映画:マリー・ミー

「マリー・ミー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

マリー・ミーの紹介:2022年4月22日公開のアメリカ映画。スーパースターと平凡な教師の恋を描くラブストーリー。世界的歌姫カットは大観衆の前で新曲披露と挙式をライブ配信する予定だった。しかし、本番直前に婚約者の浮気が発覚。失意のまま登壇したカットは、たまたま客席にいたチャーリーに突然プロポーズする。出演は、「ハスラーズ」のジェニファー・ロペス、「ワンダー 君は太陽」のオーウェン・ウィルソン。監督は、「ウソはホントの恋のはじまり」のカット・コイロ。原作は、ボビー・クロスビーのグラフィックノベル『Marry Me』。

マリー・ミーの主な出演者

カタリーナ・”キャット”・ヴァルデス – ジェニファー・ロペス チャーリー・ギルバート – オーウェン・ウィルソン バスティアン – マルーマ コリン・キャロウェイ – ジョン・ブラッドリー パーカー・デッブス – サラ・シルヴァーマン ルー・ギルバート – クロエ・コールマン ミシェル・ブトー ジョナサン・ピッツ – スティーヴン・ワレム ジャミーラ・ジャミル 本人 – ジミー・ファロン コーチ・マニー – ウトカルシュ・アンブドゥカル

マリー・ミーのネタバレあらすじ

【起】– マリー・ミーのあらすじ1

マリー・ミーのシーン1

画像引用元:YouTube / マリー・ミートレーラー映像

(ユニバーサルの配給画面のときに、メンデルスゾーン・作曲の結婚行進曲が流れます)

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。現在。

カタリーナ・ヴァルディス、通称:キャットは世界的に有名なポップスターです。彼女は同じく歌手であるフィアンセのバスティアンと熱愛中でした。キャットの最新曲『マリー・ミー(私と結婚して)』はバスティアンとのデュエットでもあり、空前のヒットを飛ばしています。

ライブコンサートの最中にステージで『マリー・ミー』を歌い、2000万人のファンの前でキャットとバスティアンが結婚式を行なう企画が決まりました。キャットの周囲にいるスタッフたちは、早速結婚式の準備のために奔走します。ウェディングドレスは有名デザイナーであるE・ムラドのデザインしたドレスで、1万個のビジューがステージの上で輝く予定です。結婚式のあとはプライベート・アイランドへ新婚旅行に…ということまで決められました。

当日、ステージには大勢の観客がいますが、それだけでなくライブを全世界に生中継する予定でした。キャットの結婚式はマスコミも注目しており、連日キャスターがその話題を取り上げています。キャットの優秀なマネージャー、コリン・キャロウェイは忙しく立ち働いています…。(映画タイトル)

結婚式を控えたキャットの楽屋には、世界中のファンからお祝いの品が届きます。花束はもちろんのこと変わり種だとコンロが届いており、キャットは「うちにないと思っているのかしら」と冗談めかして話します。

翌日に花嫁となるキャットは、幸せそうです。

同じ頃。

チャーリー・ギルバートはバツイチの数学教師です。前の妻はデビッドという男とめでたく再婚しています。チャーリーは再婚の予定もなく、12歳の娘・ルーを引き取って、男手ひとつで育てています。チャーリーが教鞭を取る学校に、ルーも転校して通い始めます。

チャーリーは学校にある「数学クラブ」の顧問もしていました。年に一度、全米の数学クラブが集まって開かれる「マスロン(数学コンテスト)」に向けて、部員たちは努力しています。ルーも父親と同様数学が得意ですが、まだ「数学クラブ」に入るか決めていません。

チャーリーには同僚に、気の置けない女性パーカー・デッブスがいます。パーカーはレズビアンで、いまはロキシーという女性と交際を始めたばかりです。チャーリーとパーカーは仲良しですが、あくまで親友同士です。

パーカーはキャットのライブチケットを購入しており、明日の結婚式ライブを会場で見る予定でした。彼女のロキシーを誘って行くつもりです。

娘のルーとパーカーがキャットの話題をしていますが、チャーリーはSNSの類をしていないので一切ぴんときません。ルーは父・チャーリーのことを「真面目だけれど、つまらない人間」と思っていました。母が再婚したデビッドと比較して、つい辛い点数をつけてしまいます。

チャーリーがルーに昔の旅行写真を見せます。ルーがまだ3歳の頃に夫婦でパラセーリングをしに行ったジャマイカの写真を見せました。するとルーは「円満だったときもあったのね」と夫婦仲のことで驚いていました。

チャーリーはルーに、愛犬のタンクを使ったたとえ話をします。タンクも幼い頃には面白おかしく楽しくアクティブに生きていましたが、現在は年老いて目も悪くなり、ずっと座ったままで過ごしています。「愛とは犠牲を払って日々を過ごすことだ」とチャーリーはカッコつけますが、ルーはもう眠いので寝かせてくれと言いました。ルーの心には響いていないようでした。

翌日。キャットの結婚式の日で、マスコミは朝からその話題で持ち切りです。

そんな日ですが、パーカーは嘆いていました。彼女のロキシーと前夜、交際17日で別れてしまったそうです。パーカーは「チケットは3枚ある」と言い、チャーリーとルーをライブに誘います。

チャーリーとルー、パーカーは会場へ行きました。ライブの最中に祝福も兼ねて掲げようと、ボードに『MARRY ME』と書いて持ち込みます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マリー・ミー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×