映画:ワーキングガール

「ワーキングガール」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

ワーキング・ガールの紹介:「卒業」のマイク・ニコルズ監督によるロマンティックコメディ。証券会社で秘書として働く女性が上司を見返そうと奮闘し、年上の証券マンと恋に落ちていく姿を描いていく。第61回アカデミー賞では歌曲賞を、第46回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)、助演女優賞を受賞した。1988年アメリカ製作。

ワーキングガールの主な出演者

テス(メラニー・グリフィス)、キャサリン(シガニー・ウィーヴァー)、ジャック(ハリソン・フォード)、シン(ジョーン・キューザック)、ミック(アレック・ボールドウィン)

ワーキングガールのネタバレあらすじ

【起】– ワーキングガールのあらすじ1

舞台はアメリカ、ニューヨークのウォール街。証券会社の若手女性社員テスは秘書として日々懸命に働いていました。テスはいつかキャリアウーマンになりたいと夢見ていましたが、現実は厳しいものでした。会社は男性社員の日常的なセクハラが横行しているうえ、高学歴の男性ばかりが優遇され、夜学卒業のテスにはまったくチャンスが回ってきませんでした。

そんなある日、テスは新たに就任する部長の秘書となることが決まります。その上司はキャサリンという年下の女性で、高学歴のキャリアウーマンでした。長い間男性社員の下についていたテスは若い女性の秘書になったことに戸惑いますが、キャサリンは公明正大な仕事をポリシーとしており、テスの意見もどんどん評価すると約束しました。

今までの上司とはまったく違うキャサリンの考え方は、テスに刺激を与えました。テスはキャサリンの就任パーティを成功させ、キャサリンの信頼を得ることに成功します。その後、テスはある買収計画をキャサリンに提案しました。それは、投資先の放送局を探しているトラスク産業にラジオの買収を持ちかける、というものでした。トラスク産業はテレビ業界への進出を目指していましたが、テスはまずラジオで地固めをすることが重要と考えました。さらに、ラジオ局を保有していれば、日本企業の買収リスクにも備えられる、とテスは付け加えました。キャサリンはテスの斬新なアイディアを評価し、詳細な資料を受け取るのでした。

テスは理想の上司と出会えたことを喜び、退屈だった毎日が一気に充実した日々に変化していきました。残念ながら、テスの提案した計画は上層部に却下されてしまいましたが、キャサリンはまた企画を出すようテスを励ましてくれました。

それから間もなく、キャサリンがバカンスでヨーロッパに向かうこととなりました。キャサリンはこのバカンスで恋人からプロポーズされることを確信し、テスにものろけるほど恋人との休暇を楽しみにしていました。ところが、キャサリンはバカンス先で足を骨折する大怪我を負い、長期休暇を取ることになってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワーキングガール」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×