「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

2019年製作のアメリカ映画。大学生のアシュレーは映画監督の取材のためNYマンハッタンに行く事になり、その彼氏ギャツビーも一緒に行く事に。ふたりでNYを楽しむ計画を立てていたもののアシュレーの取材は長引き、NYの空は雨模様となって…。

あらすじ動画

レイニーデイ・イン・ニューヨークの主な出演者

ギャツビー・ウェルズ(ティモシー・シャラメ)、アシュレー・エンライト(エル・ファニング)、チャン・ティレル(セレーナ・ゴメス)、テッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)、フランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)、 ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)、リリー(アナリー・アシュフォード)、コニー・ダヴィドフ(レベッカ・ホール)、ギャツビーの母(チェリー・ジョーンズ)、テリー(ケリー・ロールバッハ)、ティファニー(スキ・ウォーターハウス)、ジョシュ・ルーミス(グリフィン・ニューマン)

レイニーデイ・イン・ニューヨークのネタバレあらすじ

【起】– レイニーデイ・イン・ニューヨークのあらすじ1

レイニーデイ・イン・ニューヨークのシーン1

画像引用元:YouTube / レイニーデイ・イン・ニューヨークトレーラー映像

 大学生のギャツビー・ウェルズ。恋人はアシュレー・エンライト。

父親がアリゾナの銀行経営者でギャツビーの母親は彼女と結婚する事を望んでいます。

アシュレーはギャツビーと会うなり、映画監督のローランド・ポラードに取材できる事を嬉しそうに伝えます。

学内ではなく、マンハッタンです。

ギャツビーと一緒にNYで楽しむ事を計画します。ただし、母には黙っていようと彼。

つまらないパーティーへ参加したくなかったからです。

そして28日の土曜日。バスでNYに到着したふたりはセントラル・パークが見渡せる高級ホテルの一室へ。

ギャツビーがギャンブルで儲けたお金で楽しむのでした。

ランチが1時半に予約してあるので、それまでに監督の取材をとギャツビー。

それまで兄に会うとの事でした。

アシュレーはローランドに会い取材を始めます。どうやら元妻の名前もアシュレーというようです。

取材が進むうち、彼はアシュレーだけにスクープを教えると話し、今回の映画に不満で監督を降りたいというのでした。

そしてまだその新作を見ていないという彼女に、試写を見せようと出かけるのでした。

一方ギャツビーはNYの街を歩いていると、嫌いだった高校の同級生に会い、彼から別の同級生が街で映画を撮っているとききます。

大学の課題らしいのですが、ギャツビーの元カノであるエイミーの妹、チャンがいるというのでした。

ホテルのロビーに戻るとアシュレーが駆け寄り、ランチは無理と言います。

取材の後、試写を見るというのです。そしてローランドが自分に心を開いてきたと嬉しそうに話します。

3時に戻ると言い残し、彼女はローランドの元へ行ってしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×