「ロシュフォールの恋人たち」のネタバレあらすじと結末の感想

ロシュフォールの恋人たちの紹介:仏・ロシュフォールの町を舞台に、双子の姉妹の夢や恋をロマンチックに綴った映画史に名を刻むミュージカル。
『シェルブールの雨傘』に続くジャック・ドゥミ監督の1967年の公開作。音楽はドゥミ作品には欠かせないミシェル・ルグラン。カトリーヌ・ドヌーブとフランソワーズ・ドルレアックの実姉妹が双子を演じたが、姉のフランソワーズは今作の公開年に事故で亡くなったため、最初で最後の共演作となった。

予告動画

ロシュフォールの恋人たちの主な出演者

デルフィーヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)、ソランジュ(フランソワーズ・ドルレアック)、アンディ(ジーン・ケリー)、エチエンヌ(ジョージ・チャキリス)、ビル(グローバー・デール)、マクサンス(ジャック・ペラン)、イヴォンヌ(ダニエル・ダリュー)、シモン・ダム(ミシェル・ピコリ)

ロシュフォールの恋人たちのネタバレあらすじ

【起】- ロシュフォールの恋人たちのあらすじ1

フランス西南部の軍港の町・ロシュフォール。年に一度のお祭の日を明後日に控え、町の広場には旅芸人たちのキャラバンが到着し賑やかさを増していました。
この町で子供にバレエを教えるのは、双子の美人姉妹ソランジュとデルフィーヌ。ソランジュは作曲家、デルフィーヌはバレリーナを目指しパリで一花咲かせたいと夢見ていました。そして2人は、いつか運命的な恋人との出会いも待ち望んでいます。
姉妹の母・イヴォンヌは女手一つで2人を育て、現在は広場でカフェを経営しています。イヴォンヌは10年前に別れたフィアンセとの間に子供を授かり、息子・ブブを出産しましたが、当時はソランジュやデルフィーヌが寮生活をして離れていたこともあり、フィアンセについて話すことはありませんでした。店では彼女の気さくな人柄に、たくさんの常連客が足を運んでいます。到着したばかりの旅芸人・エチエンヌとビルの2人組も早速店を訪ねました。既に常連となっている画家で徴兵中の水兵・マクサンスは、理想の女性を絵に描き彼女との出会いを信じているとイヴォンヌに語っていました。

恋人のような存在の画商・ギョームの店を訪ねたデルフィーヌは、まるで自分をモデルにしたような絵が飾られていたことに驚きます。作者が水兵だと聞いたデルフィーヌは彼に会いたくなりますが、妬いたギョームはもうパリへ行ったと言いやりました。デルフィーヌは自分の美貌にしか興味のないギョームに別れを告げると、帰宅し早速ソランジュにまだ見ぬ水兵にときめいたことを伝えます。それを聞きソランジュは、来週パリに発とうと宣言しました。

【承】- ロシュフォールの恋人たちのあらすじ2

一方のソランジュはアメリカ人の著名作曲家・アンディへの推薦状を書いてもらうため、彼の学友で最近ロシュフォールに楽器店を開いたシモン・ダム氏に会いに行きます。ダムはアンディへの紹介を快諾したうえに、ソランジュが偉大な作曲家になると称えました。応えるようにソランジュは今朝思い浮かんだ変奏曲をピアノで披露し、来週パリに行くと告げました。淋しくなると呟いたダムは、以前にも同じような想いをしたと過去の恋愛話を語り出します。
10年前にフィアンセに妊娠を告げられたものの、彼女は結婚して“マダム・ダム”になることを拒みました。その後友人から彼女が結婚しメキシコにいると聞かされましたが、彼女を忘れられないダムは出会いの地であるこの町に戻って来たのでした。
ダムの店の帰りソランジュはブブを学校へ迎えに行くと、イヴォンヌに頼まれたエチエンヌとビルも迎えに来ていましたが、彼らには目もくれません。ブブが投げた荷物を拾おうとしたソランジュは、一緒に拾ってくれた上品な紳士に魅かれますが、素っ気なくその場を去りました。一方その紳士もソランジュに一目惚れし、彼女が落とした変奏曲の譜面を読み、気持ちが高揚します。彼こそがアンディで、ダムの店に行く途中でした。

【転】- ロシュフォールの恋人たちのあらすじ3

エチエンヌとビルが雇っていた女性ダンサー2人が水兵と恋に落ち、公演前に去ってしまいます。彼らの愚痴を聞いていたイヴォンヌは、誰にも話せなかった忘れられぬ恋を思い出し話し始めました。10年前にブブを身籠ったイヴォンヌでしたが、恋人のダムという変わった名前が嫌で別れを決めます。その後友人を介しメキシコに行ったと嘘を伝えて貰ったものの、イヴォンヌは結局彼を忘れられず出会ったこの地でカフェを開いたのでした。
帰宅したソランジュが運命の人に出会ったとデルフィーヌに伝えていると、そこへエチエンヌ・ビルがやって来て、お祭のショウ出演を依頼されます。パリに連れて行ってくれるという条件に魅かれた姉妹は、引き受けることにしました。

土曜の朝。2日間の休暇が出たマクサンスは故郷ナントへ帰省し、月曜に戻って来たらこの町ともお別れだとイヴォンヌに伝えに来ました。店を出たマクサンスは今まで何度かカフェで見かけたソランジュに遭遇し、絵を見に画廊においでと声をかけました。その後マクサンスはダムの店へ向かっていたアンディとすれ違い、アンディはデルフィーヌとすれ違います。
アンディはダムと10年ぶりに再会します。素晴らしい恋をしたと知らせたアンディは、拾ったソランジュの変奏曲をダムに聞かせました。ダムはどこかで聞き覚えがあったものの思い出せません。その頃ソランジュは、楽譜を無くしたことに気付き焦っていました。

【結】- ロシュフォールの恋人たちのあらすじ4

日曜日。お祭が開かれ様々なショウが披露されます。ソランジュとデルフィーヌは赤いセクシーなドレス姿で歌って踊り喝采を浴びました。終演後ショウを見に来ていたギョームに復縁を迫られたデルフィーヌですが、きっぱりと断ります。同じく会場にいたダムは、アンディがパリに戻ったことや、彼がこの町で一目惚れしたことをソランジュに伝えました。更にエチエンヌとビルから愛しているので寝たいと告白されますが、お堅い姉妹は受入れません。彼らに下心を抑えてもらい、予定通り明日出発することになりました。

月曜日。出発は正午だというのに11時半に起きたソランジュとデルフィーヌが急いで身支度をしていると、アンディが店で待っているとダムが伝えに来ます。ソランジュはブブの迎えをダムに頼み、店に向かいました。店に着くと彼女の変奏曲を演奏するアンディに驚き、また彼こそが運命の人だったことを知ります。想い合う2人は口づけを交わしました。
イヴォンヌのカフェでは、マクサンスが別れを告げに来ました。彼が店を後にしたのと入替わりで、デルフィーヌが来ます。ダムという男性がブブを迎えに行ったとデルフィーヌが報告すると、それを聞いたイヴォンヌは慌てて店を出て、ダムと念願の再会を果たしました。

ソランジュが来ないままデルフィーヌを乗せた一座のトラックが出発します。やがて広い通りでヒッチハイクをしたマクサンスが、トラックに乗込みました。

みんなの感想

ライターの感想

数回鑑賞していますが、何度見ても鑑賞後は決まって幸福感に満たされます。
芸術家になれるなら音楽家がいいと即答したくなるほど、ミシェル・ルグランが生み出した音楽が素晴らし過ぎてしばらく劇中の曲を鼻歌で歌ってしまいます。挿入歌が次々と交差していくシーンでは感嘆のため息。そしてジャック・ドゥミのずば抜けた色彩感覚と映像美に見とれて、夢見心地になりました。名作ですね。
さて、サントラ盤を聴こうかな。

映画の感想を投稿する

映画「ロシュフォールの恋人たち」の商品はこちら