナ・マンガーノ)

ベニスに死すのネタバレあらすじ

【起】– ベニスに死すのあらすじ1

老作曲家のバッハは静養のため客船エスメラスダ号でベニスに向かうことに、宿泊先のホテルのフロントでふと人を眺めているとそこに特別一際目立った美少年 タジオを見つけてしまう、タジオは母と一緒に家族でベニスに来ていたが、彼の美しさに思わずしばらくふと見とれてしまう老作曲家のバッハであった。

そしてバッハの中で特別な気持ちが芽生えるのだった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベニスに死す」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×