「マディソン郡の橋」のネタバレあらすじと結末の感想

マディソン郡の橋の紹介:1995年公開のアメリカ映画。たった4日間の恋に永遠を見いだした中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。ロバート・ジェームズ・ウォラーによる同名小説を原作とし、原作も映画も大ヒットした。

予告動画

マディソン郡の橋の主な出演者

ロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)、フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)、キャロライン・ジョンソン(アニー・コーリー)、マイケル・ジョンソン(ヴィクター・スレザック)、リチャード・ジョンソン(ジム・ヘイニー)

マディソン郡の橋のネタバレあらすじ

【起】- マディソン郡の橋のあらすじ1

1989年冬のことです。アイオワ州マディソン郡で、亡くなったフランチェスカの葬儀をするために、長男・マイケルと長女・キャロリンは集まりました。
マイケルとキャロリンは、フランチェスカの遺言に「死んだら火葬にしてほしい」と書かれてあることに戸惑いました。
(注:アメリカでは「焼いてしまうとキリストのように復活できないから」という宗教上の理由で、現在でもなお土葬が主流です)
マイケルとキャロリンは、母・フランチェスカの日記を読み始めました……。
1965年秋のことです。フランチェスカは幸福ではあるものの、毎日が単調な生活に、少しばかり退屈を覚えていました。

【承】- マディソン郡の橋のあらすじ2

夫・リチャードと子どもたちがイリノイ州で開かれる農産物の品評会に出かけて、フランチェスカは4日の間、留守番をすることになります。久々に訪れた独りでの生活に、フランチェスカは新鮮な気持ちを味わいました。
フランチェスカが庭にいると、ある男性が車で現れて、ローズマン橋までの道を尋ねます。
男性はプロカメラマン・ロバートで、非常に珍しい屋根つきの橋の写真を撮影に来たのでした。
好意を抱いたフランチェスカは、ロバートを夕食に招きます。フランチェスカとロバートは、楽しくおしゃべりして過ごしました。
ロバートが去った後、フランチェスカはローズマン橋の上にメモを残します。

【転】- マディソン郡の橋のあらすじ3

ロバートもフランチェスカに好意を抱き、2人の仲は急接近します。そしてロバートとフランチェスカは一夜を共にしました。
短い間に愛は燃え上がります。ロバートはフランチェスカに、いっしょに来てほしいと言いました。
フランチェスカは荷物をまとめますが、残される家族のことを思い悩みます。ロバートもそれを察して立ち去りました。
その翌日、フランチェスカにそんな出来事があったことを知らない家族がにぎやかに帰宅し、フランチェスカに日常が戻りました。
数日後、夫・リチャードと買い物に出かけたフランチェスカは、ロバートを見かけます。心が揺れますが、フランチェスカは家族を捨ててロバートの元に行けませんでした。

【結】- マディソン郡の橋のあらすじ4

ロバートとは、結局それきりでした。
1979年、リチャードが亡くなります。フランチェスカはロバートと連絡を取ろうとしますが、手がかりはありません。
そしてある日、フランチェスカのもとに弁護士がやってきて、ロバートの死を知らせました。ロバートはフランチェスカに遺品のカメラを残していました。
添えられた手紙から、ロバートの遺骨はマディソン郡のローズマン橋に散骨されたことを、フランチェスカは知りました……。
1989年冬に戻ります。
手紙と日記を読み終えたマイケルとキャロリンは、フランチェスカの恋を知ります。
そして2人はフランチェスカの希望通りに火葬にし、遺骨をローズマン橋に撒いたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

とても切なく、美しい映画です。
私が一番印象に残っているシーンは夫の車に乗車中の交差点で、クリント・イーストウッド演じる不倫相手である男性の元へと行くか行くまいかと迷っている切実なシーンがあります。何とも切ないシーンなのですが、そのシーンのメリル・ストリープの手の演技が最高に素晴らしいです。車のインドアを開けようか開けまいかと迷っている心情は見るものを引きつけます。
全てを失っても構わない気持ちと、失う全ての大きさとの葛藤を手だけで演じています。素晴らしい女優です。
  • 栗きんとんいーすとうっどでっきさんの感想

    色褪せることのない内容ですねえ。

  • 蓮華さんの感想

    ライターさんと同じく、夫の車に乗車中の交差点で、クリント・イーストウッド演じる男性の元へと行くか行くまいかと迷っているシーンのメリル・ストリープの手の演技が最高に素晴らしく、切なさが伝わってきます。車のインドアを開けようか開けまいかと迷っている心情はいつまでも心に残るシーンです。
    あの心の葛藤を手だけで演じているのは本当に感動です。

  • あやママさんの感想

    私もお二人と同意見です。
    初めて見てから随分と経ちますが、いつまで経っても、あの車中のシーンは鮮明に思い出せます。あの頃はまだまだ私も若く独身だったので、今すぐ車から飛び出してーーーと思ったものですが、今は子を持つ母となり、あの時の心情が理解できました。
    いつまでも、ふと手に取りたくなる名作ですね。

  • ぷぅンフさんの感想

    ドアを静かにしめる、ただそれだけの事が夫にはできないんですよね……
    フランチェスカのため息のような表情が、印象的です。メリル・ストリープはほんとに素敵。プラダを着た悪魔も大好きです。

  • aaさんの感想

    鹿教湯温泉の屋根付き橋の氷灯の雪景色見に行き映画懐かしく
    なぜか涙がぼろり

  • qiantianさんの感想

    美しい映画だと感じました。子供の頃家にあったVHSの、セピア色のカバーが気になって仕方がなかったけれど、両親が見せてくれなかった映画です。だからこそ大人になるまでこの映画のことが気になって、忘れられなかった。
    そしていざ見てしまったら、もう忘れられない。とても切なくて美しい物語に感じます。正直私はまだ精神的に幼いのかもしれませんが、子供のいる母の女の一面を見るのは嫌いです。それでもたった数日の愛を一生忘れずにいられるなんて。そして家族を大切にして生きて、そのあとは、そのあとなら。もういいでしょう?時間は最後に愛した貴方にあげましょう、共に永遠にありたい、そう望むほどの愛って、どんな世界なのだろう。古いアメリカの世界観はとても素敵でした。

映画の感想を投稿する

映画「マディソン郡の橋」の商品はこちら