「きみに読む物語」のネタバレあらすじと結末の感想

きみに読む物語の紹介:認知症の老女に老父が、ノートに書かれたある物語を読み聞かせる。2004年に作成されたアメリカ映画。2004年6月から7月の全米週末興行成績初登場第4位。

予告動画

きみに読む物語の主な出演者

ノア・カルフーン(ライアン・ゴズリング)、アリー・ハミルトン(レチェル・マクアダムス)、認知症の女性患者(ジーナ・ローランズ)、デューク(ジェームズ・ガーナー)、アン(ジョアン・アレン)、ロン(ジェームズ・マースデン)、フランク(サム・シェパード)

きみに読む物語のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①老齢男性が認知症の老女に朗読をする。それは1940年代の若い男女・ノアとアリーの恋物語。 ②老齢男性と老女はノアとアリーで、老女は自分の過去のことを忘れていた。2人は最後の奇跡を起こし、同日に亡くなる。

【起】- きみに読む物語のあらすじ1

アメリカ、現在。
老人施設に入居している老齢男性・デュークは、認知症の老女にいつも朗読をしていました。
その朗読は、1940年代のアメリカ南部・シーブルックを舞台とする、2人の若い男女の恋物語です…。

…1940年6月。
都会から避暑として別荘に、17歳の少女アリソン・ハミルトンが両親と共に訪れていました。
アリソンは、通称:アリーと呼ばれており、ひとりっ子です。両親から大事に育てられていました。
アメリカ南部の小さな町・シーブルックに訪れたアリーに、町の青年ノア・カルフーンがひとめぼれします。
ノアはアリーの乗る観覧車に無茶をしてぶら下がり、デートの約束を強要しました。
ノアとアリーはすぐに親しくなり、やがて恋に落ちました。初めての恋です。

少女・アリーの家は裕福です。しかしノアは学歴もなく、材木屋で働く肉体労働者でした。
初めてのデートの後、アリーは「大事なことは親が決める」とぼやきます。ノアは、アリーはもっと自由なのかと思っていましたが、金持ちの娘なので、進学や縁談などは、親が勝手に決めてしまうのだそうです。
ノアは夜の車道に横たわり、信号が変わるのをよく父と見ていたと言いました。誘われて、アリーもその場でやってみます。
車がやってきてクラクションを鳴らしたので、2人は急いでどきました。その後、ノアの歌に合わせて車道でダンスをします。

ノアとアリーの交際は、おおむね順調でした。
アリーが趣味の絵を持ってノアの家を訪れると、ノアは軒先で父・フランクに詩を朗読していました。
昔、ノアはひどい吃音(きつおん どもりのこと)に悩まされたそうです。朗読をすることで、吃音が治ったとノアはアリーに言いました。
ノアとアリーはよく喧嘩もしましたが、その都度すぐに仲直りをしていました。
ノアと付き合うのを見たアリーの父・ジョンが、ある時ノアを自宅のパーティーに誘います。

アリーの家のパーティーは豪華でした。ノアは貧富の差を思い知らされます。
さらにその席で、アリーはニューヨークにあるサラ・ローレンス大学へ進学しろと言われました。遠いので、ノアと会いにくくなります。
アリーの父・ジョンと母・アンは「ひと夏の恋だ」と、娘の恋を受け止めていました。

ある夜、ノアはアリーを廃墟となった屋敷に連れていきます。
その場所は1772年にフランシスという人物が作った、ウィンザー農園でした。
ノアは金を貯めてその土地を購入し、屋敷を改築するのが夢だとアリーに話します。

【承】- きみに読む物語のあらすじ2

アリーはそれを聞いて「家の壁は白で、窓は青がいいわ」と言いました。
2人で将来一緒に住むことを約束します。

屋敷にあったピアノをアリーが弾き、その場でアリーが望むまま関係を持とうとした時に、ノアの親友・フィンがやってきました。
帰りが遅いのを心配したアリーの両親が、警察に捜索願を出していたのです。
午前2時になっていました。ノアは急いでアリーを家まで送ります。
別室で母・アンに叱られるアリーを、ノアは聞いていました。
母・アンはノアのことを「肉体労働者のクズ」と言い、交際に反対していると知ったノアは、黙って立ち去ります。

反対されていると知ったノアは、アリーと距離を置こうとしました。アリーは怒ります。
様子を見るくらいならば、いっそのこと別れようとアリーが言い出しました。喧嘩別れで終わります。
その翌日、アリーの両親が強制的に、別荘から家に引き揚げると言い出しました。
アリーはノアの仕事場に会いに行きますが、会えずに終わります。
アリーはノアの親友・フィンに「愛していると伝えて」と伝言しました。

夏が終わってから。
ノアは365日、ちょうど1年間、毎日アリーへ手紙を書き送ります。
ところが返事はきませんでした。なぜならば、アリーの母・アンが握りつぶしていたからです。
アリーは手紙の存在を知らないままでした。

アメリカがドイツと開戦を始めたので、ノアはその後フィンと共に、アトランタへ召集されました。
パットン第3師団に入り、フィンは戦地で死亡します。

アリーは大学3年の時、病院のボランティアをして、ロン・ハモンド・ジュニアという青年と知り合いました。
ロンは南部の富豪の子孫で、優秀な弁護士でもありました。
回復したロンはアリーをデートに誘い、ロンとアリーは楽しい時間を過ごします。
アリーの両親は、ロンとの結婚を許しました。ロンはアリーにプロポーズします。
ロンのプロポーズを受けた瞬間、アリーの脳裏に一瞬だけ、ノアのことがよぎりました。しかしロンとアリーは婚約します。

ノアは無事に帰還しました。父・フランクの元へ戻ると、父は家を売ったと言います。
家を売った金と復員手当てで、ウィンザー農園を買えと、父が言いました。

【転】- きみに読む物語のあらすじ3

念願の土地を購入し、家の改築許可を届け出するためにチャールストンに行ったノアは、そこでアリーを見かけます。
喜んだノアですが、アリーがロンと寄り添う様子を見たノアは、声をかけられませんでした。
「家の改築がうまくいけば、アリーが戻ってくる」と思い詰めたノアは、必死で家をアリーの言ったとおり、壁を白く窓を青く塗ります。
父・フランクが亡くなり、家だけが残されますが、ノアは打ち込みました。

改築が終わり、屋敷は立派になりました。
それでもアリーが戻ってこないので、ノアは売りに出します。
デザインが美しい屋敷なので、買い手はたくさん現れました。しかしノアは売る気はなく、ことごとく断ってしまいます。
その頃、ノアは隣町に住む戦争未亡人マーサ・ショーと肉体関係になりました。
しかしマーサも、ノアには別に思いを寄せる相手がいることに、気づきます。

婚約に浮かれていたアリーですが、ある日、自分の結婚式を報じる新聞記事に、ノアの屋敷の宣伝が載っていることを知りました。
ノアのことを思い出したアリーは、いてもたってもいられなくなります。
絵を描くための旅行に出かけるとロンに言い残し、シーブルックへ出かけました。
アリーはノアと再会します…。

…そこまで話したところで、朗読する老齢男性・デュークは医者に呼び出されました。診察で席を外します。
バーンウェル医師に診察してもらいながら、「認知症は治らないんですよ」と声をかけられたデュークですが、「それでもいつか…」と答えました。
老女は認知症ですが、ピアノを前にすると弾けるのです。
デュークの家族が面談にも来ました。デュークは老女に、家族を紹介します。
メアリー、マギー、エドモンド、孫のデーバニー…名前を言いますが、老女は丁寧に挨拶しました。
「ママは思い出さないわ」と老女を見てメアリーが言いますが、デュークはそれでも留まると言います。
老女の元へ戻ったデュークは、朗読の続きを始めます…。

…ノアと再会したアリーは、やはり愛していると再認識しました。
2人は7年ぶりに結ばれます。24歳のことでした。
「なぜ連絡をくれなかったの」と問い詰めるアリーに、ノアは手紙を書き送ったことを告げます。

【結】- きみに読む物語のあらすじ4

アリーの母が手紙を隠したことを、ノアもアリーも気付きました。
未亡人のマーサが訪ねてきますが、ノアに思い人が現れたと悟り、去ります。

7年の空白を埋めるように過ごしていた2人ですが、そこへアリーの母・アンが現れました。
町のホテルにも、ロンが来ているそうです。
母はアリーに手紙の束を渡しました。アリーを連れて、ある工事現場に行きます。
母も25年前に、その現場にいる男性と恋に落ちたそうです。
その男性と駆け落ちしたものの、隣町へ行く前に捕まったと言い、「ママはパパを愛している。それでもここへ来るたびに見てしまう」と、かつて愛した男性のことを見守っていたと告げました。
母の告白を聞いたアリーは、考え込みます。

ロンと会ったアリーは、「彼を撃ち殺すか、ぶん殴るか、アリーと別れるか」という言葉を聞きました。
ロンから「僕だけの君でいてほしい」と、アリーはノアとの別れを迫られます…。

…そこまで聞いていた老女は「どうなったの?」と続きをせがみました。
デュークは、「ロンとアリーが、めでたし、めでたし」と答えます。
しかし老女は、違うと気付きました。アリーはノアを選び、ノアの元へ行ったのです。
それと同時に、アリーとノアの話が、自分と目の前にいるデュークのことだと気付きました。
認知症なので忘れていたのですが、老女とデュークは夫婦だったのです。そして途中に見舞いに来た家族は、老女の子どもたちでした。
(つまりアリーとノアは結婚し、子どもたちを儲けた)

思い出した老女は忘れていたことを詫びますが、また元に戻ります。
認知症があらわれた老女は、デュークを振りほどくと「なぜダーリンなんて呼んでるの!?」と怒り狂い、看護師らに鎮静剤を打たれます。
毎度のことではありながら、かつての妻がまた自分を忘れてしまう様子を見たデュークは、悲しそうに顔を歪めました。
若い頃の写真を見返しながら、眠りにつきます。

翌日。
デュークは心臓発作を起こし、運び込まれました。
なんとか持ち直したデュークは、馴染みの看護師の女性のはからいで、老女に会いに行きます。
目覚めた老女は、デュークのことを覚えていました。認知症の自覚もあり、不安がります。
デュークは老女に「僕らの愛に不可能はない」と言い、老女の手に自分の手を重ねました。

翌朝。
部屋に入ってきた看護師は、デュークと老女が一緒に亡くなっているのを知り、言葉をなくします。
ノアとアリーが起こした、最後の愛の奇跡でした。
(老齢男性・デュークと認知症の老女は夫婦。
朗読していたのは、若い頃の自分たちのなれそめ。
2人は同時に息を引き取った。究極のハッピーエンド)

みんなの感想

ライターの感想

恋愛映画の中で一番好きな映画で、もう数えきれないくらい繰り返しみています。
認知症で自分のことを忘れている妻に対し、奇跡を信じて自分たちの物語を語り続ける夫の愛の深さに感動します。
最後のシーンは、こんなこと現実にはありえないと分かってはいるけど、こんな風になればどんなにいいかなと思わずにはいられない結末です。
また、面会時間外にどうしてもアリーの所に行きたいノアを、知らないふりをして通してくれた介護士さんが好きです。

ライターの感想

はっきり言って、最大のネタバレである「老齢男女と老女は、ノアとメアリーのその後の姿だ」というのは、容易に想像がつく。
この映画のすごいところは「そのネタバレが判っても、なお興味深く映画を見ることができる」ことだと思う。
映像が美しい。若者の恋も、多少もたつきながらも順調に進んで美しい。ありきたりなラブストーリーといえなくもない。
しかし、それ以上のものがこの映画には入っている。
アリーの母がなぜノアとの交際に反対する背景(自分も若い頃に駆け落ちし、失敗した)、ノアとアリーの7年の間に、互いに相手がいたなど、リアリティもある。
そして…老女が自分のことだと認識しても、認知症なので次の瞬間、また忘れてしまうという哀しい現実。このときの、老齢男性の顔がせつない。
判っていても現実を見せられると、毎度傷つけられてしまうのが、その表情に凝縮されていた。
繰り返す。ただのラブストーリーではない。上手にまとめられた作品。
  • nyanco3さんの感想

    認知症は現代における大変な病で、本人はもとより周りにいる人々が大変な思いをします。
    あきらめず愛を持って信じて接していれば、奇跡は起こると信じたくなります。
    やはりハッピーエンドの恋愛映画は心がホッコリします。
    是非夫婦で見たい映画です。
    こんな風に夫に愛されたいと思いますが、自分もそうでなければなりませんね。。

映画の感想を投稿する

映画「きみに読む物語」の商品はこちら

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]