映画:マチネの終わりに

「マチネの終わりに」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

マチネの終わりにの紹介:2019年の公開作。芥川賞作家平野啓一郎の同名小説を『容疑者Xの献身』『昼顔』の西谷弘が映像化。社会背景を織り交ぜながら、40代を迎えた男女の愛の物語を上質に描く。クラシックギタリストの蒔野はパリの通信社に務めるジャーナリストの洋子に出会う。強く魅かれ合った2人だったが、洋子には既に婚約者がいた。それでも蒔野は洋子に愛を告げるが、あることをきっかけに、2人は決定的にすれ違ってしまう…。

あらすじ動画

マチネの終わりにの主な出演者

蒔野聡史(福山雅治)、小峰洋子(石田ゆり子)、リチャード新藤(伊勢谷友介)、三谷早苗(桜井ユキ)、中村奏(木南晴夏)、小峰信子(風吹ジュン)、是永慶子(板谷由夏)、祖父江誠一(古谷一行)

マチネの終わりにのネタバレあらすじ

【起】– マチネの終わりにのあらすじ1

2013年。

若い時分から、世界的に名の知れたクラシックギタリストの蒔野は40代を迎え、満足のいく演奏が出来ずに苦悩を続けています。

コンサートツアーの最終日。自身の実力に愕然とした蒔野は終演後、関係者が去るまで楽屋に籠りました。この時最後まで残っていたレコード会社の社員で蒔野担当の是永は、公演に連れてきたパリ在住の友人の洋子を彼に紹介します。瞬時に洋子に魅かれた蒔野は、目の色を変えて楽屋から出て来ました。奇遇にも洋子は、蒔野がギターを始めるきっかけになった『幸福の硬貨』という映画の監督イェルコ・ソリッチの後妻の連れ子でした。そしてこれまた偶然にも洋子は、蒔野がN.Yで開催したデビューコンサートを鑑賞していたのです。不思議な縁を感じる2人でしたが、洋子には既に婚約者がいました。

洋子の存在の影響か、打上げ会場での蒔野は饒舌でした。改めて洋子と会話した蒔野は、彼女と感覚が似ていると実感します。そこへ蒔野のマネージャーの早苗が割って入りました。早苗は蒔野の才能に惚れこみ、仕事を越えた感情で蒔野に接しているため、彼が洋子に恋心を抱いたとすぐに見抜いたのです。

祖母の葬儀のために帰国した洋子は、幼少期にままごとに使っていた庭の大きな石で、祖母が頭を打って亡くなったことが胸につかえていました。それを聞いた蒔野が、洋子の気持ちを察して「未来が過去を変えることもある」とぽつりと語ります。その言葉は洋子の心に響きました。互いに魅かれるものがある2人でしたが、パリの通信社に務める洋子は翌朝には出国予定で、後ろ髪を引かれながらも2人はここで別れました。

冬。

蒔野は唐突に、“嫌になった”とだけ言って、レコーディングやツアーの中止を申し出ます。蒔野の意思を尊重する早苗は、彼の行動が身勝手だと理解しつつも、困惑する是永に必死に弁明しました。ところが蒔野のドタキャンの理由は、テロが発生したパリの洋子の安否が分からないからだと判明します。

蒔野はしつこいまでに洋子にメールを送っていますが、全く返信をもらえずにいました。当の洋子はメールに答える暇も無く、取材に明け暮れていたのです。どうにかして返事を貰おうとした蒔野は、話題を変え『幸福の硬貨』についてのメールを送ってみました。

ちょうど取材を終えて会社に戻った洋子は、蒔野のメールが目に留まるものの、同僚に話しかけられてまた後回しに。洋子が同僚と別れてエレベーターに乗ると、その瞬間に爆破が起きました。今度は通信社がテロの標的となり、洋子の同僚も犠牲になったのです。エレベーターに閉じ込められた洋子は混乱しながらも、その場で動画を配信します。“未来が過去を変える。犠牲に遭わなかった者が、テロの無い未来を作らなければならない”と。2014年2月のことでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マチネの終わりに」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ