映画:ララランド

「ララランド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラ・ラ・ランドの紹介:2016年製作のアメリカのミュージカル映画で、第89回アカデミー賞では監督賞、主演女優賞、作曲賞 、歌曲賞など6部門を受賞した。ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋をロマンティックに描いていく。タイトルの「ラ・ラ・ランド」はロサンゼルス(LA)を指し、多くの夢追い人がLAに集まることから「夢の国」という意味も含まれている。

あらすじ動画

ララランドの主な出演者

セバスチャン(ライアン・ゴズリング)、ミア(エマ・ストーン)、キース(ジョン・レジェンド)、ビル(J・K・シモンズ)

ララランドのネタバレあらすじ

【起】– ララランドのあらすじ1

物語の舞台は世界中から夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。クリスマスを間近に控えた冬、ロサンゼルスは夏のように暑い日が続き、街の名物である高速道路の大渋滞に巻き込まれた人々も熱い日差しにさらされていました。ところが、クラクション、ラジオの音が響き渡る中、突然色鮮やかな衣装を身にまとった人々が車から降り、陽気に歌を歌いながらダンスを踊り始めました。この街で夢を追い求める素晴らしさ、たとえ困難があってもまた晴れの日がやってくると高らかに歌い上げると、人々は再び運転席に戻っていきました。

渋滞に巻き込まれたある一台の車に、オーディションに向けセリフを覚える女性がいました。彼女の名前はミア。ネヴァダ州ボールダーシティからロサンゼルスに上京してきた若者で、彼女もまたこの街で女優になる夢を追っていました。ミアの車の後ろには、セブことセバスチャンがジャズを聴きながら渋滞に苛立っていました。彼もまたこの街でジャズピアニストとして成功し、自分の店を持ちたいと考えている夢追い人です。そんな夢追い人の二人の初めての出会いは、にらみ合いから始まってしまいます。だらだら走るミアの車をセブの車が乱暴に追い越し、クラクションを鳴らしたのです。

その後のミアは不幸続きで、オーディションは散々の出来、気晴らしに行ったパーティーでは車が駐禁でレッカー移動させられてしまいます。歩いて帰途につく途中で、ミアはとあるレストランに偶然立ち寄り、そこでフリージャズを軽やかに弾くセブの姿を見つけます。ミアはセブの美しい音色に聞き惚れますが、演奏が終わるとセブはオーナーのビルから解雇を通告されてしまいます。ジャズの演奏禁止という約束をセブが破ったためでした。ミアはセブに演奏の感想を伝えようとしますが、苛立ったセブはそんなミアを無視するのでした。

季節は春となり、二人はあるパーティーで再会を果たします。会話を重ねるにつれ、少しずつお互いを理解し合う二人。パーティーの帰り道で二人はロサンゼルスの夜景を背景に、タップダンスを始めます。幻想的な風景で恋人同士のようなシチュエーションではありましたが、当の二人はロマンスが始まる予感を持てずにいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ララランド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×