映画:ラブストーリーズ コナーの涙

「ラブストーリーズ コナーの涙」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【転】– ラブストーリーズ コナーの涙のあらすじ3

ラブストーリーズ コナーの涙のシーン3

画像引用元:YouTube / ラブストーリーズ コナーの涙トレーラー映像

追いかけて行ったコナーはエリナーに追いつき、黙っていなくなったことを責めるが、エリナーは語気荒く彼を追い払おうとする。

血の気の上ったコナーが“勝手にしろ”と言いながら通りを横断しようとした時、走って来た車に撥ねられてしまう。

あわてて駆け寄ったエリナーだったが、幸いコナーのケガは大したことはなかった。それでも救急車が来るまでの間やっと落ち着いて話ができるようになった二人。

エリナーが何故ストーカーみたいな真似をするのかと尋ねると、“僕らの問題がすべて解決するような言葉をかけたかったから。でもその言葉を忘れてしまった”とコナーが答え、それを聞いたエリナーは、“残念ね。さようなら”と言って救急車に乗るコナーを見送った。

金曜日の夜という稼ぎ時にもかかわらず、コナーの店は客が入っていなかった。

頭を抱えているコナーにウェイトレスのアレクシスがにじり寄って来て、話を聞くと言いながらコナーに唇を重ねた。

僕は結婚しているからと拒絶するコナーだったが、その先を求めるアレクシスの勢いに負けてしまった。

コナーはエリナーの実家を訪ねてみたが、母親メアリーは、彼女はここには住んでいないという。

コナーはエリナーを縛り付けたくはないが、自分自身も割り切れないのだと苦悩をメアリーに吐露する。

平凡な日常を取りも出したいというコナーに、エリナーが新しい人生を歩みだそうとしていることを知っているメアリーは、“この問題に妥当な解決法はないと思う”と答えた。

ステュアートは、なぜコナーが業界の大物でもある父親の言うことを聞かず、あえて負け組に入ろうとするのか理解できなかったが、コナーは父親の世話になるくらいなら大失敗する方がましだと意地を張って来ていたが、ステュアートの言う通り、もう潮時だと考えていた。

そんな時、コナーの店に突然エリナーが訪ねてきた。

ステュアートやアレクシスは、気を利かせ店の奥へ引っ込み、コナーは近くこの店をたたむことを伝えた。

突然エリナーは店を出ようと言い言い出し、二人はドライブに繰り出した。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラブストーリーズ コナーの涙」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×