「マイPSパートナー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【承】– マイPSパートナーのあらすじ2

マイPSパートナーのシーン2

画像引用元:YouTube / マイPSパートナートレーラー映像

その後ヒョンスンも冷静になり、恋人に言いたいことがあるのに話す勇気さえないことを告白し泣き出してしまう。

そんなヒョンスンにもらい泣きしたユンジョンは話を聞くことにした。

ヒョンスンは自分とソヨンのことを語り始め、他のカップルとは違うというが、ユンジョンは自分とスンジュンのことに想いを馳せ誰でも一度はそう思うものだという。

そのうち二人はお互いの恋人の欠点をあげつらい、お互いに妙な気持ちを抱くようになる。

ユンジョンは母親から、白いワイシャツを素肌に着て胸のボタンを二つはずし、Tバックを穿いて父親を興奮させたという話を聞き、自分もそれでスンジュンを誘ってみた。

スンジュンはそんなユンジョンを抱き抱え、ベッドに倒れ込んだまではよかったが急ぎの仕事があると言ってベッドから離れて行った。

ユンジョンは彼に対する不満をヒョンスンに話し、そんな二人はいつの間にかテレフォンセックスパートナーになって行った。

昼夜を問わず連絡を取るようになった二人。

ヒョンスンは電話だけでなく会うことを提案したが、ユンジョンはこうして本音で話せるのは会ったことがないからだと思うと誘いを断った。

ユンジョンは彼氏に浮気されたことがあり、ヒョンスンにソヨンと付き合っている間浮気したことがあるかと聞いてみた。

ヒョンスンが“ない”と答えると自分も浮気したことはなく、されたこともないと答えた。

ある日、映画館で彼氏といちゃつくソヨンを見たヒョンスンが落ち込んでいた時、ユンジョンから電話が入り“会おうか”と誘われる。

待ち合わせ場所についたユンジョンだったが、思い直してやっぱり会うのをやめようと電話をしたとき、すれ違った男性が携帯で「やっぱりその方がいいよ」と話す声が聞こえてきた。ヒョンスンである。

ユンジョンは自らヒョンスンに声をかけた。

二人はホテルの部屋で激しく抱き合ったが、途中でユンジョンが“やっぱりダメ”とヒョンスンを押しのけた。

しかし二人は、傍にいるのに電話で会話を続け、やがてゆっくりと抱き合った。

翌日、ユンジョンはスンジュンに食事に誘われたが、彼の言動から次第に心が離れていくのを感じた。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マイPSパートナー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×