映画:マディソン郡の橋

「マディソン郡の橋」のネタバレあらすじと結末

マディソン郡の橋の紹介:1995年公開のアメリカ映画。たった4日間の恋に永遠を見いだした中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。ロバート・ジェームズ・ウォラーによる同名小説を原作とし、原作も映画も大ヒットした。

あらすじ動画

マディソン郡の橋の主な出演者

ロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)、フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)、キャロライン・ジョンソン(アニー・コーリー)、マイケル・ジョンソン(ヴィクター・スレザック)、リチャード・ジョンソン(ジム・ヘイニー)

マディソン郡の橋のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1989年、母・フランチェスカの葬儀にかけつけた兄・マイケルと妹・キャロリンは、母が散骨を望んでいると知り、戸惑う。家には母の日記があり、2人はそれを読み始めた。そこには2人の子どもが知らない、母の4日間の恋愛があった。 ②家族の留守中にカメラマンのロバートと恋に落ちたフランチェスカは、それでも家族を選び、別れていた。ロバートの遺灰がローズマン橋から散骨されたと知り、フランチェスカも希望。母の日記を読んで納得したマイケルたちは散骨した。

【起】- マディソン郡の橋のあらすじ1

マディソン郡の橋のシーン1
アメリカ・アイオワ州マディソン郡ウィンターセット。

〔現在 1989年〕
冬。
リチャード・ジョンソンという郵便受けがいまだ使われているこの家に、とうに成人したふたりの子ども、兄・マイケルと妹・キャロリンが呼ばれます。
マイケルは妻のベティーも伴っていました。

このたび兄妹の母・フランチェスカが他界し、兄妹は遺産を相続することになりました。
弁護士から貸し金庫の鍵を受け取ります。
その際に、母・フランチェスカが火葬を希望していたと聞き、マイケルは気色ばみました。
というのも、母よりも先に亡くなった父のリチャードは墓地を買っており、そこへ埋葬すると思っていたからです。
(注:アメリカでは「焼いてしまうとキリストのように復活できないから」という宗教上の理由で、現在でもなお土葬が主流。火葬に抵抗を示す者も少なくない)

マイケルは「不謹慎かもしれないが、母はぼけていたのではないか」と発言しますが、弁護士はそれを否定しました。
遺言書は正しく作られ、ルーシー・ディレーニー夫人が証人として立ち合っていました。
(この夫人、大事!)
「遺灰をローズマン橋から撒いてほしい」というのが、母の遺言だと知って、マイケルは戸惑います。

いっぽうで渡された封筒の中身を見ていた妹・キャロリンは、その中に見知らぬ母の写真を見つけました。
その母は自分たちの知らない、「女性」の顔で写っていました。
さらにラブレターのようなものを見つけたキャロリンは、弁護士とベティーを先に帰します。

母に、自分たち子どもが知らない恋愛があった…この事実は当初、マイケルとキャロリンを動揺させます。
相手がカメラマンのロバート・キンケイドと分かりました。
マイケルたちの父は1979年に亡くなりましたが、ロバートも1982年に他界していると知りますが、マイケルは母が浮気していたことを知り、怒ります。

封筒に小さなカギを見つけたキャロリンは、椅子の下にある小箱を開けました。
そこには母がロバートとの思い出の品を隠しており、ふたりの子どもに宛てての手紙も入っています。

母からの手紙には、「黙っておくこともできたのだが、やはり知っておいてもらいたいと思った」というコメントとともに、3冊のノートが残されていました。
兄・マイケルと妹・キャロリンは、母・フランチェスカの日記を読み始めます…。


〔過去 1965年〕

それは秋の収穫の頃です。
当時、兄・マイケルは17歳、妹のキャロリンは16歳です。

フランチェスカはイタリア出身の女性でした。
若い頃、アメリカからやってきたリチャードと恋に落ち、結婚してアメリカに渡ってきました。
リチャードは100年以上続く農場の主で、アメリカに渡ったものの田舎町のウィンターセットで暮らすフランチェスカは、少しばかり不満を抱えています。

その日、夫・リチャードはマイケルとキャロリンを連れて、イリノイ州で開かれる農産物の品評会へ出かけました。4日間留守にします。
農場で育てた子ブタを出品するのです。
家事に追われる日々だったフランチェスカは、留守番することになりました。
束の間、ひとりの時間を楽しみます。


月曜日の昼。
普段着で玄関を掃除していたフランチェスカは、見慣れぬ男がやってきたのを知ります。
男はカメラマンだと言い、屋根のある橋を撮影しに来たのだと告げました。
屋根のある橋と聞いて、フランチェスカはすぐにそれが、ローズマン橋だと気付きます。
最初は道を口頭で説明していたのですが、ややこしくなるために、フランチェスカは「案内しましょうか」と言いました。
男はありがたいと答えます。

車中で互いに自己紹介をし、男がロバートという名だと分かります。
ロバートはワシントン…都会からやってきていました。20歳までワシントンで育ち、結婚してシカゴに移り住んだものの、離婚してまたワシントンに戻ったそうです。
フランチェスカがイタリアの東にある小さな町・バリの出身だと言うと、意外にもロバートはバリを知っていました。

バリの町の話で盛り上がり、フランチェスカはロバートに好印象を持ちます。
ロバートは世界のあちこちを回り、撮影していました。
小さなバリの町で生まれ育ち、アメリカという未知の地へ結婚でやってきたものの、結局田舎町で暮らしているフランチェスカにとっては、世界を股にかけて活躍するロバートの仕事ぶりは、夢のようです。

【承】- マディソン郡の橋のあらすじ2

マディソン郡の橋のシーン2 橋を見に来たロバートは、今日は下見だと言いました。光の加減がよくないからです。
フランチェスカが飲み物を取りに行くあいだ、ロバートは花を摘んでいました。フランチェスカへのお礼の気持ちからです。
フランチェスカが「それ、毒草だけどね」と冗談を言うと、びっくりしたロバートは花を取り落としました。すぐフランチェスカは冗談だと明かし、ロバートは愉快そうに笑います。


送ってもらったお礼に、フランチェスカはロバートをお茶に誘いました。家に招き入れます。
ロバートは4~5日か、長くて1週間この地へ留まると言いました。
訪れる者の常套句「静かなところで、いい人たち」ということばを、フランチェスカは少し皮肉っぽく告げます。
確かに静かで危険は少なく、住人たちは親切です。
しかしフランチェスカが思い描いていた少女の頃の夢と、現実の自分とは違うということを、つねづねフランチェスカは思い返していました。
それを聞いたロバートは、「昔の夢はいい思い出、かなわなくてもいい思い出」と慰めます。
嬉しくなったフランチェスカは、ロバートを夕食に誘いました。

ロバートが外で上半身裸になり、身体を洗っているのを見たフランチェスカは、ロバートを男性として意識し始めます。
イヤリングをつけたフランチェスカは、手料理をふるまいました。
夕食でロバートは旅の話をし、フランチェスカを笑わせます。

夕食後、ふたりは外を散歩し、ブランデーを飲みに帰りました…。


〔現在 1989年〕

兄のマイケルが「母を酔わせて、たぶらかせたんだ」と怒るのに対し、妹のキャロリンは「いい人じゃない」と意見が分かれます。
キャロリンが、夫のスティーブが「夫としては最低」と洩らすのを聞いて初めて、マイケルは妹が夫婦生活に不満を抱えていると知りました。
これまで兄と妹のあいだで、そうした話題が出ることは、全くなかったのです。


〔過去 1965年〕

ロバートとフランチェスカは、酒を飲みながら話をします。
夕食の時、ロバートはフランチェスカに対して、ちょっとした指摘をしました。
フランチェスカは若い頃教師をしていたのですが、出産を機に仕事を辞めて家庭に入っています。
それをフランチェスカは「バカにされた」と感じていました。

今度はフランチェスカの方が、ロバートに対して苦言を呈します。
家庭を持たず、世界中をうろついていることを指摘しました。
ロバートは少しだけ気分を害し、「夜明けの橋を撮る」と言うと、去ります。
「僕は君のことを、単純(バカ)だとは思わない」という言葉を、フランチェスカは褒め言葉と受け取りました。

ロバートが去った後、すぐ夫から電話があります。
電話を取ったフランチェスカは、特に変わったことはないと告げました。

電話の後、思い立ったフランチェスカは夕食の誘いをメモにしたためると、ローズマン橋にピンで留めておきます。


火曜日。
撮影をした後で、ロバートはメモが張られていることに気付きました。
フランチェスカは庭で作業をしながらも、電話がかかってこないか気にしています。
ロバートから電話がかかりました。
夕食を謹んで受ける内容ですが、その前にホリウェル橋を撮影したいので、同行しないかというものです。
喜んだフランチェスカは、行くと答えました。現地で落ち合うことにします。

電話の後、フランチェスカはデモインまで買い物に出かけ、ドレスを新調しました。

同じ頃、昼食を取りに地元・ウィンターセットの食堂に入ったロバートは、自分が客から好奇の目で見られていることに気付きます。
知った顔ではないことで、異様なまでに注目されていることに、閉鎖的な町であることが分かりました。

食堂にルーシーが入ってきます。
前日の夕食で、ロバートはルーシーのことをフランチェスカから、少しだけ聞いていました。
ルーシーは同じ地元のディレーニー氏との不倫がばれ、町じゅうの話題になっているのです。
食堂に入ったルーシーに対し、町の人は冷たい視線を投げました。
ウエイトレスの女性まで冷たく接するので、耐えかねたルーシーは注文もせず店を出ます。

【転】- マディソン郡の橋のあらすじ3

マディソン郡の橋のシーン3 閉鎖的な町だと身にしみて感じたロバートは、フランチェスカにもう1度電話をかけ、「会うのはまずくないか」と聞いてみました。
町の人に目撃されることにより、フランチェスカに悪い噂が立たないか心配したのです。
「君を困った立場に置きたくない」というロバートは、フランチェスカに恋をしていました。
フランチェスカは「ロバート、でも会いたいわ」と思わず答えます。この時、フランチェスカも恋を自覚しました。
双方ともに惹かれあっていることを自覚し、会うことを決めます。

ホリウェル橋に来たフランチェスカを、ロバートが撮影しました。
(娘のキャロリンが見た写真の一葉)


ロバートは家でシャワーを借り、そのあいだに食事の支度をすませたフランチェスカも、交替で風呂に入ります。
フランチェスカは昼間に買ってきた、胸開きドレスを着てロバートの前に出ました。
その美しさに、ロバートは声を失います。

黙って見つめあっていた時、電話がかかりました。
電話はご近所の主婦・マッジからで、昼間に食堂で見たロバートの話題でした。
あれはヒッピーではないかというマッジの言葉を否定し、風呂に入ると言って電話を切り、フランチェスカはロバートとチークダンスを踊ります…。


〔現在 1989年〕

息子のマイケルは母の恋愛が気に食わず、憮然としていました。
対する娘のキャロリンは、母の恋物語にうっとりしています。
マイケルは母親に裏切られたように感じ、腹を立てて中座しました。
しばらくキャロリンがひとりで読みます。


〔過去 1965年〕

ロバートとフランチェスカは身体を重ねました。
ふたりして、どこかへ行こうという夢物語を話します。
ロバートは「イタリアのバリはどうだろう」と言い、バリの話をしました。


翌日の水曜日は、ウィンターセットを離れ、誰も知らない場所で2人きりで過ごします。
フランチェスカはロバートに、しきりと写真を本にしろと言いますが、ロバートは自分に文才がないと思っていました。
草原でフランチェスカはロバートへ、7歳の幼少期に作られた十字架のネックレスをプレゼントします。自分の名前入りです。

夜は、地元の者が出入りしないバーへ行きました。
ロバートは飲みながら、「一生を数日で生きること、僕にはできない」と洩らします。
(数日の恋に終わらせることなく、一生を共に生きたいという意味)


〔現在 1989年〕

玄関脇のコテージで離婚弁護士の名刺を見ていたキャロリンは、兄が帰ってきたのを知ります。
(名刺を持っているということは、離婚も考えているということ)

兄のマイケルは酒を購入したついでに、酒屋の主人からルーシーの話を聞いてきていました。
不倫が町じゅうにばれたルーシーは、それでも愛を通し、離婚してディレーニーと再婚していました。
(冒頭の、遺言の証人がルーシー)
マイケルは、母は結局ロバートよりも自分たち家族を選んだと思い直し、母を許す気になりました。

しばし双方の家庭事情について話した兄妹は、酒を飲みながら続きを読もうと言います…。


〔過去 1965年〕

木曜。
別れがつらくなったフランチェスカは、今までロバートが過去に付き合ってきた女性とは、どのように接しているのかと言い出しました。一種のヒステリーです。
それをなだめたロバートは、「君と会うために、今まで生きてきたのだ」と答えました。

マッジが突然訪問してきたので、ロバートは2階へ隠れます。
ロバートの車は幸いにも納屋に停めていたため、ばれませんでした。

マッジを帰したフランチェスカが2階へ行くと、ロバートは「僕と一緒に行こう」と誘います。
フランチェスカはその言葉を聞いて、荷造りをしました。
しかし夕食を囲む時、フランチェスカは無理だと思うようになっています。

【結】- マディソン郡の橋のあらすじ4

マディソン郡の橋のシーン2 フランチェスカがもし駆け落ちをした場合、彼女自身はこの地を去るので問題はありません。
問題なのは、残された家族でした。
閉鎖的な町で、心ない噂話のタネになり、残された家族が苦しむことは目に見えています。
ロバートについていっても、おそらく自分はずっと家族のことを思い続け、ついにはロバートのせいにしてしまいそうだと、フランチェスカは考えました。

フランチェスカは「一時的な恋愛感情だ。長続きしない」と言います。
ロバートの方も、無理強いはできませんでした。
立ち去り際、「これは生涯に一度の確かな愛だ」とだけ言い、ロバートは去ります。


金曜日。
夫・リチャードと2人の子どもは、何も知らずに帰ってきました。
家はにぎやかさを取り戻し、フランチェスカは家族の世話に奔走します。
2日ほどその状態が続くと、フランチェスカもロバートとの恋が、遠い昔のように感じられました。


月曜日。
雨の日、リチャードとフランチェスカは、買い物にウィンターセットの町へ出かけます。
土砂降りの中、車を降りた夫のリチャードは肥料を買いに、フランチェスカは食材を買いに別れました。

先に戻ったのはフランチェスカです。
車中に戻ったフランチェスカは、大雨の中にロバートの姿を見つけました。
ロバートは車から出て、フランチェスカを見てじっと立ちつくしています。
しかし、フランチェスカをあきらめたという足取りで、車へ戻っていきました。ロバートは車に乗り込みます。

フランチェスカの方にもリチャードが戻ってきて、せわしなく車を発進させました。
ロバートは、フランチェスカの車の前につけます。

信号待ちで停車した際に、ロバートはダッシュボードに手を伸ばすと、ルームミラーにフランチェスカからもらったネックレスをかけました。
青信号になっても発車せず、じっとしている様子に、フランチェスカはたまらなくなります。
車のドアノブに手を置きますが、夫のリチャードがクラクションを鳴らし、ロバートは左折していきました。
それをずっと目で追いながら、フランチェスカは自分が決断したものの、ロバートとの別れにむせび泣きます。
助手席で泣くフランチェスカを見たリチャードは、それでも放っておきました。
(フランチェスカが不倫をしていたと、リチャードは思ってもいない。
ただリチャードはいい人なので、泣いているフランチェスカに理由を詮索することなく、放置した。
聞かないで、好きなだけ泣かせてやる、これも優しさ)


フランチェスカは結局、ロバートと一緒にならない決意をしました。
それでもこの思いを誰かに共有したいと思います。

フランチェスカは、町ではみだし者扱いされているルーシーに積極的に近づき、親友になりました。
それでも、ロバートとの恋愛のことを話せるまで2年かかります。
こうしてフランチェスカはルーシーの親友となり、ルーシーを支えてもいました…。


老いて身体を悪くした夫・リチャードは、献身的に介護する妻・フランチェスカを見て、声をかけます。
「お前にはお前の夢があっただろう。それをかなえてやれなくてすまない。でも、愛している」
ロバートとの恋も本物ですが、リチャードとの生活も、かけがえのないものでした。
フランチェスカはそう思います。

1979年、リチャードは亡くなります。
リチャードの死後、フランチェスカはロバートに連絡を取ってみようと思い立ちますが、その頃にはロバートは仕事を辞めており、連絡をとるすべが分かりませんでした。

3年後。
フランチェスカのところへ弁護士から、ロバートの遺品が届きました。
中には形見のニコンのカメラと共に、フランチェスカへ宛てた手紙と、『永遠の4日間』という本が入っています。
フランチェスカの助言を聞き入れて、ロバートは本を出版していました。

添えられた手紙から、ロバートの遺灰がローズマン橋に散骨されたことを知ったフランチェスカは、自分もそうしようと決意します…。


〔現在 1989年〕

母の日記を読み終えたマイケルとキャロリンは、もう母の決意に異論をさしはさむ気持ちはありませんでした。
「家族に一生を捧げたので、残りは彼に捧げたい」
その母の言葉も、マイケルは素直に受け入れられます。

マイケルは自宅へ戻り、妻のベティーに改めて愛を告げ、苦労をねぎらいます。
キャロリンは生家に留まり、夫のスティーブに「しばらくここで暮らす」と宣言します。

後日。
ルーシーも呼んだマイケルとキャロリンは、母の遺言どおり、ローズマン橋に遺灰をまきました。

みんなの感想

ライターの感想

とても切なく、美しい映画です。
私が一番印象に残っているシーンは夫の車に乗車中の交差点で、クリント・イーストウッド演じる不倫相手である男性の元へと行くか行くまいかと迷っている切実なシーンがあります。何とも切ないシーンなのですが、そのシーンのメリル・ストリープの手の演技が最高に素晴らしいです。車のインドアを開けようか開けまいかと迷っている心情は見るものを引きつけます。
全てを失っても構わない気持ちと、失う全ての大きさとの葛藤を手だけで演じています。素晴らしい女優です。
  • 栗きんとんいーすとうっどでっきさんの感想

    色褪せることのない内容ですねえ。

  • 蓮華さんの感想

    ライターさんと同じく、夫の車に乗車中の交差点で、クリント・イーストウッド演じる男性の元へと行くか行くまいかと迷っているシーンのメリル・ストリープの手の演技が最高に素晴らしく、切なさが伝わってきます。車のインドアを開けようか開けまいかと迷っている心情はいつまでも心に残るシーンです。
    あの心の葛藤を手だけで演じているのは本当に感動です。

  • あやママさんの感想

    私もお二人と同意見です。
    初めて見てから随分と経ちますが、いつまで経っても、あの車中のシーンは鮮明に思い出せます。あの頃はまだまだ私も若く独身だったので、今すぐ車から飛び出してーーーと思ったものですが、今は子を持つ母となり、あの時の心情が理解できました。
    いつまでも、ふと手に取りたくなる名作ですね。

  • ぷぅンフさんの感想

    ドアを静かにしめる、ただそれだけの事が夫にはできないんですよね……
    フランチェスカのため息のような表情が、印象的です。メリル・ストリープはほんとに素敵。プラダを着た悪魔も大好きです。

  • aaさんの感想

    鹿教湯温泉の屋根付き橋の氷灯の雪景色見に行き映画懐かしく
    なぜか涙がぼろり

  • qiantianさんの感想

    美しい映画だと感じました。子供の頃家にあったVHSの、セピア色のカバーが気になって仕方がなかったけれど、両親が見せてくれなかった映画です。だからこそ大人になるまでこの映画のことが気になって、忘れられなかった。
    そしていざ見てしまったら、もう忘れられない。とても切なくて美しい物語に感じます。正直私はまだ精神的に幼いのかもしれませんが、子供のいる母の女の一面を見るのは嫌いです。それでもたった数日の愛を一生忘れずにいられるなんて。そして家族を大切にして生きて、そのあとは、そのあとなら。もういいでしょう?時間は最後に愛した貴方にあげましょう、共に永遠にありたい、そう望むほどの愛って、どんな世界なのだろう。古いアメリカの世界観はとても素敵でした。

  • 匿名さんの感想

    私にはいまいちでした。世代や死生観の違いでしょうか。

    母親なんだから女をやめろとは決して言いませんが…奔放になれない哀れさみたいなものに美を感じるセンスが私にはなかったようです。別に不倫であろうと、文化や風習に非難されようと、全力で好きならば全てを捨てて生きればいいのにって思って。
    あくまで想像ですが、こういう女性は別の愛に走っても、以前の愛や家族が大事だったのかもと後悔するタイプに思えます。家族のために人生ささげたっていうけど、子供としても迷惑じゃない?
    私が子どもだったら火葬にしないかな。そんな甘いことはできません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください