「ローマ発、しあわせ行き」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【結】– ローマ発、しあわせ行きのあらすじ4

ローマ発、しあわせ行きのシーン4

画像引用元:YouTube / ローマ発、しあわせ行きトレーラー映像

カルメンが教会の扉を開けると、そこにマルチェリーノが立っていた。

二人が歩み寄り手を取り、式を上げようとした時、マギーが走り込んできた。

続けてルカが入ってきて式を止めようとした時、カルメンはよろめいて倒れ頭を打って救急車で運ばれてしまう。

そしてサマーも警察に連行されて行った。

カルメンは軽い脳震とうで済み快方に向かっていた。

マギーが見舞いに訪れるとヴァレンティーナが寄り添っていた。彼女はルカの娘だった。

マギーはルカから「君は20年前と一緒だ。都合が悪くなると逃げる」と言われ追い返されてしまった。

サマーの公判の最中、裁判官に司令官から急用の電話がかかってきた。

電話を切りテレビニュースをつけた裁判官は、速報でサマーがカルメンを恋人のマルチェリーノを結びつける為にローマに連れてきたと言うことがジュリアのレポートで知った。

この報道でサマーは無罪となり、その過程でマギーとの関係もいつの間にか改善されていた。

裁判所からの帰り道、サマーはマギーからスマホを借りるとタイラーに電話を入れ、「あんたは腰抜け」と別れの言葉を言い放った。

サマーの件が落着したことに喜ぶマギーだったが、彼女にはまだローマでやり残したことがあった。

マギーは再び病院でルカに会い、20年前突然彼の前から逃げ出したことを詫び、自分の本当の気持ちを伝えた。

ルカも自分の気持ちを語り、今なら付き合ってくれるか?」と聞くとマギーは20分経ってからもう一度気持ちを聞かせて欲しいと言い、ルカを中庭へ導いた。

そこには小さな結婚式場が作られており、サマーやヴァレンティーナも見守る中、カルメンとマルチェリーノは結婚式を挙げた。

そしてマギーとルカも抱き合いキスをした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ローマ発、しあわせ行き」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×